サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 銀行カードローン特集 »
楽天銀行スーパーローンはおまとめも適するカードローン

楽天銀行の低金利カードローン

楽天銀行スーパーローンは業界最低水準の年1.9%~14.5%の金利と、最大800万円の大きな限度額で何かと頼れる借り入れが行えるカードローンです。ネットでの申し込みから契約まで来店不要であり、カード発行後は提携ATMで便利に素早く借りられるので急な出費時にも助かります。

低い金利と大きな限度額でおまとめ借り換えとしての利用にも適しており、低い金利を生かした利息負担の軽減も期待ができます。また、300万円以下の契約時には収入証明書類原則不要となるため、ある程度の金額までの利用であれば面倒な多くの書類の用意も必要ないのも、おまとめや借り換えとしてまとまった金額を借りる際に頼れるポイントです。

楽天銀行の口座をお持ちでなくても楽天銀行スーパーローンの申し込みが進められるので、自身で安定した収入を持つ利用条件を満たす方は、借り入れ先として楽天銀行を検討してみるのも良いです。

アプリを使って素早い書類の提出

アプリで必要書類が提出できる

銀行のカードローンは契約時に郵送が必要となる場合があり、必要書類のコピーなどの郵送をするために契約に時間がかかってしまう場合があります。なるべく早くに契約を進めたくても、書類のやり取りがあるとどうしても時間がかかってしまうものです。

カードローンに申し込みを行うのはお金に困っているからであり、当日中の即日融資とは言わなくてもせめて数営業日以内には借りたいと考えるのは当然です。しかし、書類の郵送のやり取りがあるとそうもいきません。

その点で楽天銀行のスーパーローンは優れています。ネットでの審査申し込み後の在籍確認などの手続き後、必要書類は郵送だけでなく証明書類送付アプリを使っても提出が可能となっています。言うまでもありませんが郵送よりもアプリでの提出の方が手続きは早く、その後の借り入れ開始までの時間も短縮できます。

必要書類の提出と確認や所定の手続きを終えると、楽天銀行スーパーローンのローンカードが発行されます。受け取ったカードは全国の提携ATMで利用ができ、金融機関やコンビニATMでは手数料が無料となるところがあるので、余計なATM利用手数料をかけたくない方は無料で利用できるATMを確認しておきましょう。

第00位
★★★★★
楽天銀行スーパーローン
限度額300万円までは収入証明書の提出が原則不要で、素早く申し込みが進められるカードローン
金利限度額審査時間所得証明
年1.9%~14.5%最大800万円最短即日300万円まで不要
楽天銀行スーパーローンは低い金利と大きな限度額、来店不要の契約手続きで様々な用途に頼れるカードローンです。生活費やまとまった出費への対応資金としてでも、他社で高い金利で借りている方は借り換えやおまとめの一本化としても利用が可能です。自身で安定した収入がある方のためのカードローンとなり、正社員や公務員などの一定水準の収入を得ている方に人気です。楽天銀行の口座がなくても申し込みができるので、楽天のサービスを利用したことがない方でも手続きが進められます。

おまとめに適する低水準の金利

楽天銀行スーパーローンは限度額に応じて金利が段階的に決められており、大きな金額での契約となると金利が下がるようになっています。上限金利でも年14.5%と低水準となっていますが、100万円以上の限度額での契約であればさらに低金利で借りられる可能性があります。

限度額 金利 限度額 金利
10万円以上
100万円未満
年14.5% 350万円以上
500万円未満
年4.9%~8.9%
100万円以上
200万円未満
年9.6%~14.5% 500万円以上
600万円未満
年4.5%~7.8%
200万円以上
300万円未満
年6.9%~14.5% 600万円以上
800万円未満
年3.0%~7.8%
300万円以上
350万円未満
年4.9%~12.5% 800万円 年1.9%~4.5%

限度額と借り入れ金額を混同してしまう方もいますが、借りている金額に応じて金利が決まるのではなく、限度額に応じて楽天銀行スーパーローンの金利が決まります。例えば10万円の借り入れでも限度額が300万円であるとすれば、適用される金利は限度額300万円の水準となります。

上記の表で見てみると、楽天銀行スーパーローンで300万円の限度額の契約となれば金利は年4.9%~12.5%です。300万円の限度額で10万円を借りても適用される金利は年4.9%~12.5%であり、契約内容次第では10万円だけ借りている少額の利用であっても年4.9%の低金利となる可能性があります。

しかし、10万円しか利用しないからと10万円での契約としてしまうと、楽天銀行スーパーローンでの適用金利は年14.5%となります。同じ借り入れ金額であっても限度額によって金利が大きく変わるので、今後の利用なども含めて限度額と金利、そして借り入れ金額に関しては申し込み時にしっかりと考えておくと良いでしょう。

▼余計な借り入れを繰り返してしまいそうな方は注意

限度額が大きくなれば楽天銀行スーパーローンの金利は低くなりますが、繰り返しの借り入れが利用できるカードローンの利便性に甘えてしまい、余計な借り入れを重ねてしまいそうな方は限度額は大きくしないのが良いかもしれません。無駄に借りれば金利が低くても返済が負担になるので、自身でしっかりとセーブができる方で大きな限度額での契約が期待できるのであれば、限度額を大きく持つ契約とするのがお得な借り方です。

使い方によって選べる返済の方法

楽天銀行スーパーローンの返済は様々な方法で行えます。1日、12日、20日、27日の何れかの約定返済日に引き落とし登録口座からの自動振り替えか提携ATMでの入金、またはインターネットでの返済となります。

それぞれの返済方法にはメリットとデメリットがあるので、使い方によって希望する返済の進め方を選ぶようにしましょう。また、約定返済日は上記の4つの期日から選べるため、余裕を持って支払える日にちを選ぶようにしてください。

それぞれの返済方法のメリット
自動振り替え 約定返済日に自動的に振り替えられるので、返済日のうっかり忘れがありません。カードを使って返済をするわけではなく、周りの目も気になりません。
提携ATMやCD ローンカードを使って返済をするため、近くに提携ATMやCDがあれば素早く返済が行えます。約定返済金額以上も任意で入金ができるので、積極的な返済が進めやすいです。
インターネット Pay-easy(ペイジー)を利用した返済となり、とにかく手間がかからないのが大きな利点です。パソコンやスマートフォンでインターネットバンキングで返済が可能です。
それぞれの返済方法のデメリット
自動振り替え 口座残高が不足した状態で約定返済日を迎えてしまうと、振り替えができずに返済が遅れてしまいます。すぐに気付けば良いですが、遅れると今後の利用にも悪影響がでる可能性があります。
提携ATMやCD 利用するATMによっては手数料がかかる場合があり、余計な負担が増えてしまいます。カードを使って返済を行うため、ローンカードを持ち歩くことで周りに見られる可能性もあります。
インターネット インターネットバンキングの利用登録をしていないと、Pay-easy(ペイジー)による返済が利用できません。ワンタイムパスワードなどの都合で、外出先での利用が難しい場合もあります。

楽天銀行スーパーローンの返済をどの方法で行うとしても、まずは契約時に口座振替依頼書は提出しなければなりません。指定期日までに口座振替依頼書を送らないと、カードローンによる借り入れが停止されてしまいます。

今後の返済を自動振り替えではなく提携ATMやインターネットで行うとしても、口座振替依頼書は必ず送るようにしてください。手続きを終えた後に提携ATMやインターネットでの返済を行えば良いだけなので、面倒に感じるかもしれませんが手続きはしっかりと完了させるようにしましょう。

楽天銀行スーパーローンは口座振替依頼書を送り、確認がされるところまでが契約となります。口座振替依頼書を送らないと契約が正式に完了しないため、借り入れが停止されてしまうのです。

無理なく進められる毎月の返済

上記の何れの返済方法であっても、毎月の返済金額には違いはありません。楽天銀行スーパーローンは借り入れの残高によって毎月の約定返済金額が変わるため、大きく借りればそれだけ返済額も大きくなり、逆に少額の借り入れに留めるようにすれば、毎月の返済額も小さくなります。

金利は限度額によって決まる楽天銀行スーパーローンですが、返済額は限度額ではなく借り入れの残高によって決まるようになっています。つまり、大きな限度額で少額を借りるとすると、大きな限度額での低金利での借り入れとしながらも毎月の返済金額を少なく抑えられるのです。

借入残高 返済金額 借入残高 返済金額
10万円以内 2,000円 250万円超
350万円以内
40,000円
10万円超
30万円以内
5,000円 350万円超
400万円以内
45,000円
30万円超
50万円以内
10,000円 400万円超
500万円以内
50,000円
50万円超
100万円以内
15,000円 500万円超
600万円以内
60,000円
100万円超
150万円以内
20,000円 600万円超
700万円以内
80,000円
150万円超
200万円以内
30,000円 700万円超
800万円以内
100,000円
200万円超
250万円以内
35,000円

便利な提携ATMのカード利用

限度額内であれば再申し込み不要で繰り返し借りられる楽天銀行スーパーローンは、提携ATMでカードを使った借り入れや返済が便利です。契約後であれば困ったときに限度額内で素早く借りられ、セブン銀行イオン銀行三井住友銀行みずほ銀行の金融機関のATMと、ローソンATM、イーネットATMのコンビニATMでは利用手数料が無料となるので無駄がありません。

地域によっては多少の違いがありますが、全国共通で上記のATMでは借り入れ手数料が無料となり、カードローン利用に無駄がありません。手数料がかかるATMを利用してしまうと1万円以下の利用時には100円と消費税、1万円を超える利用時には200円と消費税が手数料として取られるので注意が必要です。

▼返済時のATM手数料は無料

楽天銀行スーパーローンの返済をATMで行う際には、どの提携ATMであっても利用手数料は無料となります。借り入れ時とは異なりATMが限定されないので、近くに設置がされている楽天銀行スーパーローンのカードが使えるATMであれば問題ありません。

銀行のカードローンでは提携ATMでの利用手数料を無料とするところは多く、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックオリックス銀行カードローンも提携ATMでの利用手数料は無料としています。また、ソニー銀行カードローンなどのようにATMによっては回数制限はあっても利用手数料が無料となるところもあり、銀行ならではの優れたサービスとなっています。

審査時間や融資対応が早い消費者金融も多くのコンビニや金融機関のATMでカードの利用ができますが、借り入れも返済も利用のたびに手数料がかかる場合が多いです。往復でかかる手数料は最終的には大きな負担となるので、手数料をかけずにカードローンの利用ができるのであればそれに越したことはありません。

楽天銀行スーパーローンはその点で優れており、借り入れは対象となるATMであれば手数料が無料です。各地域の地方銀行のATMも手数料無料の対象となっている場合があるので、よりお得に便利に楽天銀行スーパーローンを利用するためにも、手数料無料の対象ATMを借り入れ前によく見ておきましょう。

ATMによって借り入れや返済が利用できる時間が異なります。急な出費時に的確に利用するためにも、時間に関しても予め確認をしておくと安心です。

アルバイトやパートの方の注意点

楽天銀行スーパーローンの申し込みは安定した収入をお持ちの方となり、パートやアルバイトの方でも自身で安定した収入があれば申し込みは可能となっています。しかし、金利帯から考えるとアルバイトやパートの方での利用は難しいと言わざるを得ず、やはり銀行のカードローンであるために正社員や公務員などの方が中心となります。

申し込みをしてみないと審査に通るか分からないとは言っても、余計な申し込みは決してプラスにはなりません信用情報機関に履歴が残ることになり、多くの履歴が積み重なると楽天銀行スーパーローンで借りられなかった後の大手消費者金融プロミスアイフルアコムなどの審査にも悪影響が出る可能性があります。

アルバイトやパートなどの方は審査通過の見込みが低い銀行カードローンの利用を考えるよりも、金利帯からして利用がしやすいと言える消費者金融での借り入れを考えた方が良いです。

消費者金融の金利は楽天銀行スーパーローンよりも高くなりますが、その分だけ審査が早く融資までもスピーディなため、急ぎで借りたいときには助かるのも事実です。全てが消費者金融は劣るわけではないので、アルバイトやパートの方はまずは以下の大手人気消費者金融から見ておくべきでしょう。

借り入れ先 実質年率 審査時間 融資時間
プロミス 4.5%~
17.8%
最短
30分回答
最短1時間
アイフル 4.5%~
18.0%
最短
30分回答
最短1時間
アコム 3.0%~
18.0%
最短
30分回答
最短1時間
モビット 3.0%~
18.0%
10秒
簡易審査
最短即日

プロミスは銀行振り込みであれば、平日14時までのWeb契約完了で最短即日融資も可能です。時間外の場合には、ネット申し込み後の契約機の利用で最短即日対応も可能です。
アイフルは申し込みの時間や審査結果によっては、翌営業日以降の扱いとなる場合があります。
アコムは銀行振り込みであれば、金融機関にもよりますが14時までの手続き完了が条件となります。
モビットは14:50までの振り込み手続き完了が条件となり、審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

申し込みを無駄にしないために

金利条件に優れる楽天銀行スーパーローンは、カードローンの審査基準もやはりそれ相応に厳しくなります。収入が不安定な方や信用情報に問題がある方では審査の通過は難しく、しっかりとした安定した収入を得ていて、信用情報にも特にネガティブな記載がないことが条件と言えます。

具体的な収入額が決められているわけではないのでいくら以上であれば審査に通るかは断言できませんが、一般的なアルバイトの平均年収と言われるような水準では審査通過は難しいと考えられます。

ある程度の勤続年数がある正社員や公務員、事業資金としては使えないものの営業実績がある事業主の方であれば審査通過の可能性はありますが、収入面や安定性に不安がある方は楽天銀行スーパーローンへの申し込みは控えた方が良いです。

上でも軽く触れていますが、余計な申し込みは信用情報に履歴が残るだけとなるので、今後のカードローン審査にも悪影響が出る場合があります。履歴は審査でマイナスと取る貸金業者や金融機関も多いので、なるべくなら余計な申し込みは控えておきたいためです。

カードローンの同時申し込みが審査で弱くなるのも同じで、どうしてもお金が借りたいからと楽天銀行スーパーローンと他のカードローンに同時に申し込みを行ったり、審査落ちの直後にすぐに申し込みを行うなどをすると、信用情報に履歴が積み重なるために審査で不利になります。

審査基準が厳しくなる銀行では信用情報を特に重視して見ていますので、楽天銀行スーパーローンでも余計な他社への申し込みが原因となる審査落ちとならないためにも、多重申し込みは控えて手続きを進めるようにしてください。

トップへ戻る