サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 銀行カードローン情報 »
銀行カードローンを利用するメリットに注目してみる

金利や限度額以外の銀行カードローンのメリット

銀行でカードローンを利用するとなると、金利や限度額、極度額ばかりが注目されがちですが、銀行で借りるには他にも様々なメリットや利点、サービスが得られます。消費者金融の審査よりも厳しい基準をクリアして借りるわけですので、メリットが大きくなければ利用者も納得が出来ないものです。

もちろん金利が低いだけでも大きなメリットなのですが、どうせなら銀行で借りるなら、様々な利点についても一通り見ておくと良いでしょう。知ればより便利に使えるのが銀行カードローンですので、暮らしに役立てる身近なカードローンのためにも、情報としては持っておくと良いのです。

銀行ATMを使えば当然ながら利用手数料は無料となる

余計な手数料負担を減らす

まず、銀行カードローンを利用する上で外せないメリットは、ATM利用手数料が無料となる点です。消費者金融の場合には、コンビニや銀行ATMで借り入れや返済が出来るとは言っても、使うたびに手数料がかかってしまいます。

手数料がかかるのが勿体無いからと、もしものためにと手数料を一度で済ますために、本来必要なお金以上に余計に借りてしまう方もいます。使わなければ返済時に一緒にそのまま返してしまえば良いのですが、多くを借りればそれだけ利息も増えてしまい、返済時の余計な負担となります。

また、お金は無駄に借りてしまうと、あればあるだけ使ってしまいがちです。本当は5万円だけで良いのに、10万円を借りるとなぜか10万円を全部使ってしまうのです。手数料の負担を気にしたばっかりに、結局は手数料負担よりも遥かに高い利息を支払うハメになり、生活を圧迫する原因ともなります。

しかし、ATM手数料が無料であればこのような事態を招く恐れはなく、例えば1万円ずつ借りたとしても手数料はかかりません。必要なときに必要な金額だけを借りることができ、返済も期日と最低返済金額さえ守れば、余裕のあるときに随時返せる分だけを支払えるため、結果的に利息負担の減少にも繋がります。

一度のATM手数料だけで見れば僅かな負担に思えるものですが、最終的な手数料の総額や、手数料負担に伴う様々なリスクを考えると、無料であるに越したことは無いのです。

一部の銀行カードローンでは、提携ATMの利用手数料が終日いつでも無料としています。コンビニや銀行のATMでいつでもどこでも無料となるため、大変お得に便利に使えるのです。

口座がある銀行ならではのサービス

商品内容や借り入れ先によっては、銀行のキャッシュカードを使ってATMでお金が借りられる場合があります。別のカードを作る必要が無く、ローン機能を付けたカードであれば、その1枚で口座のお金の出し入れも借り入れも返済も出来ます

また、銀行口座を使った様々なサービスもあり、例えば毎月の公共料金等の支払いを口座引き落としにしている方は、引き落とし日に万が一残高不足の場合にも、自動融資によって支払いを済ませてくれます。うっかり忘れによる支払いの遅れもなく、返済も口座にお金を入れておけば自動的に引き落とされるので、周りに「借金をしている」と気付かれにくいのも大きなメリットでしょう。

その他、イオン銀行カードローンBIGのように、申し込み時点で口座を既に持っている方なら、ネットからの手続きで最短即日融資も可能となる銀行もあります。口座での本人確認が済んでいるため、カードローンの申し込みにおいてはわざわざ書類をやり取りする必要も無く、電話も郵送物も無く最短数十分で借りられる銀行もあるほどです。

口座からの引き落とし残高の立て替えによる自動融資や、口座からの返済は、銀行だからこそのサービスです。自社での口座を持たない「ノンバンク」の消費者金融では実現できない銀行独自のサービスとなります。

支払いの引き落としを忘れがちな方にも人気
引き落としに便利

公共料金の支払いについては、正直なところは少々遅れたところで、僅かに延滞金を次回請求時に乗せられる程度で大きな問題はありません。

もちろん払わないと電気もガスも水道も何もかも止められてしまいますが、数日程度の遅れや支払いを忘れていたとしても、再度届く請求書を持ってコンビニで支払えば良いのです。公共料金については借金ではありませんので、遅れたところで信用情報は汚れはしないのです。

しかし、問題となるのはクレジットカード引き落としです。カード会社によって請求が違う場合がありますので、締め日や請求額、引き落とし日をしっかりと確認をしておかないと、いくつかのクレジットカードを使っている方は、銀行の口座残高が足りなくなる可能性が出てきてしまいます。

クレジットカードの支払いの延滞は、当然ながら信用情報機関に遅れを表すマークが記載されてしまいます。大きな遅れでなければブラックとされる「異動」にはなりませんが、かと言ってプラスに働くものではないのは間違いありません。

払えるお金がないならどうにもなりませんが、お金があるのに支払いが遅れてしまって、遅れマークの記載や信用を落とすようなことがあるのは、非常に勿体無いことです。一定期間の利用実績で枠の増額も積極的に行う傾向にある信販会社においては、一度の遅れでもあると、次回の増額審査には大きなマイナスの評価をしてしまい、増額不可となる場合もあるのです。

引き落としが毎月の月末などと決まっていれば良いのですが、なかなかそうもいかないものです。忙しいとどうしても引き落とし日を忘れてしまいがちになりますので、万が一のために銀行カードローンの口座をクレジットカードの引き落とし口座とし、支払いに備えている方もいます。

とは言え、毎月の支払いを自動融資による立て替えでの支払いをしていたのでは、銀行カードローンでの利息の支払いが無駄になります。あくまで緊急時の奥の手として考えておき、基本は支払いの管理は自分自身でしっかりと行うような癖を付けることが、各種カードを使う上での鉄則となります。

銀行ならではのメリットを最大限に

銀行のカードローンの良さは、利便性と安心感にあります。消費者金融で借りるよりもサービスが豊富であり、「銀行」という大きなブランドは、利用者にとっては安心感に繋がります。昔に比べれば明るくなったと感じる消費者金融も、それでも利用しづらいと感じる方が多いのも、また事実です。

高い安心感と利便性、そして信頼性を誇る銀行のカードローンを利用する際には、それなりの審査をクリアする必要があります。借り入れが無駄に多い方や、今までの返済に問題がある方では、銀行カードローンのサービスを利用できない可能性があります。

そうならないためにも、借り入れは無駄に増やさないようにし、キャッシングやクレジットカードの利用があるのであれば、しっかりと返済をするようにしましょう。今は銀行カードローンを利用しないとしても、将来的に利用する可能性は誰でも決してゼロではありません。

「カードローンなんて使わない」と言い張っても、いつ使うかは誰にも分かりません。何かで困って利用する機会が出てくる可能性は、誰にでもあるのです。「もしも」のために、普段から気を配っておけば、困ったときには銀行カードローンがきっと頼れるサービスを提供してくれることでしょう。

話題のカードローンと比較

このページを見た方は、以下のカードローンも見ています。専業主婦でも借りられる、低金利で借り換えやおまとめに使えるなど、優れたカードローンが注目を集めています。

利用先
詳細
金利
年利
限度額
極度額
来店
手続き
専業
主婦
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高
800万円
不要 50万円
まで
最短60分審査回答で手軽なネット契約
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
年1.8%~
14.6%
10万円~
500万円
テレビ
窓口可
30万円
まで
ネット審査後にテレビ窓口を使うと早い
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最大
800万円
不要 50万円
まで
日本全国来店不要契約で低金利が魅力
オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
最大
800万円
不要 利用
不可
提携ATMのカード利用がいつでも無料
三井住友銀行
カードローン
年4.0%~
14.5%
最高
800万円
不要も可 利用不可
ネット申し込みで最短30分の早い審査回答
みずほ銀行
みずほMyWing
年12.0%~
14.0%
10万円~
100万円
不要 30万円
まで
メガバンクで借りる女性専用カードローン

みずほ銀行カードローン[エグゼクティブプラン]の金利は、引き下げ適用後の利率となります。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る