サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 銀行カードローン情報 »
地銀のカードローンで今後のローン金利の優遇を期待

地銀のカードローンも悪くない

地方銀行と聞くと地味なイメージがあるものです。各ローンにしても何だかスペックが劣るように感じてしまっている方も多いものですが、実際にはそのようなことはありません。

地銀とは言っても腐っても銀行です。消費者金融での借り入れよりもどの商品に関しても金利は低くなっている場合がほとんどで、実は銀行で借りるカードローンの金利においては都市銀行も地方銀行もほとんど変わりません。

例えば地銀の中でも預金額が多く、規模も大きな横浜銀行のカードローンは、限度額は10万円~800万円で、金利は年3.5%~14.6%です。上限金利での契約となっても14.6%の金利は、TVCMでも見かけるメガバンクの一つである、三井住友銀行カードローン年4.0%~14.5%と比較しても、決して劣るものではありません。

地方銀行は地域密着であるため、カバー地域にお住まいの方でないと利用しづらい、出来ないなどのデメリットはありますが、地元の地銀のカードローンを使うのであれば、意外と思っているほどに悪いものではないのです。

ローン金利の優遇でお得になる

ローン金利の優遇に期待

3大メガバンクの三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行では行っていないサービスとして、地方銀行ではカードローンの契約者が住宅ローンやマイカーローンを組む際には、金利がいくらか優遇されるようになっています。

銀行によって様々ですが、カードローンの契約をしていると基準金利より0.1%~0.3%程度引き下げられるようになるため、借り入れ金額が大きく利息負担も膨らみがちな目的型ローンをお得に利用出来るのです。

メガバンクではカードローン契約者には金利優遇をするといったサービスは見かけず、例えば住宅ローン利用者が他のローンを組めば金利引き下げなどは行っていますが、カードローン契約によって金利が下がるようなところはありません。

地銀の場合にはカードローン以外にも給与の振込口座指定をしていたり、年金の受け取り口座としている、地銀発行のクレジットカードを契約すると0.1%~0.5%程度の金利引き下げがあるなど、サービス面ではメガバンクよりも優れているのです。

ただ、将来のローンのためだけにカードローンを契約する必要はありません。ほとんどの地銀で住宅ローンやマイカーローンを組む際に、同時にカードローンの申し込みで契約となった場合でも金利が下がるようになっているため、今は必要ないのに今後のために・・・と、カードローンの無理な申し込みは必要ありません。

審査で考慮される口座状況

地銀のカードローンの場合には、その銀行で口座を持っている、給与の振込口座となっているなど、お金の出入りが分かるような方の場合には、カードローン審査の際にもプラスに働く傾向にあると言われています。

もちろん信用情報が真っ黒ではどうにもなりませんが、ある程度の不安要素がある方でも、地元に住んでいて給与も安定的に口座に入っている、現状の返済はとりあえず進んでいるのであれば、地銀なら大目に見てくれる可能性もあります。

上記に該当するからと言って誰もが地銀から借りられるわけではありませんが、他の低金利で借りられる銀行カードローンのイオン銀行カードローンBIGなどの審査に比べると、有利になる材料があるのです。

地銀のカードローンで注意したい変動金利
変動金利に注意する

消費者金融のカードローンやキャッシングにおいては、貸金業法が改正される、噂される認可業者向けの上限金利の引き上げなどの大きな動きがなければ、基本として借り入れ金利や契約時点から変わりません

「変わらない」とは正しくはありませんが、金利の引き下げはあるとしても、契約途中にいきなり金利が上がってしまうことは原則としてありません。

しかし、地銀のカードローンの場合には金利が変動をするタイプがあります。目的型ローンではよく聞かれる「変動金利」とされるものがカードローンに適用されている場合があり、年に2回ほど、金利の見直しが行われます。

適用される金利は利用している地銀の「短期プライムレート」とされる「基準金利を基準」として決定され、契約途中であっても金利が上がったり下がったりします。

短期プライムレートは日本銀行の政策金利などによって大きく動く場合があり、変動金利では現状では低金利に見えていても、将来的には金利が上昇してしまうリスクを抱えている商品となるのです。

あくまで短期プライムレート次第であり、素人が将来の金利の行く末を予想するなど裏か表かの丁半博打と変わりませんので、下手に予想をするよりも現状の金利から変動をしたとしても、どの程度のぶれ幅までなら許容できるかを考え、返済計画を立てるようにすべきです。

変動金利は金利が上下するタイプとなりますので、引き上げだけでなく金利が引き下げられる場合もあります。ただ、実際には新規契約者には引き下げとなるものの、既存客の金利は据え置かれるケースも多いようです。

事故履歴があると審査には通らない

上では「ある程度は審査では大目に見てくれる」とは書きましたが、保証会社での事故履歴等がある場合にはどうにもなりません。地銀のカードローンも他の銀行からの借り入れと同じように外部の保証会社を用意していますので、何らかのネガティブ情報があると審査では厳しくなってしまうのです。

保証会社は銀行によって様々ですが、中には消費者金融を定めているところもあります。東海地区で大きな規模を持つ十六銀行のカードローンの場合には、保証会社としてアコムの審査と保証を受けられる方が利用対象となっています。

過去にアコムが絡む何らかのトラブルがあると、たとえ信用情報が今現在は綺麗な状態であるとしても、審査には通らない可能性も考えられるのです。

地銀のカードローンは思っている以上に便利で頼れる存在ですが、対象地域に住んでいる、仕事をしているからと言って必ずしも利用出来るわけではありません。銀行と保証会社の審査に通る必要がありますので、慎重に申し込みをするようにしましょう。

話題のカードローンと比較

このページを見た方は、以下のカードローンも見ています。専業主婦でも借りられる、低金利で借り換えやおまとめに使えるなど、優れたカードローンが注目を集めています。

利用先
詳細
金利
年利
限度額
極度額
来店
手続き
専業
主婦
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高
800万円
不要 50万円
まで
最短60分審査回答で手軽なネット契約
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
年1.8%~
14.6%
10万円~
500万円
テレビ
窓口可
30万円
まで
ネット審査後にテレビ窓口を使うと早い
オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
最大
800万円
不要 利用
不可
提携ATMのカード利用がいつでも無料
三井住友銀行
カードローン
年4.0%~
14.5%
最高
800万円
不要も可 利用不可
ネット申し込みで最短30分の早い審査回答
みずほ銀行
みずほMyWing
年12.0%~
14.0%
10万円~
100万円
不要 30万円
まで
メガバンクで借りる女性専用カードローン

みずほ銀行カードローン[エグゼクティブプラン]の金利は、引き下げ適用後の利率となります。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る