サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 銀行カードローン情報 »
銀行カードローンにもデメリットやリスクが存在する

優れた条件の銀行カードローン

銀行からの借り入れと聞くと難しい、時間がかかるといったイメージがありますが、最近では手軽にネット申し込み来店不要契約が出来る商品も増えてきたことで、銀行のカードローンも人気が高まっています。

個人が少額を借りるとなると大手消費者金融が一般的だったものが、今では銀行のカードローンの方が人気がある、利用者も増えているとするニュースも見受けられるほどです。

金利限度額では消費者金融よりも優れた条件となっている銀行のカードローンは、初めてお金を借りる方も安心が出来るため、人気が出るのも当然とも言えます。

審査も早くなっている銀行

審査時間も短くなった銀行カードローン

銀行のカードローンは審査を外部の保証会社が行う場合がほとんどで、保証会社が消費者金融系のプロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社やアコムモビットとなっているメガバンクや地方銀行信用金庫もあるため、審査の時間も早くなってきています。

一例を挙げると、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック最短30分の審査回答ソニー銀行カードローン最短60分回答、時間次第でイオン銀行カードローンオリックス銀行カードローン、みずほ銀行の女性向け商品となるみずほWywing最短で即日の審査回答も可能と、審査時間でも消費者金融には見劣りがしません。

融資対応もバンクイックならネットで申し込みをし、審査回答後に近くのテレビ窓口まで行けば土日でも最短即日融資も可能と、借り入れの早さの面でも消費者金融と同水準になりつつあります。

金利が低くて審査も早い、最短即日融資も可能となると銀行カードローンにはデメリットも欠点も無いように感じますが、実際にはいくつかの問題点、覚えておくべき点もあります。

審査基準が厳しい銀行カードローン

好条件で借りられる銀行のカードローンは、その分だけ利用に対するハードルが高くなっています。金利が低ければそれだけ銀行側がターゲットとする層が絞られるので、アルバイトやパートの方では審査に通らない可能性が高くなります。

ほとんどの銀行カードローンでアルバイトにしてもパートにしても、または派遣社員にしても申し込みは可能としているので、「申し込みが出来る=借りられる」と考えてしまう方もいます。ただ、実際には申し込みが出来るだけで審査に通るかは別問題となりますので、低金利のカードローンは利用までのハードルが高くなってしまうのです。

とは言え、銀行の中には専業主婦でも借りられるとするカードローンもあり、消費者金融では貸金業法の関係や各サービスの利用条件を満たせないために利用が出来ない専業主婦の方も、対応をする銀行なら借りられる可能性があります。

以下が専業主婦でも利用が出来る銀行カードローンの情報となりますので、少額の借り入れに留まりますが、配偶者に安定した収入がある専業主婦の方は、借り入れ先の参考にしてください。

契約後に存在する銀行のリスク

審査基準をクリアできれば、消費者金融の金利よりも低水準の利率となるので、銀行カードローンなら返済も楽に進みやすくなります。毎月の返済額も銀行なら少額で済むところもあるので、月々の返済計画が立てやすいのもメリットです。

毎月の返済も特に問題なく行えれば頼れる借り入れ先となる銀行カードローンですが、返済が出来なくなった場合、何らかのトラブルがあった場合には、大きなリスクが潜んでいることをご存知でしょうか。

実際に各銀行のカードローン規約に目を通してみると、以下のような内容が書かれていることが分かります。

簡単に噛み砕いて言えば、次のようになります。新生銀行カードローンのレイクは、返済はされなくなった場合には銀行側が勝手に債権を債権回収業者などの第三者機関に債権を譲渡をする、それに対する異議の申し立ては認められない、新生銀行の口座に預金があれば、銀行側が返済分として勝手に口座からお金を持っていく、差し押さえもあり得るといった内容です。

セブン銀行カードローン三井住友銀行カードローンについても同じような内容ですが、上で挙げている点は、何社も借りている場合に返済がされなくなった際には、銀行側の判断で返済日を待たずにどの債務に対する返済に充てるかを勝手に決められるものとする、といった内容です。

また、セブン銀行カードローンにしても三井住友銀行カードローンにしても、その他の銀行カードローンにしても、新生銀行同様に銀行口座に預金がある場合には、預金残高から返済に充てられる差し押さえられる可能性もあります、としています。

銀行はイメージ通りにお堅いため、カードローンの規約にも厳しい内容が書かれています。銀行だから甘く見てくれるだろうとは考えず、しっかりと返済をしなければなりません。

銀行だからといって優しいわけではない
返済が出来なくなれば同じ

カードローンの利用をしたことが無い方からすると、消費者金融は返済に対して厳しい、銀行は優しいといったイメージを持たれます。昔の消費者金融の取り立てのイメージがあるためですが、実際には銀行も消費者金融も返済が出来なくなれば同じです。

と言うのも、銀行のカードローンは上にも書いたように、保証会社を利用する契約としているところがほとんどです。その保証会社は消費者金融や、取り立てが厳しいとする信販系業者となっている場合が多く、返済がされなくなれば保証会社が一時的に銀行に対して借金の肩代わりをするような形となり、その後は保証会社の消費者金融や信販系業者が催促や取り立てを行います

つまり、催促の連絡、督促がされるような大きな返済の遅れとなっている状況では、消費者金融も銀行も関係ありません。どちらも同じように返済を促す連絡や通知を出してきますので、銀行だから返済が遅れても優しく待ってくれるなどといったことはないのです。

銀行も消費者金融も、どちらも返済が遅れなければ優しいものです。返済が出来なくなれば厳しい対応になるのは当然で、取り立ての厳しさにあれこれと言うのではなく、そもそも返済に遅れないとする意識が重要です。

銀行口座に関する様々なリスク

銀行で借りるカードローンの返済が出来ず、給与の振り込みや何らかのお金の振り込みがカードローン契約先の銀行になっている場合には、給与が振り込まれると同時にお金が勝手に返済に充てられてしまう場合もあります。

その後にお金を返して欲しいと懇願したところで、カードローン規約に書かれている以上は認められません。アテにしていた給与が勝手に返済に回されてしまうと、今後の生活にも大きな支障をきたしてしまいます。

給与の振込先となっていないとしても、銀行の口座は差し押さえ、解約の対象となり、債務整理をするなどして債務を片付けた後であっても、迷惑をかけた銀行では口座が作れないといった問題を引き摺る可能性もあります。

もちろん信用情報機関にもネガティブ情報が記載され、今後のローン契約やカード審査にも大きな悪影響が出ます。この点に関しては消費者金融も同様ですが、銀行のカードローンの場合には銀行口座の関係もあるため、しっかりとした返済計画の下で利用をしなければならないのです。

保証会社の付く銀行カードローンでトラブルを起こすと、銀行本体と保証会社の消費者金融や信販系業者の双方にネガティブな情報が残ります。返済におけるトラブルは、実際には銀行の方が厳しいとも言えるのです。

話題のカードローンと比較

このページを見た方は、以下のカードローンも見ています。専業主婦でも借りられる、低金利で借り換えやおまとめに使えるなど、優れたカードローンが注目を集めています。

利用先
詳細
金利
年利
限度額
極度額
来店
手続き
専業
主婦
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高
800万円
不要 50万円
まで
最短60分審査回答で手軽なネット契約
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
年1.8%~
14.6%
10万円~
500万円
テレビ
窓口可
30万円
まで
ネット審査後にテレビ窓口を使うと早い
オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
最大
800万円
不要 利用
不可
提携ATMのカード利用がいつでも無料
三井住友銀行
カードローン
年4.0%~
14.5%
最高
800万円
不要も可 利用不可
ネット申し込みで最短30分の早い審査回答
みずほ銀行
みずほMyWing
年12.0%~
14.0%
10万円~
100万円
不要 30万円
まで
メガバンクで借りる女性専用カードローン

みずほ銀行カードローン[エグゼクティブプラン]の金利は、引き下げ適用後の利率となります。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る