サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » This and that »
1枚は持っておきたいクレジットカードの賢い選び方

はじめてのクレジットカードを選ぶポイント

最初の1枚、クレジットカードを初めて作るときに「知っておいたほうがお得!」なカード選びのポイントがあります。ショッピングだけではなく、枠を付ければATMやCDでのキャッシングも利用出来るようになるものが多いクレジットカードについて、ここではカードを作る前に知っておきたい情報をご紹介いたします。

そもそもクレジットカードとはどういったものか

便利で助かるクレジットカード

最初にクレジットカードについて少し説明します。

聞きなれた「クレジットカード」の言葉ですが、そもそもクレジットとは信用という意味ですから、クレジットカード会社は申し込み者を信用して、無担保無保証でお金を貸してくれることになります。

何も現金融資のキャッシングに限らず、クレジットカードの代表的な使い方である買い物をする際にも、言ってみればお金を前借りするものですので、お金を借りている点には違いはありません。クレジットカードを正しく便利に使っていくためには、まずはその信用を無くさないように使っていくのが、一番大切なことなのです。

くどいようですが、カードを持ち続けている間は決してその信用を裏切らないようにしなければいけません。特に引き落とし日には余裕を持った残高を用意して、引き落とし不能にならないよう気を付けなければならないのです。

もし返済日に必要な金額が口座に入っていなければ、引き落としが出来ずに延滞をしてしまいます。引き落としが遅れれば消費者金融のキャッシングと同じように遅延損害金が付き、更に延滞を繰り返すとカードの利用停止や、更新が出来なくなってしまう場合もあるのです。

利用しやすいクレジットカードを選ぶ

クレジットカードの選択基準は人によって違うもので、全員が口をそろえて「これが一番!」とするものは存在しません。しかし、そう言ってしまったら話は終わってしまいますので、クレジットカードを選ぶために2つほど条件を挙げてみます。

まずは1枚目のカード選びに条件を付けるなら、身近に「どこでも使える」点を重視して選びたいものです。カードは現金代わりに使うものですから、加盟店の多いカード会社を選んでおけば、その1枚で多くのお店で利用できるようになります。

もうひとつの条件は、余分に利用枠を貰えるところを選びます。特別なカード以外は利用額に上限金額がありますので、申し込みの時に「利用枠」を設定して申請することになります。ところが、審査結果によっては希望した枠がもらえない場合もあるので、頻繁にカードでの支払いをするとなると1枚では足りずに、2枚も3枚もカードを持つことになってしまい、大変不便です。

何枚ものカードを持つと、どうしても無駄遣いをしてしまうケースが多いです。リボ払いの決済が多いクレジットカードにおいては、返済が非常に大きな負担となる場合もあります。「カード破産」となってしまう可能性も高まりますので、出来るだけ少ない枚数のカードで済むようにすべきなのです。

返済方法でクレジットカードを選ぶ

「加盟店が多い」「利用枠に余裕がある」の2つの条件以外に、もうひとつ「返済方法」も条件に追加したいものです。

クレジットカードには締日と決済日があるので、一定期間(通常は1ヶ月または半月)の利用額を締日で請求し、支払いは更に後に決済日として設定されます。

つまり、カードを使うと決済まで最短でも1ヶ月以上の期間が空くことになります。忘れた頃にやってくる請求ですから、預金残高が増えている給料日の2~3日後に引き落とし設定をしておくと安心できるでしょう。

また、カード会社によっては月初・中間・月末の中から、希望の支払日を指定出来るようになっている場合もありますので、あわせて確認をしておくと良いでしょう。

締日と決済日のタイムラグで1ヶ月以上先送りできる要素はありますが、他にも一活払い(金利無し)で利用することも、決済日近くになってから支払い方法を分割払いや元利均等払いに変更できるところもあります。

不測の不安があるようなら、支払いサイクルが長く、支払方法を変更できるところから選ぶようにすると、支払いで困ってしまう状況を避けられるでしょう。

ポイントでクレジットカードを選ぶ

クレジットカードの魅力は支払いを先送りできる決済日や、使用目的に縛られない利用ができる点が挙げられます。しかし、最大の魅力とは「キャッシュバック」があることです。

一般的にはカードの利用額にポイントが付与されて、累積ポイント数は商品券などに交換出来るようになっています。最近では多くの場所でキャッシュレス化していますので、付与されたポイントをチャージして、キャッシュとしての利用も多く見かけます。

使い勝手の良いポイント制なのですが、そのポイントの付与率はカード会社によって大きく異なります。多くのカード会社は使用頻度に合わせて利用者にステイタスを与えて、顧客にはさらに多くのポイント獲得ができるように工夫しているところもあります。

また、ポイントの貯まり方もカード会社によって違います。利用するカード会社と連携しているサービスの利用であれば、ポイントの還元率が数倍のお得なサービスが受けられるようになっているところもあります。

その他のチェックしておきたい点は、ポイントの有効期限です。各カード会社には貯まったポイントに有効期限を設けていることが多いため、貯めるだけ貯めても使わずに消滅してしまっては意味がありません。

ポイント還元でカードを選ぶとするなら、なるべくポイント付与率が良く、利用範囲が広く、有効期限の長いサービスを提供しているカード会社を選びたいものです。

ランニングコストからクレジットカードを選ぶ
コストがかかるカード

一般的にクレジットカードには年会費がかかります。年会費の額はカード会社やグレードによって違いますが、多くのカードは持っているだけでランニングコストがかかることは間違いありません。

ただ、カード会社も年会費の負担は重々承知していますので、負担ばかりではなく年会費に相当するポイントを還元したり、なかには金券に相当する割引券を配布してくれます。また、他社の有償サービスを割引無償で受けられるので、年会費カードがマイナスばかりとは言えません。

例えば、カードを持っていると提携や関連するガソリンスタンドでのガソリン単価が安くなったり、カードを提示しただけで映画料金が割引されるものもあります。多くのカードがあるからこそ、各カード会社も様々なサービスで他社との差別化を図っているのです。

クレジットカードは決済のみだけではなく、多くの要素や角度で自分のライフスタイルに対してメリットがある1枚を探しておくと、より良いカード選びが出来るでしょう。

消費者金融のアコムはクレジットカード(マスターカード)の発行を日本の貸金業者で唯一、行っています。もちろんキャッシングにもショッピングにも使え、年会費も無料となっているため、借り入れも買い物もと考える方には人気です。ただ、支払いがリボ払い専用となるため、他の信販系業者のカードと比べると、ショッピングの面ではいくらか不便に感じる部分もあります。

本命カードは長く使えるものを選ぶのが基本

はじめてのクレジットカードで一番大切なのは、その1枚が自分自身の利用範囲すべてで通用するかどうかです。クレジットカードは消費者金融のキャッシング用のカードとは異なり、サービス面を考えると複数枚を持つ方が多いです。

しかし、何枚も財布に入れているとしても、ショップやサービスの割引や特典を受けるために使う以外は、普段使いのカード払いでは結局はメインとする1枚しか使わない方も多いものです。他のカードは割引や特典のため、または人によっては一つのコレクションとして年会費無料のものを持っている方もいます。

どのような理由であれ、1枚限りとしても複数枚を持つとしても、はじめてクレジットカードを持つのであれば、とりあえずは自分の周りに不自由なく使えるものを選んでおきましょう。1枚目から特殊な使い勝手の悪いカードを持ってしまうと、すぐに2枚目や3枚目のカードを作らなければならず、立て続けに申し込みをすれば、キャッシング同様に審査落ちとなるリスクも上がってしまうのです。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る