サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » This and that »
費用が高額になるエステの費用もローンで解決

キレイになるためにはお金がかかる

かつては、夏の前の時期くらいにしか見ることのなかったエステの広告ですが、最近では年中見かけるようになっています。

お試しや体験などで、比較的安い価格で施術を受けられるところも増えてきてはいますが、いざ本格的に施術をしてもらおうとすれば、10万円や100万円単位でお金が出て行くのは確実です。

どうやってお金を支払うか

お金がかかるエステ

そんな時、どうやってお金を支払っていくかは非常に重要なことです。

まず考えられるのが、コース全額を現金で支払ってしまうシンプルな解決方法です。

メリットはもちろん、支払さえ終わらせてしまえば、あとは思う存分エステを受けられる点です。一方でデメリットとしては、一度にそんな大金はとても用意できない点にあります。

それならば、施術のたびにお金を支払う方法もあります。この方法のメリットは、全額支払うわけではないので大金を用意する必要はない点です。対するデメリットとしては、セットで施術を受けられないので割高になってしまったり、いつでも行けると考えると足が遠のいてしまう可能性があるのです。

エステのローンのメリット

第三の選択肢として挙げられるのが、ローンの利用となります。大手のエステサロンでは、クレジット会社と提携をしてローンを組めるようになっています。エステとクレジット会社は提携をしていますので、ローンの申し込みをしても、通常のフリーローンと比べても審査が比較的通りやすい傾向にあります。

一度に100万円近いローンを組める場合もありますので、かなり高額になると思われるエステサロンでの全身脱毛はもちろん、美容外科などで整形手術を受けることも可能です。

美容外科とは言っても整形手術は保険診療の対象とはなりませんので、全額自己負担です。そんな時、ローンが組めれば非常にありがたいものです。

未成年のローン利用は厳しい

お年を召した女性にとって、10代の女性の肌はまさに理想的なものです。「若いんだからエステサロンなんか通わなくても大丈夫」と思っている方もいるようですが、10代の女子には年齢相応の悩みがあるものなのです。

青春の象徴ともいえる「にきび」や、成長時期には避けて通れない「ちょっとぽっちゃり」からの脱却、また、むだ毛も気になるところです。

そんな10代女子だってエステサロンに通いたいものですが、10代女子ならではの問題と言えば、エステのお金をどうするかではないでしょうか。

成人した女性であれば、審査さえ通れば問題なくエステのローンを使えますが、10代の女子の名義ではエステのローンは組めませんので、そのままではお小遣いの範囲内で、エステの施術を受けなければなりません。

体験エステなどでは、保護者が同伴していれば施術OKとするところも増えてきています。体験でない本番の施術となれば、やはり保護者名義で保護者の同意を得た上で、エステのローンを組むほかありません。

ローンを組むクレジット会社にもよりますが、10代であっても、大学生だったり社会人だったりすれば、多少状況は変わるかもしれません。

途中解約したい場合には

エステサロンで施術を受ける際には、まずはお試しをすることをおすすめします。コマーシャルのイメージだけでは、なかなか伝わらないものがあるものです。お店の雰囲気やエステティシャンの雰囲気、施術のレベルなど、お試しをしてある程度の判断をするのが賢い方法です。

しかし、体験で好感触を得てローンを組んだとしても、引越しをしたためにサロンが遠くなってしまったり、施術で思ったほどの効果を得ることができない、あるいは通帳を見てやっぱり支払えないと思ったり、忙しくて通えなくなってしまった場合は、途中で解約をすることも出来ますので、覚えておくと良いでしょう。

契約をしてから8日以内なら、クーリングオフの対象となり、初めからその契約自体は無かったものとして処理が出来ます。もし商品を受け取ったとしても、未開封であれば商品は相手の送料負担で返品出来るのです。

もちろん、解約したからと言って、違約金の類を支払う必要は全くありません。

エステや塾のように、長期間の契約をしないと効果が実感できない場合には、8日を過ぎたとしても中途解約をすることが可能です。ただしその場合、クーリングオフとは異なり、全額返金がされるわけではありません。

総額からすでに受けた施術の費用、使用した商品代、さらに中途解約手数料を差し引かれて、残った金額が返金されてきます。

エステのローンは特に注意する

クーリングオフにせよ中途解約にせよ、電話ではなくしっかりと書面でやり取りをするようにしましょう。例えば往復はがきを用意して、そこに解約の旨を書き、書いたら両面コピーをして送ります。配達記録や簡易書留などを使って証拠が残るようにしましょう。

高額になりがちなエステのローンに関しては、消費者金融や銀行からの借り入れとは異なり、契約内容自体が不透明な場合があります。悪徳業者が潜んでいるのもエステのローンの一つの特徴となりますので、「ローンなら分割で楽に払える」と簡単に判断をするのではなく、よく考えて怪しい業者ではないか、信用して良いのかをしっかりとリサーチしましょう。

悪徳業者ほどローンの利用を推奨する、ローンなら払えると高額のローン契約を迫る傾向にもありますので、必要以上にローン契約を押された場合には、きっぱりと断るようにしてください。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る