サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » This and that »
決して手を出してはいけないショッピング枠の現金化

絶対にやってはいけないクレジットカード現金化

最近、インターネットで検索をしてみると、「クレジットカードの現金化」を謳う業者がたくさんあることに気づきます。クレジットカードの現金化と聞いただけでは、どのように行うのか全くピンと来ない方もいると思います。そこで、まずはクレジットカードの現金化とは何かを説明をしつつ、そのデメリットやリスク危険性について見ていきます。

クレジットカードの現金化とは何か

禁止されている現金化

クレジットカードには、ショッピング枠キャッシング枠があります。ショッピング枠は、その名の通り商品を購入したり、公共料金の支払いに使うことが出来る枠のことです。一方でキャッシング枠は、クレジットカードを使って、消費者金融のカードのようにATMなどからお金を借りることが出来る枠のことです。一般的に、キャッシング枠の方がショッピング枠よりも少なく設定されるようになります。

クレジットカードを普段から使っている方は、お金が欲しいとキャッシング枠が早々に無くなってしまい、買い物には興味が無いとショッピング枠だけが残ってしまいます。そこで、残ったショッピング枠で現金が借りられるというのが、クレジットカードのショッピング枠現金化です。

「クレジットカードの現金化」と表すと分かりにくいですが、正確には「ショッピング枠の現金化」と言えます。現金化には大きく分けて2つあり、実際に商品を購入させて引き換えに現金を渡す方法と、商品を購入させない方法です。

現金化には押し貸しのリスクがある

クレジットカードのショッピング枠現金化ですが、非常にデメリットの多い融資方法です。そのうちの一つに、押し貸しのリスクがあります。自分は5万円だけしか融資してもらわなくてもいいのに、実際に業者から口座入金された金額が10万円だったりするのです。

たくさんお金を貸してくれるのならばそれでいいではないか、と考える人もいそうですが、とんでもないことです。押し貸しはリスクが高い多重債務へ繋がる可能性が高いのです。本来は必要でないお金ならすぐに返せば良いのですが、借金体質となってしまっていると、なかなか返さずに「後で返せばいいや」と考えてしまい、手にしたお金をあればあるだけ使ってしまうからです。

すぐにお金を借りられる現金化の味を覚えてしまうと、そこからクレジットカードをどんどん作って、ショッピング枠を次々と現金化をするようになってしまいます。

貸し渋りでトラブルに発展する場合もある

押し貸しよりもさらにひどいのが、お金を貸してくれないケースです。商品を購入して換金をする方法の場合、当初に聞かされていた換金額よりも、遥かに低い金額で換金させられるケースがあります。

この場合、すでに商品はカードで購入してしまっているので、自分で引き取るわけにも行きません。そこで、泣く泣く低い換金率でお金を借りてしまうのです。

それでもお金が借りられればまだ良いのですが、全くお金を貸してくれない業者もあります。お金を貸してくれない上に、しっかりと利用手数料だけは受け取ります。しかも、カードの請求書を見てみると、購入額がショッピングの利用金額としてしっかりと請求されてしまうのです。これは詐欺以外の何者でもありません。

実は金利が高い現金化のリスク

クレジットカードのショッピング枠現金化の業者の手数料を見てみると、最近では2%から3%あたりが主流となっているようです。消費者金融の広告を見てみると、金利が5%から18%と書かれていることが多いので、一見すると現金化したほうがお得のように思えてしまいます。しかし、そんなことはありません。

消費者金融の金利は年換算であり、クレジットカード現金化の手数料は翌月の返済で3%となります。つまり、月に3%の金利と考えることもでき、これを年に換算してみると、なんと36%となります。

ぱっと見れば金利は低く見えるものですが、実際に同期間で換算をしてみると、消費者金融と比べても遥かに高い金利をになっているのが分かります。様々なリスクや問題点を抱えている上に金利も高いとは、現金化には最早メリットは無く、非常に損をしているのです。

融資目的以外に利用されてしまう可能性も
クレジットカードが悪用される危険性

クレジットカードのショッピング枠の現金化をする場合、多くの業者ではカード番号の他にも、カードの有効期限を入力するように求めてきます。場合によっては、セキュリティコードまで求めてくる現金化の業者までいます。これだけの情報がありますと、それを入手した業者は何でもできてしまうのです。

それこそ、先ほど説明した押し貸しをしてくる可能性もあります。クレジットカード決済時に必要となる情報を、全て怪しい現金化業者に渡してしまうことになるため、勝手に利用され、勝手にショッピング枠の現金化が行われてしまう場合もあるのです。

その他、カード情報以外にも性別年齢などを、書類やフォームに記入や入力をして提出するケースもあり、これだけの個人情報があれば悪用される可能性も、無いとは言い切れません。

ショッピング枠の現金化は違反行為である

そもそも、クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、カード会社の利用規約に違反する行為です。クレジットカードのショッピング枠は、商品の購入やサービスの利用を前提としており、換金目的でクレジットカードのショッピング枠を使う行為は、当然ながら認められていないのです。

それがカード会社の知るところとなった場合、最悪はカードの利用停止解約の事態にも発展します。このような措置をとられてしまいますと、その後に他のローンを組む際にも、非常に不利に働いてしまう場合もあります。

クレジットカードのショッピング枠を現金化をする業者は、「簡単」「誰でも」「審査無し」などの様々な甘い誘い文句で勧誘してきます。しかし、結果的に損をするのは利用者なので、絶対に現金化は利用しないでください。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る