サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » This and that »
公務員がお金を借りる際に気になる在籍確認や電話内容

公務員がお金を借りる場合

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンは多くの方が利用をしており、公務員の方の利用者も多いとされています。安定した収入を得ているために申し込み条件も満たしやすく、手軽で素早い消費者金融はもちろん、低金利の銀行カードローンも公務員がお金を借りる際には人気です。

審査の早さや最短即日融資での素早い借り入れなら、人気消費者金融プロミスアイフルあたりに注目で、低金利で借りたい場合には安心の銀行からの借り入れとなるソニー銀行カードローンオリックス銀行カードローンイオン銀行カードローンなどの利率を抑えて借りられる商品を見ておきたいものです。

どのキャッシングやカードローンを利用するとしても、公務員でも誰でも、お金を借りる際には在籍確認が必要となります。確認の方法こそ借り入れ先によって異なる場合はありますが、在籍確認が無い借り入れは存在しません

手続きの流れや在籍確認の方法を知っておくことで、公務員の方も安心して消費者金融や銀行からお金を借りる、カードローンキャッシングの利用が出来るようになるでしょう。

公務員の在籍確認方法

公務員の在籍確認

基本的な話となりますが、現在の消費者金融からの借り入れは、貸金業法の総量規制によって年収の3分の1までに限られています。収入が無い、年収がゼロでは借りられませんが、公務員であれば安定した収入を得ているはずですので、利用先は消費者金融でも銀行でも、幅広く選択が出来ます。

希望内容によって選ぶ借り入れ先が変わりますが、少額の10万円程度を早くに借りたいのであれば、消費者金融が良いでしょう。まとまった金額を低金利で借りる、他社からの借り換えなどを考えている場合には、銀行のカードローンを検討してください。

利用先が決まったら申し込みを行い、順番は業者によって前後はしますが、契約前に在籍確認や本人確認が行われます。本人確認はそのまま本人への電話での確認をする場合が多く、携帯電話へ連絡が来ます。電話に出れる状態であれば対応すれば良いですが、仕事で対応が出来なかった場合には折り返し電話をかけてください。

問題となるのは在籍確認で、在籍確認とは簡単に言えば職場に在籍をしているか、申し込み内容に虚偽の記載は無いかを確認するものとなります。多くの場合は消費者金融や銀行の担当者が直接、職場への電話連絡を行い、申し込み者本人がいるかの確認の電話をかけます。

このときの電話の内容は別ページの在籍確認の電話内容にある通りに簡単なものであり、ほとんどは担当者が個人名で連絡をしてくれるので、金融会社からの連絡であるとは分からないようにしてくれます。しかし、見知らぬ個人から会社への連絡が入ると、公務員の方は怪しまれてしまう可能性もあります。

電話での確認で問題が無ければスムーズですが、出来れば電話はかけてほしくないと考える方は、一度相談をしてみましょう。

書類による在籍確認で借りる

必ず対応が可能となるとは言えませんが、公務員で在籍確認電話をされると困る方はコールセンターに連絡をいれ、相談をしてみましょう。銀行のカードローンでは対応が難しい場合が多いですが、消費者金融の大手サービスであれば、申し込み内容や審査状況によっては、電話ではなく書類による在籍確認を行ってくれる場合もあります。

もちろんその分だけ申し込みに必要となる書類は増えますが、職場への電話連絡が入ると困る公務員の方は、相談をしてみるだけの価値はあります。相談をしたからと言って審査に不利になるわけではありませんし、大手の消費者金融ならコールセンターも通話料が無料としているところが多いので、電話代もかかりません。

相談するだけならタダですので、公務員がお金を借りるにあたって、電話の内容や在籍確認に対して不安を抱えている方は、まずは聞いてみると良いでしょう。書類による対応が可能であれば職場へばれずにキャッシングの利用も出来るようになるので、安心してお金が借りられます。

電話や郵便物無しで借りられるモビットのWeb完結では、いくつかの利用条件と必要書類を満たすと、本人への電話連絡も無くキャッシングの利用が出来るようになります。

強い公務員としてのブランド

消費者金融も銀行も、お金を貸す前には審査を行います。審査で重視がされる点は様々ですが、その中でも大きなポイントとして「安定性」があるとされています。

収入がどれだけ安定しているか、収入を安定させるための職種かなどは審査の際に見られており、不安定な登録型の日雇い派遣などの方は、収入があっても審査では大きく不利になるのです。

その点、公務員の方は安定の面で見れば大きな強みがあります。収入はもちろんですが、公務員の肩書きは非常に強く、収入の安定性の面では問題は無いと言えます。だからと言って公務員なら必ず審査に通るわけではありませんが、日雇いの派遣者などに比べると、不利にならずに審査を受けられるのです。

ただ、いくら公務員でも、審査にほぼ確実に通らない場合があります。大きな審査落ちとなる原因を挙げるとすれば、「借り過ぎ」「返済のトラブル」「信用情報の問題」となります。返済のトラブルと信用情報の問題は似た内容となりますが、若干ながら異なる点があるので分けています。

公務員が審査を受ける際の注意点は、他の職種の方と同様です。申し込み前によく確認をし、不利にならないように審査を受けてください。

公務員の審査で注意をしておく点
公務員のキャッシング審査

それぞれの項目を簡単に見ていくと、「借り過ぎ」に関しては単純に収入に対する借金が多すぎる場合です。いくら安定している公務員でも、年収の3分の1以上を借りていては消費者金融からは借りられませんし、対象外となる銀行であっても、それほどまでに多くの借り入れを抱えていては審査は厳しくなります。

「返済のトラブル」は他社の利用がある方で、返済の遅滞や不足による入金などが行われてしまっている場合です。過去に僅かな期間の数日程度の遅れが1~2回あった程度なら消費者金融の審査では大きな影響は及ぼしませんが、申し込み段階で他社の返済が正常に行われていないと、審査に通ることはほぼ無いと考えておきましょう。

最後は「信用情報の問題」で、過去に大きな返済の遅れや債務整理を行い、信用情報機関事故情報が記録されている場合には、当然ながら審査では大きなマイナスとなります。また、返済は正常に行われていても、直近で複数社に申し込みをしている場合も、信用情報ではネガティブに扱われます。

信用情報はカードローンキャッシングを利用する上で、非常に重要な点となります。過去の利用状況が記録されているのはもちろん、直近6ヶ月以内の申し込み情報、正確には貸金業者や金融機関の照会情報が記録をされます(CICの場合)。

そのため、ここ半年間で何十社も申し込みをしていたり、或いは数日の間に何社も同時に申し込みをしていたりすると、所謂「申し込みブラック」と呼ばれる扱いとなり、審査では大きく不利となります。

収入に問題が無い公務員で、返済の遅れや不足が無く、しっかりと支払いをしていても、直近での多重申し込みをしてしまうと消費者金融の審査にすらも落ちてしまう可能性が高くなるのです。

お金を借りる申し込みは、何社も同時に受けるのは避けるべきです。しっかりと吟味をし、1社に絞って申し込みをすれば、不利にならずに審査を進めてくれるようになります。

余計な電話を避けるために

キャッシングやカードローンは借りたら終わりではなく、返済を進めていかなければなりません。返済日を過ぎても入金が無ければ、確認のために携帯電話への電話連絡が入ります。電話に出ない、対応をしない場合には自宅や職場に電話がかかってくることもあります。

安心して公務員の方がお金を借りるためには、まずは借りる金額を少額にし、余裕のある返済が出来るようにしなければなりません。多くのお金を借りればそれだけ返済の負担は大きくなるので、少額利用ですぐに返せるような金額の方が、安心が出来るのです。

また、借り入れ先の選択も重要です。例えば消費者金融から借りるとすれば、消費者金融一覧を見ても分かるように、貸金業者からお金を借りるにしても様々な業者やサービスがあります。その中から借りるところを選ぶのですが、まずは大手の信頼が出来る消費者金融にすると良いでしょう。

銀行から借りるならネットで手続きが出来るところがよく、来店不要で借りられれば休憩時間にスマートフォンからでの手続きが出来ます。また、在籍確認が電話でしか行えない場合にも、かかってきた電話を自分自身で取るといった対応も可能です。

現在のカードローンキャッシングは何かと便利で、より手軽に素早く利用が出来るようになっています。申し込みの仕方や時間によっては平日だけでなく、土日も即日融資で利用が出来るところもありますので、急ぎで借りたい公務員の方は、様々な情報の確認をすると良いでしょう。

手軽に素早く借りたい公務員の方は、まずは大手の消費者金融から確認をし、低金利で借りたい場合には、銀行のカードローンを見てください。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る