サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » This and that »
車を担保にしてお金を借りる車金融の存在と仕組み

車でお金を借りられる車金融とはどういったものか

車を担保にお金を借りると聞くと、自動車ローンがまず思い浮かぶでしょう。自動車ローンを提供しているところには、ディーラーやクレジット会社、銀行などがありますが、何れも自動車を購入するための資金を、自動車を担保にして借りるものです。

ところが、同じ自動車を担保にするにしても、その目的が自動車の購入に限られないものがあります。

それが「車金融」と呼ばれるものです。車金融は、その名の通り車を担保にお金を借りるものです。自動車ローンの場合、それが自動車の購入に限られてくるものですが、車金融ではお金の使い道は原則自由です。どんなことに使っても構いません。

では、車金融を使うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

審査も比較的簡単で多くのお金を借りられる可能性

車でお金を借りる

車金融のメリットとして第一に挙げられるのは、多くのお金を借りられる可能性がある点です。車金融では、車の価値に応じてお金を貸してくれるのですが、担保となる車の価値が高ければ高いほど、単純に借りられる金額も大きくなります。

消費者金融で100万円借りようとしても、審査や総量規制の関係もあり、大変なものです。しかし、車金融ならば車の価値次第で1,000万円を借りるのも、決して難しくはありません。

また、車金融では車を担保に設定しますので、返済が滞ったのであれば、担保である車を没収すれば良いだけです。消費者金融でお金を借りる際には保証人も担保も設定しませんので、その分だけ審査が厳しくなります。担保の有無の差によって、車金融の審査はあまり厳しくないのです。

審査が厳しくないとは言っても、あくまで貸し付ける本人に対する審査の話であり、担保にする車に対する審査は厳しく行われます。いくらの価値があるのか、しっかりと見るのです。

車金融についてのいくつかの疑問点や不明点

車金融に関して、いくつかの疑問がある方も多いことでしょう。

ローンが残っている車でもお金を借りられるのか、担保となる車は質屋のように預けなければならないのか、などです。一先ず、この2点について見ておきます。

まずはローンの残債についてですが、これは業者によって対応が分かれます。基本的には残債が残っている自動車であっても、お金を借りることは可能です。ただし、あまりにも残債が多額である場合には、融資金額とのバランスによって断られる場合もあります。

続いて担保となる車の扱いについては、結論から言えば預ける必要はありません「乗ったまま現金融資」などのような看板を見たことがある方もいるかと思いますが、その言葉の通りとなります。

質屋でお金を借りるときには、お金を借りている間は質草を質屋に預けることとなっています。しかし、車金融の場合には、最近では担保となる車に乗ったままお金を借りられるようになっています。これならば、日常生活も車検のときにも安心です。

しかし、車に乗ったままお金を借りるのと、車を預けてお金を借りるのとを比較すると、後者の方がより多くのお金を借りられる傾向にありますので、そこは頭に入れておきましょう。

車種や名義はそこまで拘らない場合も多い

トラックでもOK

車金融では、高級車の方が多くのお金を借りられる可能性があるのは、言うまでもありません。だからと言って、普通の車ではお金を借りられないわけではありません。

ミニバンであってもセダンであっても、スポーツカーでも軽自動車でも、またはトラックでも大丈夫です。年式が低い車であっても車検が切れている車でも、オートバイであっても、要は担保としての価値さえ認められれば融資可能なところが多いです。

担保とする車の名義についてもそこまでうるさくはなく、主婦の方などは車の名義が自分の名義ではなく、配偶者のものとなっている場合も多いでしょう。そういった場合には、わざわざ名義変更をしてから車金融に持っていくなどとする、面倒な手続きは不要です。

他人名義の車であっても、車金融ではそのままお金を借りることができます。ただしその場合には、名義人の印鑑証明書や委任状、譲渡証明書などが必要となりますのでご注意ください。

車金融の査定金額と売却額を比べて考えてみる

手軽で消費者金融よりも借りやすそうに思える車金融ですが、いくつかの注意点があることも忘れてはいけません。

まずは査定金額です。車金融では査定金額に応じてお金を融資するため、業者の言い値である査定金額は、高級車であっても驚くほど低い額を提示される場合があります。売ってしまえば300万円の価値がある車でも、車金融の場合には30万円50万円程度の査定金額となることも珍しくありません。

業者によって査定金額は異なりますが、基本的には一定の相場の下での金額設定となっているため、他の業者に査定をしてもらったからと言って、爆発的に金額が大きくなることはほとんどありません。

すぐにまとまった金額を返済できる当てがないのであれば、車金融ではなく寧ろ普通に車を売ってしまうことを検討すべきです。普段の生活で車が必要であれば、売却額の中から安い中古車でも買えば良いのです。

車金融最大の罠と言えるリース料に注意
とある業者の条件

担保となる車は、お金を借りている間はずっと預けなくとも、乗ったままでも融資は受けられます。しかし、乗ったままの融資では利用できる金額が少なくなる可能性がありますし、何より、リース料が発生します。「乗ったまま」とは、車金融の業者からその車を貸してもらっている状態なのです。

名義は自分のものであっても、担保として差し出している以上は、あくまで「借りている」立場です。CDでもDVDでも借りればお金がかかりますし、当然ながらキャッシングも借りれば利息が発生します。車金融についても同様で、乗ったまま融資を受ければリース料が日々発生してしまうのです。

車金融の業者は、悪徳業者の割合もなかなかに多く、何かとトラブルや問題ともなります。もちろんまともな業者もあるのですが、不透明な部分も多いために知らず知らずのうちにお金を取られており、結局は大きなをしてしまったり、最悪、車を取り上げられて残ったのは借金だけとなってしまう可能性もあります。

リース料に加えて、貸したお金に対する非常に高い利息を請求するような業者もありますので、お金に困ったとしても、余程のことがない限り利用しないのが賢明でしょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る