サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » This and that »
お金がなくても学生は奨学金制度で学ぶことが出来る

お金はないけど勉強はしたい方には奨学金

最近の大学生は、かつて以上に苦学生であることが多いそうです。昔は親の仕送りを当てにできた部分があったのですが、親の収入が目減りしている状況で、子供の仕送りに満足なお金を送れない親も増えています。勉強したいのにお金がないために勉強を諦めてしまう、そんな学生たちも増えていると言います。

大人になってからも勉強は出来はしますが、学生時代の勉強とはまた意味合いも違ってきます。将来を左右する可能性もある学生時代の学業を、お金が無いからと諦めてしまうのは極めて勿体無いのです。

奨学金制度を使って安心してお金を借りてみよう

お金が無くても学べる奨学金制度

そんな状況下に置かれている学生たちを助けるため、融資を行っているところがいくつかあります。学生の学業のための融資を総称して「奨学金」と呼び、奨学金は通常のお金を借りるのとは異なる意味合いを持っています。

奨学金のコンセプトは「勉強をしたいけれどお金がないために勉強できない。そんな人たちにも機会を均等に与えるべき」というものです。

通常、お金を借りる場合には、借りて翌月にはすぐに返済をしなければなりません。しかし奨学金の場合、在学中にはお金の返済が猶予されるところが多いものです。

もちろん、返済が猶予されている間は利息の支払いも猶予されていますので、在学中は安心して勉強に打ち込み、卒業して社会人となったならば返済をしていけば良いのです。

奨学金は審査が有利

お金を借りる場合に避けて通れないのが「審査」です。金融業者によっては審査がかなりのハードルとなる場合も多く、審査落ちを繰り返してしまう人も多く見られます。

普通にお金を借りる際に、重要な審査基準となるのが「返済に足るだけの収入があるか」です。返済が出来るだけの安定した収入が必ず必要となり、収入が足りないために審査落ちをしてしまうケースも少なくありません。

しかし、奨学金の場合には審査基準が異なります。金融会社と同じように「返済に足る収入があるか」を審査基準にしてしまっては、奨学金を受けるために頑張って働かなければならず、結果的に勉強をする時間が少なくなってしまいます。

「経済的には困っているが、勉強しようとする意欲があるか」が審査基準となっているのが、消費者金融や銀行などの金融機関とは大きく異なるところなのです。

奨学金と保護者の関係

お金を借りるのはあくまでも学生本人ですが、奨学金を利用する際には保護者が連帯保証人となるケースが多いです。保証人が必要な借金をする場合には、連帯保証人が信用情報にネガティブな情報が残っていたり、何らかの問題があるとに極めて不利に働くものですが、奨学金の場合には、親がブラックになっていようが、審査にはほとんど影響しません。

奨学金は世間からのイメージが悪くない

奨学金のイメージ

あくまで世間体の問題に過ぎないのですが、奨学金はイメージが悪くないメリットがあります。最近では若干改善されたとはいえ、消費者金融でお金を借りることはあまり良いイメージを持たれてはいません。

そもそもキャッシングやカードローンの消費者金融にしても銀行にしても、住宅ローンや自動車ローンなど、ある程度まとまったお金を借りる場合を除けば、借金に対する世間のイメージは良くないのが事実です。

あくまでイメージの違いでしかないのですが、奨学金の場合、奨学金でお金を借りていることを公言しても「お金にルーズ」と見られたりはしません。「お金がないのに勉強しようなんて、大したもんだ」と、かえって良いイメージで見てもらえる場合が多いのです。

奨学金の金利は消費者金融や銀行よりも低い

消費者金融でちょっとのお金を借りようものならば、金利は年20%を上限金利とし、大手のアコムであるとしても上限金利は18.0%となります。

高い金利が取られる消費者金融と比べ、奨学金の場合には金利を設定しているところでも年3%以下や、中には借金としては最もお得な金利ゼロとするところもあり、金銭的なメリットは非常に大きいものです。

イメージにしても金利にしてもメリットの多い奨学金ですが、審査も有利とは言っても必ずしも全員が借りられるわけではありません。一応は審査がありますので、審査の結果によっては借りられない場合も出てきます。

卒業までの金銭的な援助をしてくれる役割

奨学金は、卒業までにかかる最低年数しか融資をしてくれないところが多いです。4年制大学であれば、4年間しか奨学金の対象とはなりません。

例えば、1年休学して海外へ語学留学に行っていたとすると、最終年は奨学金の対象外となってしまいます。もちろん、成績が伸び悩んで留年となってしまった場合でも、最終年は奨学金の対象外となってしまいます。

有利な奨学金制度の掛け持ちは出来ない

消費者金融や銀行でお金を借りる場合、A社でお金を借りても、審査にさえ通ればB社で別の借金をするのも決して不可能ではありません。もちろん、10社も20社も並行してお金を借りるのは審査の関係で不可能ですが、2社から3社くらいであれば利用されている方もいます。

一方、奨学金の場合には、Aの奨学金を受けている状態では、Bの奨学金を受けることができないなど、掛け持ちして借りられないようになっている場合が多いです。特に、自治体の奨学金に多く、あれこれと借りられないようになっています。

消費者金融で借りるよりもはっきり言って緩い基準で借りられる奨学金ですが、それでも返済はしっかりと行わなければなりません。あくまで借金であり、利用時には信用情報機関への情報登録もされますので、返済が長期間に渡ってされなければ、所謂「ブラック」とされる事故情報が記録されます。

奨学金は払わずにそのまま放置していると訴訟に発展するケースもありますので、学生時代に助けてもらったお金は、収入を得るようになったらしっかりと返済をするようにしましょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る