サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » This and that »
学生がお金を借りたい場合に利用すべき借り入れ先

学生がお金が借りたいと思うなら学生ローン

学生だってお金がほしい、そんなときもあることでしょう。学生でなければ消費者金融のキャッシングを利用したり、或いは銀行カードローンで借りたりも可能となります。

しかし、学生では大手の消費者金融のキャッシングに申し込むことはできるものの、安定した収入がない学生は必ずしも審査で有利とはなりません。

学生ローンの融資先と融資元

異なる学生のための融資

そんなときに、大いに役に立つのが学生ローンです。学生ローンと似たような言葉に教育ローンがあるのですが、学生ローンと教育ローンには、以下のような違いがあります。

まずどこが融資元となってくれるのかが異なり、学生ローンを融資してくれる融資元は、主に消費者金融です。一方で教育ローンの場合には、銀行などの金融機関、または国などの比較的「お堅い」ところが融資を行います。

誰に対して融資をするかの融資先についても大きな違いがあります。学生ローンの場合、学生本人に対して融資が行われますが、教育ローンの場合には、学生の保護者に対して融資が行われます。この関係は審査にも影響を与え、学生ローンの審査は本人を重点的に見ますが、教育ローンの審査は保護者を中心に調べます。

学生ローンの金利水準に注目

金利に関しては、学生ローンは消費者金融よりも少し金利が低いといった程度で、決して低金利ではありません。一方で教育ローンの場合には、銀行や国の目的別ローンのひとつですので、学生ローンと比べてもかなり金利は低く抑えられています。

ちなみに、学生ローンの融資元が消費者金融のみとなっているのは、諸外国ではあまり見られない現象です。諸外国では、民間の銀行も学生ローンの商品を展開しており、学生本人に対する融資を積極的に行っています。

学生ローン利用時の必要書類と審査

学生ローンの必要書類は、通常の消費者金融と似たものがあります。本人を確認するための書類として、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの提示を求められますが、この中で最も適しているのは運転免許証です。その他、学生ローンならではの必要書類としては学生証があります。

学生ローンは社会人に対しても融資を行っていますが、やはり主力の顧客は学生です。学生であることを証明する書類は必要となるのです。

また、学生ローンだからと言って、全く審査が行われないわけではありません。学生ローンであっても審査は行うのですが、通常の消費者金融とは大きく異なります。

一般的な消費者金融の場合、職場への電話確認は避けて通れません。在籍確認と呼ばれるものであり、申し込み書に記載されている勤務先、アルバイト先に本当に勤務しているかを電話で直接確認するものです。

もちろん、消費者金融の名前を出して在籍確認をするわけではなく、個人名での簡単な連絡とはなりますが、在籍確認が消費者金融の審査では大きな壁となって立ちはだかるのです。

しかし、学生ローンでは電話による確認を不要とするケースもあります。その代わりにしっかりとした申し込み書類の用意と提出が必要となり、限度額も小さくなってしまいますが、安心してお金を借りられるようになっているのです。

学生ローンが利用出来る年齢の制限

学生ローンと人気のある消費者金融の違いとして、他には年齢があります。消費者金融では、未成年に対する貸付を行っていません。社会人であっても未成年に対しては貸付を行わないのです。これが未成年の学生となればなおさらです。

一方で学生ローンの場合、未成年であっても融資の対象者として定めているところが多いため、申し込みをして審査に通りさえすれば、お金が借りられるのです。

学生ローンとネットワークビジネスの危険な関係

このように、学生ローンは他の消費者金融と比べて、様々な条件において有利に働いているとも言えます。ただ、融資条件はきわめて有利であり、それでいて判断能力が必ずしも優れているとは言えない学生に対して融資をするわけですので、悪い考えを持ったビジネスの格好のターゲットとなってしまいます。

最近報告の多い事例として、学生ローンを狙った「ネットワークビジネス」詐欺があります。「ネットワークビジネス」と聞けば、最新のITを駆使したビジネスのようなイメージをしてしまいますが、実際はそれとは真逆、ごく古典的なものです。

所謂「マルチ商法」や「ねずみ講」とされる手口を用いる場合が多く、ネットワークビジネスと学生ローンには密接な関係があるともされています。

まず「おいしい話がある」と誘い文句で、友人などから連絡があります。話を聞こうとすると、説明会に連れて行かれ、そこには多くの参加者がいます。会場では勧誘がしつこく行われ、勧誘が成功するとその足で学生ローンに連れて行かれます。

簡単にまとめてしまえば「ビジネスのためにはお金が必要」といった内容で信じ込ませ、パソコンの購入費用や生活費の名目でお金を借りさせ、ネットワークビジネスへの参加費として借りたお金を取られてしまうのです。

もちろん参加費や登録費用を支払ったところで、結局はマルチ商法やねずみ講であれば、本人が儲かる可能性は限りなくゼロに近いです。結局はお金を騙し取られてしまい、借金だけが残ってしまうのです。

学生ローンは借金である以上、もちろんリスクも伴います。有利な融資条件であることから、甘言も後を絶たないでしょう。学生であるとしてもお金を借りる以上は、気を引き締めて臨みたいものです。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る