サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » This and that »
闇金融の危険性と借りてしまった場合の解決方法

闇金融に潜む危険性とその借金の解決方法について

現代社会において「借金をする」行為自体は何も特別なことではありません。クレジットカードを使用すれば、その時点から借金としてカウントされます。カードを使った後に期日通り、何事もなく指定口座から引き落とされれば、特に意識せずとも借金を返済しているのです。

日々の暮らしの中で、意識のないうちにお金を借りて返済をしていますが、このような借金と返済の繰り返しをしているだけで自然に信用がついていき、やがて大きな借り入れを申し込むときには、有利な情報としての判断材料となります。

「クレジットヒストリー」と呼ばれており、利用者の返済能力を判断する一つのポジティブな情報として扱われるのです。一方、返済が滞るとせっかくの信用を一瞬にして失う危険性あります。

ですから、信用を維持するのはとても大切なことなのです。信用が無くなればカードは使えなくなり、借金も出来なくなってしまうでしょう。もし返済が遅れそうな状況になるのであれば、まずは連絡をして相談をする必要があります。

だからと言って「返済が第一」と思い詰め、どこかから借りなければと考えすぎるのも良くありません。焦って色々な業者に申し込みをしてしまえば、信用情報機関に記録される申し込み履歴が積み重なり、多くの業者で審査で不利になってしまいます。立て続けに審査に落ちてしまうと、更に焦ってしまい、違法な高金利の闇金融から借りてしまう方もいるのです。

返済が遅れるのは良くないのですが、それ以上に良くないのは闇金融にまで手を出すような多重債務です。ここでは、そんな多重債務の人が陥りやすい、闇金融の危険性について考えてみます。

闇金融とはどんなものなのかを知っておく

危険が潜む闇金は使わないようにする

闇金融・闇金・ヤミ金などと様々な呼ばれ方があり、誰もが一度は聞いたことがあると思います。ただ、闇金の言葉は聞いていたとしてもイメージ程度しか持っておらず、「闇金」がどんなものかを知らない人が大勢いますので、まずはそのあたりの確認から行います。

闇金と言えば、法外な金利を吹っかけて根こそぎ回収していくイメージが多いようです。しかし、実際には貸金業の登録をせず、お金を貸して利息を稼ぐ無届けの貸付専門業者のことで、通称「闇金」と呼ばれている金貸しを指します。

彼等は自分たちが決めたルールに納得した人にお金を貸して、利息と元金を回収します。返しているうちはお客様扱いですが、返せないと言い出したら何が何でも回収しようとします。たとえ法的整理や任意整理などで対応しても、元々が法律を守っていませんから、お構いなしに本人や家族にとどまらず、勤め先や知人からでも回収しようとするわけです。

貸金には利息制限があり、民法では最大5%、商法では20%までが限度となっています。ところが闇金では法外な利息を請求し、10万円借りて受け取りは7万円といった具合で、場合によっては利息の先払いとするところもあります。

もちろん契約そのものや利息は貸金業に反していますが、困っているから人に貸している、どこからも借りられない人に貸しているリスクがあるとの理屈をつけて、高額の利息を取り立てているのです。

闇金にも大きく分けて2種類のタイプがあるとされている

法を守るつもりすらも無い闇金

闇金でも良い業者がいると思うのはマンガの世界であって、実際には良い闇金などいません。そもそも貸金業は登録制なので、申請条件を満たしていれば始めることができます。それなのに登録をしないのは、すでに始める時から法を破る予定があるからでしょう。

法律上、個人がお金を貸すときの利息は民法で最大5%までとなり、会社(商業)が貸すのであれば、商法の最大20%となります。ところが貸金業では年利54.75%まで、特例になると最高109.5%の年利設定が可能だった時期があります。

つまり10万円借りると、1年後には20,950円を支払う計算であり、闇金はこれよりもはるかに高い金利を請求するつもりだからこそ、登録せずに闇のままで営業するわけです(いまではグレーゾーン金利の廃止に伴い、これらの高額な金利は廃止されています)。

◆わずかな元金で高金利をかけるタイプ

金利が高いことが分っているのに利用するのは、借りられなくて困っている人だからです。法外な金利を提示する代わりに、貸倒れのリスクがあるブラックな人に貸すという図式です。

弱みに付け込んだ法外な利息を設定し、利息に利息を加算していくような闇金独特の計算方法で金利を膨らませて、最終的にはわずかな元金で数倍の利息を取ろうとするわけです。このような悪徳業者では、とても「人助け」などしているとは言えません。

◆借りる意思がないのに貸して利息を請求してくるタイプ

申し込みもせずに突然お金が振り込まれ、必要なければ数日後に返金してくださいと言ってきます。もちろんその期日を待たずに返金すれば何事もありませんが、わずかなお金ですから期日をまたいで、さあ返そうと思うとビックリするような利息が加算されています。

ただ最初から大きなお金を貸すことはなく、1万円振り込んで10日後に12,000円の請求が来る程度なのですが、この金額は消費者金融の1年間の金利に相当する高額金利なのです。

ところが「たった2,000円」と思い、次にピンチな時にはもう少しとリピートすると、闇金の深みにはまっていくことになります。

いわゆる押し貸しと呼ばれる手法で、貸し倒れリスクが少なく低額ですから、騒ぎになる心配もありません。まさに闇の中で行われている貸金業なのです。

安全で最適とされる闇金の解決法

借りた時にはどこよりも親切で、返せないとなると暴力的な態度で押し寄せてきたとの話も聞く闇金は、借りてしまったらまずは対策を講ずるようにして下さい。返済をして終わらせようと考えてしまうと、上記の「押し貸し」のような手法で無理やりにでも貸し付けてきて、法外な利息請求で返済を延々と迫ってくるような状況もあります。

闇金を利用してしまった場合には、独りで解決できないと自覚するべきです。いずれ家族や会社にも迷惑がかかる可能性もありますので、家族にはなるべく早く伝えると良いでしょう。

闇金相談の際には、債務についてしっかりした証拠を集めることです。必要なのは金銭貸借契約書のようなもので、お金を借りた時に取り交わしてサインをした書類等となります。もしなければ、借りた日、相手、金額を思い出してメモしておく、或いは銀行振り込みで借りた通帳や支払ったときの振り込み明細となります。

次に、法律相談に行きます。弁護士会または司法書士会が主催するものと、お金が無い方のために行政が主催し、弁護士や司法書士に無料で相談できるものがあります。もし近々になければ、「法テラス」であれば無料で相談に乗ってくれ、解決するための専門の弁護士を斡旋してくれます。しかも解決のための弁護士費用がない時には、分割支払いで着手してくれますので、初期費用がかかりません。

肝心の闇金の解決ですが、一番良い方法は弁護士に依頼し、請求先を弁護士にしてもらうことです。弁護士から「○○さんの件については、今後当事務所が代理人となりますので、本人には請求しないように」とするような書類が送られます。

これ以降、朝から晩まで来ていた取り立てが通常であれば一切来なくなります。そればかりか、利息はおろか、法外な金利で貸している闇金に対しては、元金さえ返さなくても良いので、高い利息だけでなく借りたお金さえ返さなくても済んでしまうのです。

闇金には手を出さないようにすべき

やむにやまれず手を出した闇金でも、返済が出来ないとなっても貸した方からすると「少なくても元金は」と思うでしょう。しかし、闇金業者には元金も含めて返さなくて良い裁判所の判例がありますので、あとは弁護士に依頼すれば安心して生活できるのです。

闇金と自覚して借りてしまったのであればそれは大きく反省すべきですが、もし闇金と知らずに借りてしまっていて、気が付いたときには明らかにおかしい利息を請求されていたとなれば、少しでも早く専門家に相談するようにしましょう。

弁護士が介入すると、信用情報がブラックになってしまうのではないかと不安に思われる方もいますが、闇金だけの借金整理なら信用情報には一切の履歴は残りません。あくまで違法業者ですので、信用情報機関の情報の参照や登録はしていないためです。

他に借りている正規の金融会社の整理は依頼せず、闇金だけを片付けてくれる闇金特化の弁護士や司法書士に相談をすれば、他への返済は続けつつ、闇金だけを片付けるのも難しいことではないのです。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る