サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 注目の人気キャッシング »
アコムの借り換えローンで返済負担を楽にしよう

アコムが提供する「借り換えローン」を知る

テレビコマーシャルなどでも目にする機会が多いものと言えば、「おまとめローン」や「借り換えローン」といった商品のものです。よく目にするのは銀行のテレビコマーシャルであり、一見すると銀行の専売特許なのかと思いきや、実際にはそうではありません。

テレビコマーシャルや、各種メディアでの宣伝こそ積極的に行っていませんが、消費者金融大手のアコムでも、貸金業法に基づく借り換えローンを提供しているのです。

アコムの借り換えローンはまずは電話

まずは電話で相談

では、アコムの借り換えローンはどのように利用するのでしょうか。

アコムでキャッシングをするときには、店舗窓口はもちろんのこと、無人契約機の「むじんくん」やインターネット、電話など様々な申し込み方法がありますが、借り換えローンに関しては、それは当てはまりません。

アコムで借り換えローンを利用するためには、まずはアコムのフリーダイヤルへ電話をしなければなりません。他の申し込み方法では借り換えローンを受け付けていないところが、アコムの特徴と言えます。

申し込み前に電話をして、オペレーターの方から申し込みに必要となる書類や、事前にどんな手続きをしなければならないかなどの案内がありますので、しっかりと確認をしなければならないのです。

アコムの借り換えローン申し込みに必要な書類

申し込みはむじんくんでも出来ます

借り換えローンの最初のアクセスこそ電話のみですが、申し込みは店舗窓口や、無人契約機「むじんくん」でも受け付けています。ただし、インターネットや電話には残念ながら対応していません

近くに店舗や契約機が無い、あっても何らかの理由で来店をするのが難しい方は、時間や手間はかかってしまいますが、郵送での申し込みを受け付けていますので、あらかじめ電話でその旨を連絡しておきましょう。

申し込みから契約までで必要となる書類については、まずは本人確認書類が必須となります。原則、運転免許証の提示を求められるのですが、運転免許証の交付を受けていない方は、健康保険証やパスポートでも大丈夫です。

ただし、健康保険証やパスポートの場合、引っ越しをしていると記載された住所と現住所が異なる場合もありますので、そのようなときには、6ヶ月以内に発行された現住所の記載された公共料金の領収書や、または納税証明書などを用意しておきましょう。

次に必要な書類は、収入を証明する書類です。具体的には、源泉徴収票に確定申告書、税類通知書や所得(課税)証明書、そして給与明細書といったものです。いずれも直近に発行されたものに限りますので、しっかりと準備をしておきましょう。

そして最後に必要となるのは、申し込み者本人名義の銀行口座が分かるものと、届出印です。借り換えローンの場合、原則的に返済はカードを使わない口座振替で行われるためです。

アコムのフリーローンとは様々な点で異なりますので、通常のカードローンと同じような手軽な手続きだと思っていると、あれが足りないこれが無いと、契約までに慌ててしまいますので、事前にしっかりと確認と準備をしておくと良いでしょう。

借り換えローンの契約から融資まで

借り換えローン利用まで

アコムの借り換えローンの申し込みは、有人の店舗か無人契約機「むじんくん」で行うため、営業時間内に行かなければなりません。平日は昼間であればほとんどは営業していますが、土日祝日休業日、営業時間外となっています。

ただ、無人契約機「むじんくん」であれば、有人の店舗よりも長い時間の営業となっている場合が多く、さらに土日祝日も稼動しています。平日は仕事で忙しいと方は、むじんくんを利用する手もあります。

店舗にしても契約機にしても、借り換えローンの申し込みが終わると、次に審査が待っています。ちなみに、店舗窓口であってもむじんくんであっても、あるいは郵送であっても、審査は全く同じ基準で行われますので、申し込み方法による差はありません

審査時間は特に問題が無ければ、最短即日その場で審査結果の回答があります。もちろん、審査落ちしてしまう可能性も、無いわけではありません。

審査に無事に通過すれば、実際に融資が行われます。この場合の融資は通常のキャッシングとは異なり、自分の手に現金が届くわけではありません。基本的に借り換えローンの融資は「他社の借金の精算」となります。

精算をするのはアコム側で、申し込み者の名前を使って、他社へ借金の振り込み精算を行います。なぜこのような形を取っているのかと言えば、借り換えローンの名目で借りたのに、他社の借金を清算せず、そのまま借り換え目的で借りたお金を、自分の好きなように自由に使ってしまう方が多いためです。

もちろんそのような行為は認められず、場合によっては総量規制を超える貸し付けとなってしまう場合もあります。アコム側もそのあたりは注意、警戒をしていますので、自分での清算を希望する場合には、他社清算書類の提出が必要となります。

申し込み方法による違いはないのか

審査に関しては、どんな方法で申し込んだとしても違いはないと前述しましたが、審査以外のことに関しては多少の違いがあります。それは返済に関してです。

毎回の返済金額は、店舗窓口や郵送で申し込んだ場合には、貸付金額の1%以上が返済金額となります。つまり、100万円の貸付があるとすれば、10,000円以上は毎回、返済しなければなりません。

一方、無人契約機の場合には、2%もしくは1.5%以上となります。100万円の借り換えの場合であれば、毎回の返済金額は15,000円20,000円以上でなければいけないのです。借り換え額が多い場合には、店舗窓口や郵送のほうが、ゆとりある返済ができることになります。

返済期間と回数に関しても、申し込み方法によって違いがあります。店頭窓口や郵送の場合、借り入れ日から最長で13年7ヶ月の期間で、返済回数は2回から162回となっています。

無人契約機では、先ほどの毎回の返済金額によって、返済回数や金額が異なります。2%以上の場合、借り入れ日から最長で8年、返済回数は1回から95回までとなります。1.5%以上の場合、借り入れ日から12年3ヶ月までで、返済回数は1回から146回までとなります。

返済の期間や回数の点から見ても、店頭窓口や郵送での申し込みの方が、ゆとりある返済ができるのです。

アコムの借り換えローンで得をするケース

借り換えローンやおまとめローンを利用する最大のメリットと言えば、低金利のローンで借り換えを利用することによって、返済の合計金額を低く出来る点にあります。その点だけ、金利面だけを考えると、銀行のおまとめローンや借り換えローンは魅力的です。

例えば、銀行での借り入れとなり、おまとめローンや借り換えローンとしても使えるイオン銀行カードローンBIGであれば、金利は年3.8%~13.8%とする低金利となっています。

一方でアコムの借り換えローンは、100万円以下であれば、借り換えやおまとめでの適用金利は多くの場合で年18.0%です。18.0%の金利であれば他社も同じ金利であることが多いため、利息の軽減も期待できずにメリットはあまりありません。

それどころか、わざわざ手続きの面倒な借り換えローンを利用をすることで、余計な手間がかかってしまうデメリットすらあります。

しかし、アコムの借り換えローンであっても、得をするケースがないわけではありません。それは、100万円以上の借り換えをするケースです。100万円以下だと金利が年18.0%ですが、100万円以上であれば、年15.0%を上限とした金利まで下がります。

たとえば、3社合計で200万円の借金をしていた場合に、年18.0%の金利と、年15.0%の金利で返済シミュレーションで比較をしてみましょう。80回で完済をするようにして試算をしてみると、前者の場合は最終的に1,447,709円、後者の15%の金利では1,175,446円の利息となります。80回で完済とする試算であれば、最終的な利息負担が3%の金利の違いで30万円以上にもなるのです。

しかし、高額の借り換え融資を受けるのであれば、借り換え対応の銀行カードローンも選択肢に入れるべきでもあります。審査基準の問題はありますが、より低金利で借り換えが出来る最短即日審査回答のオリックス銀行カードローンも考えてみると良いでしょう。
オリックス銀行カードローンは口コミでも評判が良い

自身の状況で考えてみたい借り換え先

審査基準に関しても、一般的なカードローンやキャッシングで比較すると、銀行の方が消費者金融よりも厳しいです。借り換えローンやおまとめローンに関しても同じことが言え、銀行の低金利ローンに比べれば、まだアコムの借り換えローンの方が、基準としてはマシであると言えるでしょう。

金利面のメリットは小さくても、とにかく借り換えをしたい、返済日を1ヶ月に1回にしたいのであれば、アコムの借り換えローンでもメリットは大いにあります。

アコムの借り換えローンは、宣伝をしていないのであまり知られてはいません。しかし、よく考えて使う人が使えば、十分にメリットを享受できるローン商品です。

ただ、そのためには通常のカードローンよりも面倒となる手続きや、基準の高くなる審査をクリアしなければなりませんので、自身の状況を加味して考え、申し込み前にじっくりと検討してみましょう。

トップへ戻る