サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 注目の人気キャッシング »
プロミスの使い方と借り入れに必要な審査時間を確認

プロミスなら最短で申し込み当日に借りられる

即日融資も可能

消費者金融のキャッシングを利用する際には、やはり気になるのが審査時間や融資の対応速度です。早くに借りたいからこそ消費者金融のキャッシングに申し込むわけですので、すぐに借りられないと意味が無いと感じる方も多いでしょう。

プロミスなら銀行振り込みによる来店をしない場合なら平日14時までのWeb契約で、近くの自動契約機まで行くのであれば14時以降でも土曜日や日曜日でも、最短で当日中のカード発行と借り入れも可能となります。

すぐに借りたいときに役立つプロミスは、平日の昼間だけでなく夕方や夜でも、または週末でも手軽にネット申し込みからの契約機での手続きでお金を手にすることが出来ます。緊急で現金が必要になった場合でも、週明けの銀行営業日を待つことなく、スムーズに借りられるのは利用者にとっては大変助かる点であると言えるでしょう。

プロミスの審査時間や利用条件の概要
審査時間 最短30分回答
対応時間 9時~21時(土日祝祭日も同様)
利用条件 20歳以上69歳以下で安定した収入がある方
融資時間 最短1時間融資

プロミスの基本はネット申し込みから

ネットで申し込み

プロミスのキャッシング申し込みは、ネットでも店頭窓口でも契約機でも、または電話やFAXでも行えます。どの方法でも審査基準などについての違いは見られないため、ライフスタイルや希望にあわせた内容で申し込みが出来ますが、最近ではネットによる手軽な審査申し込みが主流となっています。

ネットであればパソコンだけでなくスマートフォンからも24時間手続きができ、審査回答時間は曜日を問わずに9:00~21:00となっているため、朝でも夜でも少しの空いた時間に審査の申し込みだけをしておけば、あとはプロミス側が審査を行ってくれます。

店頭窓口や自動契約機の場合ではその場で審査結果が出るのを待たなければなりませんが、ネットで審査結果はメールや電話で伝えられますので、時間も手間も無駄にせずに審査回答が待てるようになっています。

申し
込み
方法








利点・欠点
Web申し込み 入力ミスに注意
最も手軽で進めやすい
来店申し込み 契約機なら早い
見られる可能性
電話申し込み × 正確に申し込める
手間と時間がかかる
郵送での申し込み × × 書類の郵送が手間
初回利用までが長い

申し込みを進める上で知っておきたい点

ネットで審査を受けたからと言って、契約もそのままWeb上で行わなければならないわけではありません。審査結果がOKであれば、その後の契約方法は好きなように選ぶことが出来ます。

店舗にも契約機にも行きたくないのであればそのままWeb契約をし、どうしても急ぎで今日中に借りたいのであれば、即日融資がより現実的になる自動契約機でのカード受け取りが良いです。

どちらにしてもネットでの申し込みで手続きを進めますが、プロミスでは入力項目が少ない「カンタン入力」による進め方と、必要事項をネットで全て入力する「フル入力」の二つの申し込み方法がありますので、申し込み前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。

「カンタン入力」はネット上での入力項目が少なく、一見すると素早く手続きが進められそうに感じますが、実際には異なる場合が多いです。ネット上で入力をしていないその他の項目に関しては、かかってくる電話で口頭にて伝えることとなります。

電話に出られなければ審査に時間がかかってしまい、どこからの電話かが分からずにそのままにしてしまえば、悪戯の申し込みと判断されて取り下げられてしまう可能性もあります。

また、「カンタン入力」は通常のWeb申し込みとなる「フル入力」に比べて、電話の回数が増える点にも注意が必要です。電話を嫌う方、できればプロミス側からの電話は少なくしたいと考える方は、フル入力による手続きを進めると良いでしょう。

フル入力であれば必要な情報はネット上で入力しますので、不備や何らかの確認事項が無い限りは手続きも素早く進みます。詳しくは入力項目が少ない申し込み方法のメリットとデメリットでご確認ください。

「カンタン入力」は電話がかかってきてもいつでも対応ができる、電話での申し込みにも抵抗がない、ネット上での入力に不慣れでじっくりと進めたい方のための申し込み方法と言えます。

契約機よりもネット審査がおすすめの理由

「どうせ契約機まで行ってカードを受け取るなら、そのまま契約機で申し込みもすればいいじゃないか」と考える方もいるかと思いますが、たしかにそれはその通りです。しかし、ご存知の通りプロミスでもどこでもキャッシングは申し込みをした方の全てが借りられるわけではなく、審査結果によっては融資不可となってしまう場合もあります。

お金を借りたい、借りられると思ってわざわざ契約機まで行って申し込みをして審査を受け、審査の結果が出るのをその場でじっと待ち、いざ結果が出て「融資NG」となってしまったら、果たしてどう感じるでしょうか。契約機まで行った手間、審査を待った時間を返してほしいと、やり場の無い怒りや悲しみにも包まれてしまうものです。

対してネット申し込みであれば、パソコンやスマートフォンから画面を見ながら申し込みをするに留まり、審査結果も画面をじっと見つめて待つ必要はありません。申し込み内容に従ってプロミス側で審査を行い、結果はいつの間にかにメールで届いている場合が多いため、仮に審査落ちとなってしまっても契約機まで行く手間も時間も無駄にすることは無いのです。

人気
★★★★★
プロミス
はじめてのキャッシングでの方でも安心の大手消費者金融キャッシングサービス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
いつでもどこでも24時間ネットで申し込める便利なプロミスは、最短30分回答の素早い審査のほか、申し込み前に簡単な借り入れ目安が確認出来る「3秒診断」、初回契約時にお得に借りられる30日間無利息キャッシングサービスなど、利用者にとってはメリットの大きな借り入れも可能となっています。契約後に発行されるカードについては、コンビニや銀行のATMなどで幅広く使えますので、どこにいても役立つ頼れるキャッシングがプロミスの特徴とも言えます。
人気
★★★★★
レディースプロミス
女性の方でも申し込みがしやすい女性オペレーターが対応するプロミスのサービス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短即日
女性専用のレディースプロミスは申し込み条件などは通常のプロミスのキャッシングと変わりは無く、パートによる安定した収入のある主婦の方、年齢を満たすアルバイトによる同じく安定した収入のある学生の方でも利用可能です。もちろん内緒での借り入れもでき、在籍確認時にも本人以外にはプロミス名を出すことはありませんので、不安な方は事前に「カード会社からの確認の電話が来る」と伝えておけば、特に怪しまれることなく確認の電話をやり過ごせるでしょう。

郵送物無しでも借りられる

プロミスは契約機で素早くカードの受け取りができますが、カード自体を不要とするカードレスのキャッシングサービスも可能となっています。カードの有無が選択できるようになっており、カードレスでの手続きを進めるのであれば、プロミス側からの郵送物は不要での契約となります。

また、アイフルアコムといった他の大手消費者金融では審査時に勤務先への直接の電話連絡を行いますが、プロミスの場合には電話での在籍確認に対しては申し込み完了後にすぐに電話にて相談ができるため、要望や希望を伝えることができます。

申し込みの内容や審査の結果によってはご希望に添えられない場合もあり、カードレスで手続きを進める際にはいくつか気をつけておきたい点もありますので、申し込みの進め方をWeb完結で郵送物無しでキャッシングを利用するでしっかりとご確認ください。

プロミスなら他の消費者金融のWeb完結とは異なり、下に挙げている瞬フリのサービスを利用すれば土日でもインターネットで振り込みの借り入れが可能です。カードがなくても便利に借り入れも返済も行えますので、郵送物が届くと困る場合には、カードレスの選択を進めてみると良いでしょう。

カードレスで契約をしたとしても、後日にカードの発行を受け付けてもらえます。契約機まで取りにいけば自宅宛の郵送物も無いので、安心してカードが受け取れます。

24時間最短10秒で振り込みも可能

便利なプロミスの瞬フリ

カードを使ったその場でのすぐの借り入れは当たり前ですが、プロミスの場合には銀行振り込みによる借り入れでも時間をかけずに借り入れも可能です。独自のサービスである「瞬フリ」と呼ばれるもので、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すると、24時間最短10秒でお金が振り込まれます。

非常に手軽に素早く借りられる便利な振り込み融資ですが、メンテナンス時間や利用出来ない時間帯も存在しますので、瞬フリの詳しい内容につきましてはプロミス公式サイト上でご確認下さい。

しっかりと確認をしてから利用を行えば、他の消費者金融で借りるよりも便利で素早いキャッシングの利用も可能となります。

大手の消費者金融であっても、土日や祝日を含めて時間外の銀行振り込み融資に対応しているところはほとんどないので、平日の夕方や週末に素早く借りたい方でもプロミスなら安心です。

瞬フリで土日や14時以降でも来店不要即日融資

時間や曜日を問わずに最短10秒で口座にお金が振り込まれるプロミスの瞬フリは、申し込みをしたその日のうち、契約当日にも利用出来るようになっています。申し込みをして審査に通過し、各確認事項が完了し、契約、そして口座の登録をすれば、他所では不可能とする土日での当日中に来店不要で即日融資が利用できるのです。

無利息サービスで返済も安心

キャッシングに利息はつきものです。当然ながらプロミスでもお金を借りれば金利や借り入れ金額、借りた日にち分の利息が発生しますが、初回契約時においては30日間の期間限定ではあるものの、利息無しの無利息キャッシングも可能となります。

利用条件も特に難しい内容ではなく、メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録(明細書をWeb上で見れる便利なサービス)をするだけです。

どちらも登録や利用に一切の費用は発生しませんので、デメリット無く30日間の無利息キャッシングが利用出来るのです。大変お得なプロミスの特典のため、借りる際にはぜひ利用しておきましょう。

また、無利息期間が過ぎた後は利息が発生する返済となりますが、プロミスでは借り入れ金額10万円までなら4,000円、20万円までなら8,000円が月々の最低返済額となるため、計画的に無理のない支払い計画で返済が進められます。あまりにも金額が大きいと借りても返せないなどの状況に陥ってしまいますが、プロミスなら安心です。

余裕のある月には多めの入金もでき、プロミスでは借り入れ残高によって利息が変わりますので、多くの金額を払って元金を減らしておけば、将来的な利息の削減にも繋がります。

最低返済額だけだとなかなか完済が近付かないものですが、お金が余った月の翌月や、臨時収入があった月などは、少し上乗せしてのプロミスへの返済をしておくと良いでしょう。

借入残高 約定返済金額 返済期間
50,000円 2,000円 3年以内
100,000円 4,000円 3年以内
200,000円 8,000円 3年以内
300,000円 11,000円 3年以内
400,000円 11,000円 5年以内
500,000円 13,000円 5年以内

少ししか返済ができない方でも利用可能

プロミスの毎月の約定返済金額は借り入れの残高によって決まるため、毎月に返せるお金が限られている方であるとしても、借りる金額を抑えれば問題なく利用が可能となります。

収入や支出の関係で毎月の返済は5,000円が精一杯といった方でも、上の返済金額一覧の約定返済金額を見てみると10万円の借り入れで4,000円の返済、さらに余裕を持つなら5万円の借り入れで2,000円ずつの返済でプロミスの利用ができます。

たとえ限度額が20万円や30万円であるとしても、借り入れの残高が大きくならなければ約定返済金額は抑えられるので、5,000円までの返済ならできるといった方は多くても10万円までの利用に留めておけば無理のない範囲での借り入れとなります。

プロミスは消費者金融の中でも少額利用時の約定返済金額が抑えられているので、少しずつの返済までしか行えない方に適する借り入れ先となります。金利面では優れている三井住友銀行みずほ銀行のメガバンクのカードローンと比べても、以下の表の通りプロミスは少額利用時の約定返済金額は少ないのです。

借り入れ先 5万円借入時 10万円借入時 20万円借入時 30万円借入時
プロミス 2,000円 4,000円 8,000円 11,000円
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
2,000円 4,000円 6,000円
三井住友銀行
カードローン
10,000円
みずほ銀行
カードローン
10,000円
オリックス銀行
カードローン
7,000円

プロミスは毎月の返済金額が少ないとは言っても、銀行に比べると金利が高い点には注意が必要です。同じ返済金額で支払いを続けても、金利の差によって最終的な支払い総額が変わってくるので、余裕があるなら多めの入金をするなど積極的な返済を進めておくと良いです。

だからと言って無理な計画で返済を進めようとしてもうまくいかないので、あくまで余裕がある範囲で返せるときには多めに返しておくようにすれば、銀行に比べて金利負担が大きくなりがちなプロミスであっても賢く利用ができるようになります。

▼銀行は審査基準が厳しい点に注意

金利を見ればプロミスよりも優れているのが銀行のカードローンですが、いくら金利に優れていても借りられなければ意味がありません。金利が低くなるほどにカードローンの審査基準は厳しくなるとされているので、返済金額だけを見て選ぶのではなく、自身の収入や信用情報などを考慮して借り入れ先を選ぶようにしましょう。

アルバイトやパートの方でも対応

プロミスは自身で安定した収入を得ている20歳~69歳の方であれば、アルバイトやパートの方でも利用可能です。上にあるような低金利の銀行カードローンではアルバイトの審査通過は難しいですが、消費者金融であれば借りられる可能性があります。

ただ、アルバイトやパートであれば誰でもというわけではなく、安定した収入や年齢の制限などの最低限の条件があります。条件を満たせないと審査の通過は期待ができないので、申し込み時にはしっかりと確認をするようにしてください。

専業主婦では借りられない

プロミスの利用条件には「本人の安定した収入」が含まれているため、自身で収入を持たない専業主婦の方では利用ができません。イオン銀行などの一部の専業主婦対応銀行カードローンであれば配偶者の安定収入で専業主婦の方でも借りられますが、プロミスでは対応をしていません

パート収入でもあれば主婦の方でも利用はできるのですが、配偶者の収入のみとなる専業主婦ではプロミスの利用条件が満たせません。申し込みを行っても無駄なので、専業主婦の方がお金を借りたい場合には対応をする銀行カードローンでの借り入れを考えてください。

プロミスだけに限らず、大手の消費者金融ではほぼ全てが専業主婦への貸し付けは行っていません。貸金業法では配偶者貸し付けの制度で専業主婦への例外的な融資を認めてはいますが、大手消費者金融各サービスでは専業主婦を融資対象としていないので貸し付けは行っていないのです。

しっかりと確認をして正しく使う

プロミスのカードローンキャッシングは、早い審査と最短即日融資も可能となる頼れる対応で、困ったときに助かります。ただ、消費者金融であるために金利負担は決して軽いとは言えず、利息も銀行からの借り入れに比べるとどうしてもかさんでしまいます。

メールアドレスとWebでの明細交付利用登録での初回30日間の無利息サービスをうまく活用することや、余剰資金があれば任意での返済を進めるなどで負担は減らせるので、計画的にプロミスのキャシングを利用して暮らしに役立てるようにしたいものです。

利用条件や契約内容をよく確認し、正しく借り入れと返済を行えばキャッシングで失敗をすることもなくなるはずです。自身の収入と支出からのバランスを考え、借り過ぎないように適度なキャッシング利用を心がけるようにしましょう。

トップへ戻る