サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 注目の人気キャッシング »
ゼロファーストの金利や支払いと今後の借り入れの方法

ゼロファーストのキャッシング

ゼロファーストはかつて丸井の消費者金融事業として広く業務を行っていた個人向けキャッシングサービスですが、現在では新規の申し込みを受け付けていません。そればかりか、現在ゼロファーストと契約をしている方も、借り入れは既に停止がされているため、今後のキャッシング利用も行えません

借りている方はゼロファーストへの返済をするだけとなり、対応するATMなどで毎月の支払いを進めることとなります。ゼロファーストの金利は昔のグレーゾーン金利時代からさすがに下がり、上限でも18.0%となっています。消費者金融の中では目立って高いわけではありませんが、返済専用となるのは非常に不便です。

契約中の方が他のキャッシングを新たに借りるとしても、総量規制の問題があるので借りられるとは限りません。ただ、ある程度の収入や安定性があれば、借り換えローンとして銀行のカードローンが使える可能性もあります。

もちろん手軽に借りる最短即日融資に対応する消費者金融を見た上で、借り換えに対応をするソニー銀行カードローンイオン銀行カードローンオリックス銀行カードローンなども見ておくと、借り入れの幅も広がります。

ゼロファーストとエポスカード

ゼロファーストのキャッシング

ゼロファーストは同じく丸井のエポスカードと合併をしたため、今後の利用においてはエポスカードがすすめられます。ただ、エポスカードはクレジットカードのため、どちらかと言えばゼロファーストのようなキャッシングとして使うよりも、丸井をはじめとする各支払いに使うクレジット機能がメインです。

クレジットカードもキャッシングも両方とも使いたいと考えるなら、エポスカードが適する可能性もあります。しかし、大手消費者金融のアコムでも同様にキャッシングもショッピングも利用が出来るアコムマスターカードの発行を行っており、キャッシングをメインとして考えるのであればアコムの方が便利とも言えます。

また、今でこそエポスカードの名となっていますが、前進は「赤いカード」です。赤いカードと言えば未成年者や収入を持たない方、不安定な方にも積極的にカードを作成させるなど、当時は非常に評判の良くないカードであったのも事実です。

当時と現在では様々な取り巻く環境が変わっているので、エポスカードは赤いカード時代ほどに簡単にカードが作れるものではありません。しかし、返済に関する対応などは本質的には変わっていませんので、カードの作成は慎重にならざるを得ません。

ゼロファーストの高い金利

エポスカードに合併がされたゼロファーストは、金利を見てみると上にも書いたように他の消費者金融金利と比較をしても、特には高い水準ではありません。ただ、それはあくまで上限金利の話であり、ゼロファーストの金利は実質年率で15.0%~18.0%となるので、プロミス4.5%~17.8%などと比べれば高く見えます。

消費者金融での借り入れの場合には初回は基本は少額となるので、大体は上限金利が適用されます。10万円や20万円程度の枠なら利用をする消費者金融の上限金利、ゼロファーストなら18.0%の適用となっています。

ただ、利用中の増額などによって限度額が上がる場合には、金利は下がります。100万円を超えると上限金利は15.0%と決められているため、ゼロファーストの金利も100万円以上の限度額設定においては15.0%としています。

100万円を超える枠なら低い金利で借りられたゼロファーストですが、100万円未満の利用では18.0%より下にも、100万円以上の利用でも15.0%以下の金利にはなりません。ゼロファーストの金利は100万円未満なら18.0%、100万円以上なら15.0%の二つの金利設定しかないため、同じ限度額でも審査結果によって金利が変わることはありません。

他の消費者金融で借りる場合、人気のある消費者金融ランキングに出てくるような大手の借り入れ先の場合には、ゼロファーストのように固定といったわけではなく、審査の結果次第では金利が細かく変わります。

他社での利用が少ない、収入が多く安定しているなど、消費者金融側から「優良顧客」と判断されうる場合には、より好条件で借りられるのがゼロファーストと他の人気消費者金融の大きな違いなのです。

初回利用においては大体はどこも17.8%や18.0%の実質年率が適用されますが、今後の継続をした利用を考えるにあたっては、適用金利が一律となっていない方が好都合です。

ゼロファーストの過去の金利
過去の高い金利

一昔前までのグレーゾーン金利時代にゼロファーストを利用していた方は、適用金利が最大で27.0%となっています。当時は多くの消費者金融で18.0%と29.2%の間での貸付を行っていたので、ゼロファーストで借りていた方も非常に高い金利が取られていた可能性があります。

その当時からモビットなどの一部の消費者金融では、金利戦略などによって上限金利は現在と同水準となる18.0%での貸付を行っていたところもあります。しかし、ゼロファーストでもそうですが、多くの消費者金融ではグレーゾーンとされる金利帯でのキャッシングとなっていたのです。

過去にゼロファーストを利用していた、長い期間に渡って返済を行っていた、今は完済しているの条件が揃う方は、デメリットを抑えた過払い金の請求がゼロファーストに対して行えます。

過払い金は払いすぎた利息を返してもらう正当な手続きとなり、既に完済をしている債務に関する過払い金であれば、過払い金計算の間に支払いを止めてしまい、大きな遅れとなって信用情報にネガティブ情報が記載される心配もいりません。

過払い金の請求だけなら債務整理とは異なり、信用情報には傷は付きません。ゼロファーストの過払い金請求は、過去に利用していた方にとっては特に問題なく行えるのです。

ただし、ゼロファーストの過払い金請求で注意をしておきたいのは、法律事務所への依頼です。依頼をすると何かとお金がかかり、更には過払い金を返還してもらうと成功報酬として戻ってきた過払い金の何割かを持っていかれてしまいます。

過払い金の請求依頼をすると数万円、ゼロファーストの過払い金が20万円あったとしても成功報酬で4~5万円ほども取られるなど、お金を返してもらうだけのはずが、何かと費用がかかってしまうのが法律事務所での手続きです。

ゼロファーストに払いすぎた利息を戻してもらうだけであり、たしかに手続きは難航する可能性もありますが、出来るのであれば自身で進めた方が良いでしょう。今ではネット上でも過払い金の計算が出来るフォームやソフトも数多くあるので、初心者の方でも問題なく行えるようになっています。

ゼロファーストに払いすぎた利息があるかを確認するためには、取引履歴を開示する必要があります。合併されたエポスカードに連絡をし、履歴の開示を請求してください。

ゼロファーストの残債をどうするか

今後、ゼロファーストのカードは借りたお金の返済をするだけとなります。今後に数年間かけて高い利息を払いながら返済をしても、限度額が増額されることも、金利が引き下げられることもありません。ただただ返済をするだけなので、利用者にとってははっきり言って何らメリットの無いカードとなってしまいます。

ゼロファーストから他のカードローンへの借り換えが出来れば良いですが、他にも借り入れがあるなどの理由で難しい場合には、おまとめローンの利用や優先的にゼロファーストから完済をするようにした方が良いです。

他の借り入れ先への返済は毎月最低限で進め、ゼロファーストだけは多めに支払いを進めていけば、自然と先にゼロファーストだけが完済出来ます。今後の利用においてもメリットが無いゼロファーストを完済できれば、トータルでの利用残高が減り、他社での借り換えやおまとめも利用しやすくなります。

また、借り換えとして消費者金融や銀行のカードローンを利用する際には、全額の借り換えには足らない金額であるとしても、とりあえずはゼロファーストから完済をすべきです。今後に繋がらない利息の支払いばかりをしていても何の意味もありませんので、ゼロファーストを利用中の方は、まずはゼロファーストから完済をすると考えておきましょう。

ゼロファーストで借りている金額を、同金利で他の消費者金融に乗り換えるのも有効です。金利が変わらないとしても、今後の増額や金利引き下げの可能性もありますので、他の消費者金融の方が将来的に考えるとメリットが大きくなるのです。

トップへ戻る