サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
消費者金融のカードを便利にお得に使うための借り方

消費者金融で契約後に発行されるカード

消費者金融に申し込みを行い、審査に通過をして必要な手続きを済ませ、契約まで完了をさせるとほとんどの場合でカードが発行されます。カードレスとなるモビットのWeb完結や、一部でカードの郵送を断れる例外的なものもありますが、基本としては消費者金融はカードを使ってお金を借ります。

お金を借りるだけでなくカードを使った返済も行え、対応をするATMでカードを利用すれば銀行口座からお金を引き出す、預け入れると同じような形となり、初めての消費者金融の方でも特に戸惑わずに利用が出来るようになっています。

便利で使いやすい消費者金融のカードですが、便利な反面で注意をすべき点もいくつかあります。借りる前に知っておかないと後々で自分自身が困る可能性があるので、よく確認をしておきましょう。

また、消費者金融のカードは年会費も入会金も無料となりますので、次の記事も合わせて確認をしてください。
年会費も入会金も無料で契約が出来るカードローン

気をつける点もある消費者金融のカード

消費者金融の便利なカード

大手の消費者金融で消費者金融ランキングでも上位にある借り入れ先では、発行がされたカードが様々なATMで使えるようになっています。借り入れ先の消費者金融のATMだけでなく、提携をする金融機関やコンビニのATMで利用が出来ます。

銀行のキャッシュカードと同じ感覚でカードを使い、限度額内でお金を借り、返済期日までにATMに入金をして返済をするといった流れは、慣れすぎるとお金を借りている感覚を失います。借金が癖になってしまう可能性があり、限度額内で繰り返し借りられる消費者金融のカードの便利さに慣れすぎてしまうと、どうしても借金が大きく増えてしまいがちです。

限度額に空きがある状態でカードが財布に入っていれば、お金に困ったときには申し込みや審査を受ける必要なく、いつでも必要な分だけ借りられます。消費者金融のカードは急な出費にも頼れる1枚となりますが、利用においては借りすぎないよう、借金をしている感覚を失わないように気をつける必要があるのです。

手数料負担に注意するカードの利用

金融機関やコンビニのATMで消費者金融のカードが使えるとは言っても、利用の際には手数料がかかる場合がほとんどです。大手の消費者金融は大体は1万円以下の利用で100円と消費税、1万円を超える利用時には200円と消費税の手数料負担となり、どこで借りるにも同様に手数料がかかります。

もちろん借り入れ時にも返済時にも手数料がかかり、1万円を超える金額でATMでお金を借りて、1万円を超える金額で返済を行えば、手数料だけで200円と消費税の負担となってしまいます。

ただ、プロミスでは三井住友銀行のATM利用はいつでも手数料を無料としていることや、消費者金融ではない銀行のカードローンであれば、提携ATMなら手数料が終日無料とする商品もあります。有名なところではオリックス銀行カードローンがあり、全国に設置の提携ATMで手数料がいつでも無料となるのでお得です。

また、同じく銀行のカードローンとなりますが、ソニー銀行のカードローンも一部ATMで利用の仕方次第では手数料が無料となるので、カードを便利に使っていくためにも手数料の負担についてはシビアに見ておくと良いでしょう。

一度あたりの出費は決して大きくはないATMの利用手数料ですが、積み重なると大きな金額となってしまいますので、カード利用時には注意をしておくべきです。

消費者金融のカードをなくした場合は
カードの紛失時には

財布を落としてしまった、カードをどこに保管していたか分からなくなった、消費者金融のカードをなくしてしまったかもしれないといったときには、なるべく早めに借り入れ先のコールセンターや専用のダイヤルに電話をし、カードの停止の手続きをしてもらいましょう。

カードの利用には暗証番号が必要ですが、簡単に連想が出来る暗証番号にしていると、カードが第三者に悪用されてしまう可能性もあります。カードの利用停止とすれば見付かった後にすぐに使えるようにはならない不便さはありますが、悪用されてしまうリスクを考えれば、カードがなくなったとなればすぐにでも停止をすべきです。

逆に、消費者金融のカードを拾った場合には、カードの裏面に書いてあるコールセンターに連絡をしてあげてください。大した物ではありませんが、粗品がもらえる場合もあります。

大手消費者金融アコムのカードの裏面にも、「このカードを拾得された方は直ちに当社までご連絡ください。(薄謝進呈)」と書かれているように、カードを拾ったと連絡をすると、ちょっとした物がもらえるのです。

いらないのであれば住所も名前も名乗らずにカードを拾ったことだけを伝えれば良いですが、消費者金融のカードをなくして困っている方、なくしたと気付いていない方がいるかもしれませんので、拾った場合には早めに連絡をしてあげると良いでしょう。

間違っても拾ったカードを使おうとしたりはしないでください。どこのATMでの監視カメラは四方八方についており、立派な犯罪行為となりますので、人生を棒に振る可能性すらもあります。

カードはなくさないように注意する

消費者金融のカードは、なくさないようにしっかりと保管、管理をしなければなりません。銀行のキャッシュカード同様に重要なものとなり、お金に関わるものとなるためにその辺に置いておくなど、なくしてしまうような管理の仕方は避けるべきです。

なくしても停止をして再発行をしてもらえば良いと考える方もいますが、消費者金融のカードは再発行の際に手数料が発生する場合がほとんどです。多くは300円と消費税の実費負担となりますが、アイフルのようにウェブサイト上では手数料の具体的な金額が記載されていないところもあるので、消費者金融のカード再発行時にはしっかりと確認をするようにしましょう。

消費者金融のカードは持っていれば何かと便利で助かるものですが、扱いには様々な面で気をつけておかなければなりません。手軽に使えるからと借りすぎないようにし、適度な利用に留めることも大事です。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る