サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
キャッシュカードでカードローンを利用したい場合

ばれたくないカードローン利用

カードローンはその名の通りにカードを使うローン商品となり、個人が生計費の範囲内であれば何度でも借りられる便利なサービスです。ATMでカードを使うほかに、インターネットでも借り入れや返済が行えるので、困ったときには素早く現金が用意できます。

ただ、カードローン利用時にはどうしても周りの目が気になります。ATMの操作を覗き込んでまで見てくる方はいませんが、財布の中にローンカードが入っているのを見られてしまうと、カードローンの利用がばれてしまいます。

なるべく内緒でカードローンを利用したいと考えるなら、専用のローンカードが発行されるタイプではなく、キャッシュカードでお金が借りられる銀行のカードローンを利用すると良いでしょう。

キャッシュカードでカードローン

キャッシュカードでお金を借りる

一部の銀行では、口座開設時に発行されるキャッシュカードを使ってカードローンの利用ができるようになっています。使い方は何も難しいことはなく、ATMにキャッシュカードを入れ、限度額内でお金を借りるだけです。

返済に関してはカードローン機能をつけているキャッシュカードの通帳からの引き落とし、お金に余裕があるときにはキャッシュカードを使った任意の返済も可能です。

キャッシュカードで使えるカードローンは専用のローンカードが発行されるタイプと比べて、利便性で劣る部分は特にはありません。劣るどころかカード1枚で通帳内のお金のやりくりもカードローンの利用もできるため、1枚で2役の便利なカードとなります。

メガバンクのカードローンなら全国対応

キャッシュカードでカードローンが利用できる銀行はいくつもありますが、メガバンクのカードローンは金利や限度額面で優れており、更に日本全国来店不要でも対応が可能となっているために人気です。

キャッシュカードでカードローンの利用を行うためには口座の開設が必要となりますが、メガバンクの手続きはネットと郵送で進められますので、近くに店舗がない地域の方でも問題ありません

契約後の利用は、例えば三井住友銀行のカードローンなら三井住友銀行のキャッシュカードを使ってATMで借り入れや返済を行うだけなので、周りから見れば三井住友銀行の口座からお金を引き出す、または預け入れているようにしか見えません。

また、何らかの理由で財布の中のカードが見られたとしても、そこにあるのは三井住友銀行のキャッシュカードです。消費者金融プロミスアイフルなどのローンカードとは違いますので、カードの券面を見られただけでは借り入れは分からないようになっているのです。

銀行からの借り入れなら安心感の面でも強いので、カードローンを初めて利用をする方、女性の方でも取っ付きやすい良さもあります。

3大メガバンクのカードローンの選び方

メガバンクのカードローン

3大メガバンクとされる三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行はともにキャッシュカードでカードローンの利用ができますが、三菱東京UFJ銀行だけは他の銀行と比べて若干ながら異なります。

三井住友銀行もみずほ銀行もカードローンの申し込み時にキャッシュカードでの利用が選択できますが、三菱東京UFJ銀行の場合にはキャッシュカードで利用するタイプと、専用のローンカードを発行するタイプで商品が異なります

TVCMでも見かける三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、キャッシュカードで利用するタイプではなく専用のローンカードが発行されるカードローンです。もし三菱東京UFJ銀行でキャッシュカードを使ったカードローンの利用をしたいのであれば、バンクイックではなく「マイカードプラス」の商品となります。

三菱東京UFJ銀行のマイカードプラスは金利は年14.6%、限度額は30万円と少額融資に留まるため、ある程度の金額が必要な場合には物足りなさが残ります。

対して三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなら、大きな金額までキャッシュカードでのカードローンに対応をしているので、急な出費時にもまとまった借り入れにも利用が可能です。

普段から三菱東京UFJ銀行を利用していて少額の借り入れで良いのであれば、マイカードプラスも便利です。しかし、大きな金額を借りる予定、なるべく低金利で借りたい方は他の銀行も見ておきましょう。

三井住友銀行のカードローンに注目

キャッシュカードで利用をするカードローンをメガバンクで利用をするなら、上記の理由から三井住友銀行かみずほ銀行のカードローンを考えてみると良いです。どちらも来店不要で契約まで進められますので、忙しい方でも時間をかけずに手続きが可能です。

さらに絞り込むとすれば、土日の対応状況や審査時間にも着目してみましょう。みずほ銀行カードローンは土日の審査は行っていませんが、三井住友銀行カードローンは受け付けています。

また、専用のカードを発行する手続きの場合となりますが、三井住友銀行カードローンではローン契約機を使うと最短即日でのカード発行も可能となります。キャッシュカードでのカードローン利用にはこだわらずに急ぎで借りたい方には、三井住友銀行カードローンが適しています

別ページで三井住友銀行カードローンの金利や返済金額などの詳しい情報を掲載していますので、申し込み前にしっかりと確認をしておきましょう。

三井住友銀行カードローンの詳細情報はこちら

【金利】年4.0%~14.5% 【契約極度額】最高800万円
ネットでの審査回答は連絡可能時間の9:00~21:00の間であれば、最短30分の早い対応が魅力の頼れるカードローンです。

借り過ぎ使い過ぎには注意する

キャッシュカードでカードローンの利用ができると、お金を借りているといった感覚を失いがちになります。限度額内ならたしかに自由に繰り返し借りられるのがカードローンの良さですが、あくまでそのお金は借金であり、自分のお金ではありません

借りれば利息をつけて返済をしなければならず、いくら低金利の銀行カードローンとは言っても多くを借りれば利息の金額も増えてしまいます。また、借り入れ残高が増えれば毎月の返済金額も大きくなるので、月々の支払いも負担となります。

専用のカードではなくキャッシュカードで借り入れや返済ができるのは便利で役立ちますが、その分だけしっかりとした計画を持ち、余計なカードローン利用をしないとする自制心も必要です。

手元にお金があればあるだけ使ってしまう方は、カードローンも限度額があればあるだけ使ってしまう可能性があります。それでは返済で困ることとなりますので、希望限度額を小さくするなどの工夫をすると良いでしょう。

よく考え計画的に使えば便利なキャッシュカードでのカードローンも、余計な借り入れを重ねれば自分自身が苦しむこととなります。そうならないためにも、借り入れは必要最低限に留めるのが基本中の基本となります。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る