サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
誰でも利用ができるわけではないキャッシング

誰でも利用ができるわけではない

消費者金融と聞くと手軽に簡単にお金が借りられると感じる方もいますが、それはあくまで契約後の話であり、誰でも借りられるわけではありません貸金業法が改正されてからは消費者金融も利用条件が厳しくなり、申し込み条件を満たせずに利用ができない方も増えています。

消費者金融なら誰でも簡単に借りられると考えて申し込みを行うと、思わぬ審査落ちで資金繰りの計画が狂ってしまう場合もあります。申し込みをする前に消費者金融の利用における最低限の条件、必要なポイントを抑えておきましょう。

消費者金融の利用に必要なこと

消費者金融の利用条件

消費者金融は古くはサラリーマン金融などとも呼ばれており、サラリーマンに限らずですが収入を持つ方を対象としたサービスとなっています。アルバイトやパートでも毎月の安定した収入を得ていないと利用の対象とはならず、申し込みも受け付けてもらえません。

収入は自身で得ている必要もあり、配偶者の収入のみとなる専業主婦の方では、消費者金融のサービスは利用できません。専業主婦の方は消費者金融ではなく、三菱東京UFJ銀行のメガバンク提供のカードローンとなるバンクイック、ネット銀行のソニー銀行じぶん銀行のカードローン、イオン銀行カードローンといった対応をするサービスを利用することとなります。

その他、消費者金融も銀行も共通をしますが、各借り入れ先で定める年齢の条件を満たしている必要もあります。

人気の消費者金融であるプロミスモビット、TVCMでもお馴染みのアイフルアコムといった大手の消費者金融では20歳~69歳の範囲が利用対象となりますが、銀行の場合には上限年齢が65歳までとなっているオリックス銀行のカードローンなどもあります。

大手の消費者金融の利用に限れば本人に安定した収入があり、年齢が20歳~69歳までであればとりあえずの利用条件は満たせることとなりますが、それでも必ずしもお金が借りられるとは限りません。借りられるかは最低限の利用条件を満たした上で、審査の結果によって決定されるためです。

審査に落ちれば利用ができない

どこでもカードローンの審査基準は明確ではありませんが、一般的には収入があっても安定をしていない方、返済ができていない方、他社の利用や申し込みが多い方は利用ができないとされています。

収入があっても不安定となるのは、例えば日雇いの派遣などでいつ仕事がなくなってもおかしくない、自身の気分や都合で仕事をしたりしなかったりできるような状況の方を指します。

ネット上には「派遣登録だけしておけば無職でも審査に通る」などと書かれているものもありますが、そんなことはあり得ません。無駄な申し込みはデメリットしか引き起こさないので、収入が安定していない方の申し込みは控えてください。

返済ができていない方は説明をするまでもありません。他社の利用があるのはたしかにマイナス材料ではありますが、総量規制で定めるラインや極端に借り入れが多いといったわけでもなければ、審査に通る可能性はあります。

しかし、他社の返済が遅れてしまっているなどの正常な入金ができていない方は、新たに貸付を行っても返済ができる見込みが無いと判断され、審査にはほぼ確実に落ちるでしょう。

また、他社の利用が多すぎたり、信用情報機関に半年に渡って残る申し込みの履歴が多い方も、消費者金融も銀行も利用ができない可能性が高くなります。同時に何社も何サービスも申し込みをしたり、審査に落ちたからと立て続けに申し込みをするのは、状況を悪化させるだけです。

その他にも各サービスで定める審査基準をクリアする必要があります。銀行はもちろん、消費者金融も誰でも利用ができるわけではないのです。

学生や主婦でも利用が可能
主婦でも借りられる

ここまでの内容を見ると、消費者金融の利用は非常にハードルが高く感じられるかもしれません。しかし、一定の条件さえ満たせば、消費者金融は学生主婦でも利用が可能となります。

学生にしても主婦にしても、上に挙げた年齢の範囲内で、且つアルバイトやパートによる安定収入があれば利用が可能です。学生でも主婦でも誰でもといったわけではありませんが、逆に言えば条件さえ満たせば消費者金融は多くの方が借りられる可能性があるのです。

銀行にしても同様で、低金利となるので学生の方は難しいですが、主婦の方でも配偶者の安定収入やパート収入でみずほ銀行のMyWyng地方銀行ながら全国対応の静岡銀行カードローンのセレカ、頼れる金利が魅力の東京スター銀行カードローンなども利用が可能となります。

誰でも利用ができるとするのは間違いですが、条件さえ満たせば誰でも利用ができる可能性があるのが、消費者金融や銀行のカードローンキャッシングです。借りるところによって条件も違いますので、どこから借りるかを金利限度額以外にも、様々な点で見ておくと良いでしょう。

誰でも借りられるところはおかしい

通常、どこで借りるにもしっかりとした利用条件を満たし、審査基準をクリアし、正しく契約をしてキャッシングの利用をすることとなります。しかし、それはあくまで正規のサービスを利用する場合であり、未だに目に耳にする闇金融の場合には話が別となります。

闇金融はそれこそ誰でも利用ができるような違法な貸付を行い、法外な利息請求と暴力的な取り立てや嫌がらせを行ってきます。借りてしまうと大きなトラブルとなるのは確実なので、絶対に利用をしないようにしてください。

今ではネット上でも闇金融と思われる内容の売り文句も見かけますので、怪しいと感じた場合には、申し込みはしないようにしましょう。一度でも関わってしまうと自分自身だけでなく、家族や会社、場合によっては近所の方にも迷惑をかけることとなりますので、闇金融には関わってはいけません

闇金融は正規の消費者金融と誤解をさせるように、屋号を大手の信販系業者に似せるなどをしている場合もあります。名前だけで信用できるかを判断せず、上限金利は守られているかなどもしっかりと確認をしてください。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る