サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
教育資金として借りるならカードローンか教育ローンか

教育資金として借りるなら

入学金や授業料など、何かと多くのお金がかかるのが教育資金です。月々の支払いであれば何とかなっても、まとまった金額を支払わなければならない教育資金においてはどうしても困ってしまう場合があります。

足りない教育資金を借り入れてまかなうとすると、思い付くのが教育ローンやカードローンです。教育ローンは主に銀行などの金融機関が提供している場合が多く、教育資金としての利用であれば幅広く使える目的型のローンとなります。対してカードローンは目的を特に問わない自由な借り入れが可能で、もちろん教育資金としても利用が可能です。

どちらの借り方でも教育資金としての利用ができますが、それぞれのローンにはメリットとデメリットがあります。利用における利便性にも違いがあるため、教育資金としての借り入れをどちらにするかを考えるなら、教育ローンとカードローンの違いをまずは知っておきましょう。

教育ローンとカードローンの違い

教育ローンかカードローンか

教育ローンは目的型のローンとなり、簡単に言えば住宅ローンマイカーローンと同じような形となります。申し込み時に資金使途が明確になる書類などを用意し、手続きを進めます。

必要となる書類は借り入れ先によって異なりますが、目的型のローンとなる教育ローンでは定められた範囲内の教育資金としての利用が明確になる、何らかの書類を用意しなければなりません。例えば入学金として借りるのであれば学校のパンフレットなど、金額や用途が確認できる書類が必要です。

対してカードローンは自由なローンとなり、申し込み時には資金使途を証明する書類の提出は必要ありません。教育ローンと同様に免許証などの本人確認書類と、借り入れ金額次第では収入を証明する書類が必要となります。ただ、銀行でのカードローンでは数百万円まで収入を証明する所得証明を不要とするものがあるので、教育ローンよりも用意すべき書類は大幅に少なくなります

申し込み時の手軽さではカードローンが有利となりますが、教育ローンにももちろんカードローンよりも勝っている部分があります。それは、金利を含めた返済の負担です。

教育ローンは金利が低い

一般的に目的型のローンは用途に縛られているために金利が低く設定されており、教育ローンでもカードローンに比べると低金利となっています。同じ銀行での借り入れでも教育ローンとカードローンでは金利に大きな開きがあり、金利負担を最優先して借りたいのであれば教育ローンでの借り入れが候補に挙がります。

教育ローンにしてもカードローンにしても人気の借り入れ先をそれぞれ見てみると、金利の違いは以下のようになっています。ざっと見ただけでも、教育ローンがカードローンに比べてどれだけ金利が低いかが分かります。

借り入れ先 教育ローン カードローン
イオン銀行 年2.80%~3.80%
(年2.80%は最優遇金利)
年3.80%~13.8%
住信SBIネット銀行 年1.775%~
3.975%
年1.89%~7.99%
(プレミアムコース)
三井住友銀行 有担保型:年2.975%
無担保型:年3.475%
年4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行 年3.975%
(ネット受付専用)
年1.8%~14.6%
(バンクイック)
みずほ銀行 変動金利:年3.475%
固定金利:年4.150%
年3.0%~7.0%
(エグゼグティブプラン)

変動金利の商品は金利の見直しがされます。最新の金利情報につきましては、各金融機関の公式サイト上でご確認ください。
みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」の年3.0%の金利は、住宅ローン利用における年0.5%の金利引き下げ後の利率となります。

下限金利だけを見ればカードローンは教育ローンとは金利差が無いように見えますが、銀行でのカードローンは限度額や極度額によって金利が変わるため、借り入れの金額が大きくならないと下限金利での適用とはなりません。

例えば2000万円の借り入れとすれば教育ローンは金額問わずに上記のような金利の適用となりますが、カードローンの場合にはイオン銀行であれば年8.8%、三井住友銀行であれば年10.0%~12.0%といったように、それぞれ定められた金利の適用となります。

教育資金としてカードローンで大きな金額を借りれば金利は低くなりますが、少額の利用となると教育ローンとの金利差は大きくなるので、金利を重視して借りたい方は注意が必要です。

教育資金としてカードローンの利用を行うとしても、10万円や20万円といった少額での借り入れとはならない場合が多いので、カードローンでもある程度の金利の低下は期待できます。

カードローンとの金利差に注目

金額によって金利が変わるカードローンで、いくらぐらいの借り入れとなると教育ローンとの金利差が小さくなるかを知っておけば、借り入れを検討する際の教育ローンにするかカードローンにするかも決めやすくなります。

カードローンには教育ローンには無い大きなメリットがあるので、カードローンで教育ローンとの金利差がそこまで大きくないのであれば、教育資金としての借り入れでカードローンを利用するのも悪い選択ではなくなります。

以下に利用枠に応じた金利をまとめていますが、大体の目安として500万円程度の借り入れなら教育ローンの最も高い金利との差は小さくなり、借り入れ先にもよりますが300万円程度の借り入れで教育ローンの最高金利との差は4%前後となります。

金利差がそこまで大きくならない大体の目安となる金額を知っておき、教育資金として借りるのは教育ローンかカードローンかを決めるようにすると良いでしょう。

借り入れ先
カードローン
100万円
以下
200万円
以下
300万円
以下
400万円
以下
500万円
以下
イオン銀行
カードローンBIG
年8.8% 年7.8% 年4.8%
住信SBIネット銀行
プレミアムコース
年7.39%~
7.99%
年5.79%~
6.99%
年4.69%~
5.99%
年4.39%~
4.99%
三井住友銀行
カードローン
年12.0%~
14.0%
年10.0%~
12.0%
年8.0%~
10.0%
年7.0%~
8.0%
年6.0%~
7.0%
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
年12.6%~
14.6%
年9.6%~
12.6%
年7.1%~
9.6%
年6.1%~
7.1%
年1.8%~
6.1%
みずほ銀行
エグゼクティブプラン
- 年7.0%
引下後6.5%
年6.0%
引下後5.5%
年5.5%
引下後5.0%
年5.0%
引下後4.5%

みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」の引き下げ金利は、住宅ローン利用が条件となります。

金利差を埋めるカードローンのメリット

大きな金額での借り入れでないと金利差があるカードローンは、教育資金としての利用にはメリットがないように思えます。申し込みが教育ローンに比べて手軽であるとは言っても、それ以外にメリットがないのであれば教育資金して借りるなら教育ローンで決まりともなります。

しかし、カードローンには申し込み以外にも、契約後の利用における大きなメリットがあります。教育ローンとは異なる利用内容となるカードローンでは、一度きりの借り入れではなく限度額内で何度でも借りられる利便性の高さが魅力です。

審査の結果によって決められる限度額はカードで使える利用枠となるため、例えば限度額が300万円でカードローンの契約を行った際には、100万円を借りているとしても200万円までは再申し込み不要で追加で借りられます。

満額の300万円を借りた後でも返済をした分は再び借りられるので、困った時に追加で素早く借りられるのがカードローンの大きなメリットとなるのです。

資金使途の申告も必要ない

カードローンは申し込み時には資金使途の入力をする欄がありますが、追加で借りる場合には申告の必要はありません。カードを使ってATMで、またはインターネット上の会員メニューから銀行振り込みによる借り入れを行うので、何に使うかを言うまでもなく素早く借りられます。

今後も継続してお金が必要そうなら

追加で借りるならカードローン

まとまった教育資金としての利用だけでなく、今後に継続してお金が必要になる状況では、一度きりの借り入れとなる教育ローンよりもカードローンが便利です。

教育資金としての利用だけでなくその他の用途にも幅広く使えるため、教育資金で少し無理をしてしまって手持ちのお金が無くなってしまったときに、普段の生活費としての借り入れも可能となります。

審査の結果によって決められる限度額は、何も満額まで一度に借りなければならないわけではなく、限度額がいくらであっても必要な分だけを借りれば良いので、枠に余裕を持たせておけば必要なときに必要な分だけ借りられます。

限度額を空けておけばレジャーなどの費用としても、お金が必要になれば再申し込み不要でカードローンでの借り入れができますので、便利さを重視して選ぶならカードローンが大きく有利となるのです。

銀行のカードローンであればカードが使える提携ATMも多く、借り入れ先によってはATM利用手数料が無料となるために余計な費用無く借り入れや返済が行えます。

フリーローンでの教育資金の借り入れ

カードローンの他に自由な用途で借りられるフリーローンがありますが、フリーローンで教育資金の借り入れを利用するなら、素直に教育ローンの利用を考えた方が良いです。フリーローンはカードローンとは異なり追加での反復利用ができないので、カードローンのようなメリットがありません。

そもそもフリーローンは目的型ローンと同じような使い方となり、用途がフリーとなるだけです。生活費でも車の購入や教育資金など目的を問わずに借りられるローンで、一度に融資額を全て借り入れ、後は返済を進めていくだけとなります。

フリーローンと教育ローンは目的が自由か教育関連の費用に限られるかの違いでしかなく、教育資金としてのみで借りるならフリーローンを使うメリットは薄れます。自由な用途で教育資金を含めた借り入れをしたいのであれば、限度額内で再申し込み不要で繰り返し借りられるカードローンの方が便利です。

借り入れ先にもよりますが、カードローンもフリーローンも銀行であればそこまで金利に違いが無い場合もあります。カードローンとフリーローンの両方を用意しているイオン銀行を見てみると、イオン銀行カードローンBIGの金利は年3.8%~13.5%、フリーローンであるイオンアシストプランの金利は年3.8%~13.5%とほとんど違いは無いのです。

借り入れの金額によってはカードローンよりもフリーローンの方が金利が低くなる場合がありますので、詳しくは各金融機関の公式ウェブサイト上でご確認ください。

審査に通るかの大きな問題

どのローンにも言えることですが、どんなに条件に優れているとしても審査に通らないと意味がありません。審査に通過をして借りられないとローンの意味が無く、教育ローンでもカードローンでもフリーローンでもまずは審査通過を考えなければなりません。

一般的に金利が低い商品ほど審査基準が厳しくなるとされており、教育ローンに関しても教育資金という明確な用途があるとしても、無担保型である場合には審査は厳しくなります。いくら教育ローンの金利に優れているとは言っても、審査に通らずに借りられないといった可能性もあります。

だからと言っていきなり金利が高い借り入れを考える必要はありませんが、教育ローンの審査に通らなかった場合には、一つ妥協をしてカードローンで教育資金を借りるといった選び方も間違ってはいません。

カードローンの審査基準には優れるものの、さすがに消費者金融の金利となると高いですが、銀行のカードローンならいくらか負担も抑えられるので、金利を重視して借りたい場合も安心です。

ただ、教育ローンもフリーローンもカードローンも、短期間に集中して申し込みを行うと審査に不利になる可能性があります。申し込みの履歴が信用情報機関に半年間は蓄積されるため、あれこれと手当たり次第に申し込みを行うと、一定期間はどこからも借りにくくなる場合があるのです。

ネットでの来店不要の手軽な申し込みができるとは言っても、なるべく余計な申し込みは控えるようにし、借りられる見込みがあるローンを選ぶと良いでしょう。

それなりの水準で安定した収入があり、信用情報に問題がなければ銀行のカードローンでの利用は十分に可能となりますが、教育ローンの利用となると難しい場合があるので注意が必要です。

どのローンも利用は計画的に

教育ローンとして借りるにしても、フリーローンやカードローンで教育資金を借りるとしても、利用においては計画が重要となります。いくら借りていくらずつ返済をしていくのか、利息の負担はどの程度なのかもしっかりと確認をしなければなりません。

借りることばかりを見てしまうとローンで失敗をしてしまう可能性があるので、返済に困らないようにするためにも収入と支出から考え、バランスの良いローン利用ができるようにしておきましょう。

返済までを考えた借り入れであれば、多少は金利が高くなるカードローンであっても安心して借りられるようになります。教育資金としての借り入れを進める際には利用計画をしっかりと持ち、今後の返済をスムーズに無理なく進められるようにしてください。

金利に優れる教育ローンであっても、計画的な利用ができなければ返済が大きな負担となります。毎月の最低額となる約定返済額だけでなく、繰上げ返済が可能かまでも確認をしておけばより安心です。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る