サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
申し込みブラックの対処法と対応策を理解しておく

ぜひとも避けたい「申し込みブラック」

お金を借りるにあたって絶対に避けたいのが、「ブラック」として扱われてしまうことです。ブラックの言葉は多くの方が知っていますが、その中に「申し込みブラック」と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか。

通常の債務整理等を行った際のブラックである事故情報とは異なる申し込みブラックについて、今後の審査のために知っておくと良いでしょう。

そもそも申し込みブラックとは何か

申し込みブラックを知ろう

「申し込みブラック」は、短期間のうちにいくつもの申し込みをしている人を指し、消費者金融はもちろん、銀行のカードローンやクレジットカードなども含まれてしまいます。

申し込みブラックとなってしまうと、キャッシングやカードローンの審査を受けても借りることができない、もしくは審査に非常に通りにくくなってしまいます。

申し込みブラックと聞けば、お金にルーズな人な印象がありますが、これまでキャッシングやカードローン、クレジットカードなどとは縁のなかった人や、延滞をせずにきちんと貸金業者からのお金を返済して来た人でも、申し込みブラックになる可能性はあります。

一見すると腑に落ちない申し込みブラックですが、お金を貸す側の立場に立ってみると納得がいくものです。

例えば、お金を借りたいAさんとBさんがいるとしましょう。Aさんが「お金を貸してほしい」と言ったのはあなた以外にもたくさんいます。一方で、Bさんが「お金を貸してほしい」と言ったのはあなただけです。

あなたはどちらにお金を貸そうと思いますか?恐らくですが、多く方はBさんでしょう。Aさんに関しては、あなた以外のほかの人にもお金の無心をしている事実を考えると、よほどお金に困っているのだろうと勘繰ってしまいます。お金に困っている人にお金を貸したら、戻ってこない可能性もありますので、Aさんには貸したくは無いものです。

「あなた」を「貸金業者」に置き換えてみれば、納得がいきます。他の貸金業者に対しても借り入れの申し込みをしている人は、よほどお金に困っている人か、借りた途端に行方をくらますかもしれません。そういった要注意人物に対しては、あらかじめ申し込みブラックと扱ってブロックをしておくのです。

実際に「申し込みブラック」とする何らかの記述や記載があるわけではなく、一つのネガティブに扱われる傾向にある情報の事実を申し込みブラックと呼んでいます。

申し込みブラックの仕組み

ここでもうひとつ疑問に思うことが、「どうして他の貸金業者やクレジットカード会社に申し込みをしたことが分かるのか」です。

その理由は信用情報機関にあります。貸金業者やクレジットカード会社がユーザーから申し込みを受けると、業者は信用情報機関に照会をして、申し出があったユーザーの情報を信用情報機関から見られる仕組みになっています。

では、信用情報機関から、申し込みに関してどのような信用情報が開示されるのでしょうか。

信用情報機関にはいくつか種類があるのですが、そのひとつであるCICの場合、申し込み情報として、「登録元会社」(申し込みを受けた貸金業者のこと)、申し込みをした人の「氏名」「生年月日」「電話番号」「照会日時」「照会区分」「申込区分」などの情報が開示されます。

貸金業者が特定のユーザーの情報開示できるのは、そのユーザーから申し込みがあったときだけ、または別途同意があったときだけと決まっています。申し込み情報の件数が多ければ多いほど、そのユーザーは多くの貸金業者に申し込みをしている証になってしまいます。

申し込み時の規約や約款には契約中でも信用情報の照会をする旨の同意が求められていますので、実際には審査を受けるとき以外にも契約中の途上与信によって信用情報は確認されています。

申し込みブラックにならないために
申し込みブラックに注意

好き好んで申し込みブラックになりたい人はおらず、申し込みブラックを回避しようと考える人がほとんどです。では、申し込みブラックを回避するためにはどうすればいいのか、それはきわめて簡単なことです。ただ単純に、短期間に複数の貸金業者に申し込みをしないことです。

しかしそれだけで納得が行くはずがありません。「短期間ってどれくらいの期間のこと?」や「複数って何社くらい?」の疑問が湧いてきます。件数に関しては貸金業者によって判断が分かれるところであり、基準も公開されていないので、明確な回答は出来ません。

ただし、これまでの傾向から判断をすると、期間に関しては申し込み履歴が残る6ヶ月が基準となっていると言われています。6ヶ月間はCICには申し込み履歴が残り続けるため、例えば半年間に多くの消費者金融やクレジットカード、銀行のカードローンなどに申し込みをしてしまうと履歴が積み重なってしまいます

半年間で5社も6社も申し込みをしていて、審査に落ちている事実が残っているとすれば、大手の人気消費者金融では完全にアウトと言えるでしょう。独自の審査を持つと評判のライフティなら話は別の可能性はありますが、大手消費者金融や銀行はまず無理です。

期間よりも判断が難しいのは、申し込み件数の方です。貸金業者によって判断の分かれるところではありますが、期間よりも更に貸金業者による差異があると言えます。

例えば銀行のカードローンでしたら、複数の消費者金融のキャッシングの申し込みがあるだけで申し込みブラックとなる場合もありますし、消費者金融のキャッシングならば、既にいくつかのキャッシング申し込みが確認できたとしても、審査を通すかもしれません。

また、あくまでこれまでの傾向からの話ですが、銀行の場合には自行内の別商品への申し込みであればそこまで悪影響は与えないともされています。

例えば、自行で提供をしているマイカーローンの金利を引き下げるためにはカードローンの契約をする必要があるとするところもあるため、カードローンとマイカーローン、保証会社の審査に通らなければ、銀行によっては別に用意するクレジット会社の保証審査を受けるようになります。

この時点で計3件の申し込み履歴が残るのですが、全て自行関連の商品となりますので、悪影響は与えずに審査を総合的に判断するとされているのです。

申し込みブラックにならないためには、短期間での申し込みはできるだけ避け、どうしてもの急ぎの場合でも、申し込みは2件を限度とすると良いでしょう。

申し込みブラックになってしまったら

とはいえ、申し込みブラックの基準が公開されていない以上、これとて完全な対応策ではありません。2件しか申し込んでなくても「申し込みブラック」になってしまう可能性もあります。余計な申し込みをしてないのが最も確実な対応策ではあるのですが、仮に申し込みブラックになってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。

国内の主な信用情報機関を見てみると、申し込み情報が残るのは申し込みから6ヶ月間となっています。つまり、6ヶ月を越えれば申し込み情報はきれいに無くなっているので、新たに申し込みが出来ます。ですので、申し込みブラックと分かってから6ヶ月間は、新たな申し込みをしなければ問題ないのです。

もし申し込みブラックとなってしまったら、どんなにあがいても審査で落とされるのは目に見えており、下手にあがくとかえって心象を悪くしてしまいます。申し込みブラックにならないように慎重に申し込みをして、万が一にも申し込みブラックとなったら、ほとぼりが冷めるのを待ちましょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る