サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
フリーローンとカードローンの違いを知って借りる

フリーローンとカードローン

銀行にしても消費者金融にしても、お金を借りるとなると広く知られているのはカードローンです。専用のカードや一部の銀行の場合にはキャッシュカードを利用して限度額の範囲内でお金を借り入れ、返済を進めていく利用方法となります。

カードを使うローンのためにカードローンであり、人気消費者金融プロミスアイフルでのキャッシングもカードによって行います。銀行でもメガバンクの三井住友銀行みずほ銀行三菱東京UFJ銀行も、同じくカードによるキャッシングの利用でカードローンとなります。

対してフリーローンは、カードを作らず使わずに借りるローンとなります。主に銀行振り込みなどによって借り入れを行い、返済は振り込みか口座引き落としなどによって行われるのが一般的です。

基本的な部分で異なるカードローンとフリーローンですが、利用にあたっても大きな違いがあります。知らずに契約をしてしまうと困ることもありますので、カードローンとフリーローンのそれぞれの違いについて知っておきましょう。

カードローンだからこその利便性

便利なカードローン

フリーローンもカードローンも、基本としては健全な消費性資金としての利用であれば資金使途は自由となっているため、目的に合わせて幅広く使えます。この点に関してはどちらも共通していますが、カードローンはフリーローンには無い利便性があります。

カードローンはその名の通りカードを使ってキャッシングローンを利用する契約であり、借り入れは限度額の範囲内であれば何度でも行えます。限度額が30万円の契約であれば、10万円を借りているとしても再申し込み不要で追加で20万円までは借りられます。

30万円の限度額一杯まで借りたとしても、利用状況に問題が無く限度額もそのままとなっていれば、返済をした分に関しては再び借りられます。カードローンは一度契約をしておけば、今だけでなく今後の困ったときにも素早く借りられるのが大きな利点となります。

繰り返し借りられないフリーローン

限度額の範囲内であれば再び申し込みを行うことなく繰り返し借りられるカードローンに対して、フリーローンは一度に融資枠の全額を借り入れ、あとは返済をするだけといった契約内容となります。

用途こそ生計費の範囲、健全な消費性資金としてであれば自由となりますが、住宅ローンマイカーローンなどと同じ形となります。

繰り返し借りられないために再び借りたいとなったら申し込みをし、審査を受けなければなりませんが、何度も借りられない分だけ余計な借金を繰り返すリスクが軽減できます。限度額があるとついつい借りてしまうといった方は、フリーローンの利用で無駄な借り入れが抑えられる可能性があります。

今だけお金が必要、まとまった金額で借りたい場合にはカードローンよりもフリーローンが優れているケースも多々あります。繰り返しの反復利用ができないとなるとフリーローンはカードローンと比べて劣っていると考えられがちですが、借り手側の希望や使い方によってはフリーローンも優れた商品となり得ます。

無駄な借金を増やさずに計画的に返済を進めたい場合には、フリーローンは適するキャッシングローンとなります。必ずしもカードローンに全てが劣るというわけではありません。

第00位
★★★★★
イオンアシストプラン
来店不要での契約が可能な、おまとめや借り換えにも使える頼れるフリーローン
金利借入金額専業主婦所得証明
年3.8%~13.5%30万円~700万円利用不可300万円まで不要
ネットでの申し込みで来店不要の契約が可能となる、金利で優れる頼れるフリーローンです。フリーの名の通り個人が使う範囲であれば用途は特に縛られず、他社からの借り換えとしての利用も多くの借り入れの一本化としての利用でも問題ありません。利用条件を満たす方であればイオン銀行の口座をお持ちでなくても申し込みができますので、しっかりと返済を進めるローン利用を考えている場合にはイオン銀行のネットフリーローンに注目です。

カードローンの怖さ

フリーローンとは異なり繰り返しの借り入れが行えるカードローンは、契約後はカードを使ってATMから手軽にお金が借りられるために、どうしても余計な借金を重ねがちです。

本来であれば5万円あれば十分なところを、限度額があるからと10万円や20万円の借り入れを行い、使わなかったらそのまま返せば良いと考えて余計にお金を財布に入れてしまいます。本当に使わずにそのまま返済をすれば良いのですが、それでも借り入れ残高から計算がされる利息は余計にかかり、負担が増えます。

また、本来は必要でないお金が財布に入っていれば、臨時収入を得たものと錯覚をして無駄遣いへと繋がる可能性も高くなります。借りなければ使わなかったお金も、カードでATMから手軽に借りられるばっかりに無駄な出費を重ねてしまうのです。

本当に困ったときには限度額内で再申し込み不要で借りられるカードローンは大変便利ですが、余計な借り入れを繰り返してしまい、気がついたときには大きな借金を背負っていたといった状況も少なくありません。

自分自身で借り入れをしっかりと管理できる、セーブできる方であれば問題ありませんが、無駄遣いをしてしまう傾向があると自覚している場合には、カードローンはリスクが大きくなるかもしれません。

あればあるだけ使ってしまうような方は、カードローンの利用には細心の注意をはらってください。よく考えて使わないと、返済で自分自身が困ってしまいます。

フリーローンはばれにくい?

内緒で借りるフリーローン

カードを使って借り入れや返済が行えるカードローンは、契約後にカードが発行されます。カードはモビットアコムなどの大手の消費者金融であれば、自動契約機を利用すればその場で受け取れますが、来店不要のWeb契約となると後日の郵送となります。

郵送がされるカードは消費者金融では差出人名は消費者金融名は書かれておらず、どこからの郵送物が分からないように本人限定郵便で届きます。郵便物や郵送物は何がどのように届くか知っておくでも書いていますが、周りの方には分からないように配慮がされています。

しかし、受け取ったカードを誰かに見られてしまえば言い訳はできません。カードの受け取りはばれなかったとしても、財布の中などに入れているカードが見付かってしまうとばれます。

その点でフリーローンはカードが発行されない契約となるため、ローン利用がばれにくいメリットがあります。Web契約をした際には契約書類などの郵送物がありますが、フリーローンは多くが銀行での利用となるため、届く郵送物の差出人名は銀行となります。

多くの銀行では封筒にわざわざ「フリーローン」などと記載はしておらず、銀行からの郵送物は通常の口座開設時にも何らかの手続きを行った際にも届くため、フリーローン契約とは封筒だけでは分からないようになっています。

フリーローンの振り込みによる借り入れも家族に見られない口座を指定すれば、カードローンよりもばれにくく安心して借りられるといったメリットもあるのです。

返済を進めたいならフリーローン

借り入れが増えてきてしまって何とかしたい、今の高い金利での借り入れを完済して借金の支払いを終えたいと考える方は、フリーローンの利用を検討してみると良いです。

複数借り入れがある方が一本化をして返済を進めやすくするおまとめローンの利用は、銀行のカードローンで行うこともあります。オリックス銀行カードローンソニー銀行カードローン、金利面で優れるりそな銀行プレミアムカードローンなども含めておまとめ対応のカードローンなら利用は可能です。

ただ、繰り返し借りられるカードローンはおまとめ後も返済をした分だけまた借りてしまい、結局は返済が進まないといった状況に陥る方もいます。利息の負担だけが毎月かさみ、おまとめローンがうまくいかないケースもあるのです。

今後に借り入れはしない、とにかく借金を終えたいと真剣に考えているなら、おまとめローンや借り換えローンの利用はフリーローンで行うべきです。フリーローンなら一本化や借り換えを行った後は返済をするだけなので、他社の利用さえ増やさなければ借金は減っていく一方となります。

借金の残高が減れば毎月の利息負担も軽減されていき、返済を進めていくうちにどんどんと元金が減りやすくなります。毎月の返済負担も軽くなっていきますので、おまとめや借り換えによって効率的に借金を減らしたいのであれば、フリーローンを利用すべきと言えるでしょう。

多くのフリーローンでは他社からの借り換え、複数借り入れの一本化としての利用を認めています。ネット上で手続きができる人気のイオン銀行のネットフリーローンも、他社からの借り換え利用が可能です。

違いを知って賢く借りる

カードローンは繰り返しの借り入れができる利便性がある反面、初回の限度額はどうしても小さくなりがちです。利用実績によって限度額を増額していくケースが多いので、特に消費者金融での借り入れの場合には初回は20万円前後の少額融資が多くなります。

フリーローンはカードローンとは異なり、繰り返しの利用ができないために審査の結果次第では大きな金額が借りられる可能性があります。そのため、カードローンよりもフリーローンの方がおまとめローンの利用や、まとまった金額の借り入れ向いているとも言えます。

カードローンもフリーローンもどちらが優れていてどちらが劣っているとは一概には表せないため、何に使うか、どのように借りるかによってどちらのローンを利用するかを選ぶようにすると良いでしょう。

大手消費者金融ではフリーローンを用意しているところは多くないので、フリーローンの利用は上に挙げたイオン銀行などを中心に、銀行での借り入れを考えてください。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る