サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
消費者金融は完済をしても解約となるわけではない

契約は自動的に更新がされる

消費者金融での契約は各サービスの規約にもよりますが、自動更新とするところが多いです。例えば5年契約となっている場合には、問題がなければ5年毎に契約が更新され、特別な手続きは必要なく引き続きカードを使って限度額内でお金が借りられます。

使い続ける限りは便利で助かる契約の内容となりますが、逆にもう使わない、解約をしたい場合には、完済をしたからといって放っておいても自動的に契約が更新され、解約とならない点には注意が必要です。

解約は申し出る必要がある

消費者金融の解約をする場合

今後に消費者金融での借り入れを利用しないのであれば、解約を申し出る必要があります。上にも書いたように消費者金融でのキャッシングは「完済≠解約」ですので、解約をするならコールセンターに連絡をするなどをしなければなりません。

一般的なローンの場合には、借りたお金を返し終えればローン契約は解約となり、当然ながら残債もありません。しかし、消費者金融や銀行のカードローンの場合には限度額がある状態、つまり契約が残っていると債務と見なされてしまう可能性があるため、利用をしないのであれば解約をすべきです。

今後のために契約を残しておく、限度額が設定されたカードを持っておくのは、再申し込み不要で借りられる点を考えるとたしかに便利で安心ではあります。

しかし、使う予定も無い契約を残しておくのは今後のローン審査においても不利になる可能性がありますので、使う予定がなければ解約を進めておくと良いでしょう。

自動的に解約となる場合もある

消費者金融の契約は基本的に解約を申し出ないと残り続けますが、場合によっては自動的に解約となるケースもあります。

例えば返済に関するトラブルを経てからの完済となると、借金を払い終えた時点で解約となる場合も多いです。債務整理を行って完済をすれば、今後の利用は多くの消費者金融で不可としますので、完済=自動的に解約となります。

また、返済に関するトラブルを起こしていないのに、自動的に解約となる場合もあります。契約をしている消費者金融にもよりますが、完済をしてから一定期間の利用が無いと、自動的に解約とすることがあるためです。

消費者金融ランキングでも人気のプロミスのカード会員規約に目を通してみると、第19条 (契約の終了)に「完済をしてから1年以上の新たな借り入れが無い場合には、プロミス側が契約期間中であっても解約ができる」とする文章があります。

プロミスの契約は5年で自動更新となるため、5年の契約期間中でも完済をしてから1年以上のキャッシング利用がないと、5年の契約満了日を待たずに自動的に解約となる場合もありますとする内容です。

完済をしてからしばらく利用をしておらず、それでも今後のために契約を残しておきたい場合には、契約中の消費者金融に連絡をして聞いてみると良いでしょう。

解約後の再契約も可能
解約後にまた使う場合には

返済に関するトラブルを起こしてしまい、結果として強制的に解約となると再契約は難しいですが、自身で申し出て解約をした場合、または上にも挙げた一定期間の利用が無く解約となった場合であれば、再び申し込みをしての再契約も可能です。

契約のし直しとなるので当然ながら審査を受ける必要があり、以前に契約をしていたからと言って必ずしも審査に通るわけではありません。現在の収入や借り入れの状況が悪ければ、以前に利用をしていたときに問題が無いとしても、審査には通らない可能性があります。

また、各消費者金融ともカードローン審査の基準は明確ではないため、以前とは違った基準で審査を行う可能性もあります。収入も借り入れも状況としては変わりが無くても、審査基準が変化したことによって通過が難しくなる場合もあります。

ただ、一般的には問題なく利用をして完済をし、そして解約をした方は、再契約も問題なく進められると言われています。再申し込みから審査までの時間も短く済む場合もありますので、以前に契約をしていて解約をした方は、申し込み前に問い合わせてみるのも良いでしょう。

プロミスアコムでは、以前に契約があった方は問い合わせることが推奨されています。手続きが短縮できる、または素早く借りられる可能性がありますので、解約済みの方は確認をしてください。

住宅ローンなどの利用前には解約を

今現在は借り入れがないとしても、住宅ローンなどの大きなローン契約を考えている場合には念のために消費者金融や銀行のカードローンは解約をしておいた方が良いでしょう。

返し終えているから解約もされているはずとは考えず、契約が残っているかを一度、利用をしていた消費者金融に問い合わせて必ず確認をしてください。契約が残っているとローン審査にも悪影響が出る可能性やリスクがあります。

ただ、銀行のカードローンの場合には、同じ銀行でローン契約を進める予定であれば無理に解約をしない方が良い場合もあります。カードローン契約との併用で金利が下がるサービスを設けている銀行もあるためで、不安であれば銀行に直接確認をしてみるのが良いです。

一般的にはローンは完済をすれば契約の満了、解約となるのでそのままにしてしまいがちですが、消費者金融も銀行もカードローン契約は申し出ないと契約が残り続ける場合が多いです。

年会費等がかかるわけではないので直接の出費は何らありませんが、今後のローン審査のことを考えても、利用をしないのであれば面倒でもコールセンターに連絡をし、解約の旨を伝えるようにしてください。

入会金も年会費もかからない消費者金融の契約は、解約時ももちろん無料です。解約の際に余計な手数料が取られることもありませんので、使う予定がなければ解約を進めましょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る