サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
完済を早めるために効率的な方法で返済を進める

消費者金融のキャッシングを完済する

何も消費者金融に限らず銀行のカードローンでも同じですが、借りたお金に対して金利や借り入れ金額、利用日数に応じた利息計算がされ、返済時には利息の支払いも乗っかってきます。利息が多ければそれだけ支払い総額も増えてしまい、あまりにも長期の返済となると最終的な利息金額も非常に大きくなります。

一昔前の過払い金があった時代ならまだしも、貸金業法が改正されてグレーゾーン金利が無くなった今では、利息は払えば払うだけ損とも言えます。いくら利息を払おうがいつまで経っても完済は出来ませんので、なるべくなら利息負担を抑え、効率的な返済方法で早めの完済を目指せるようにすると良いでしょう。

毎月の返済額に対する利息を知る

利息の計算をしっかりと

キャッシングの返済を進める上で知っておきたいのは、毎月の返済額に対してどの程度の利息がかかっているかです。利息負担は思っている以上に大きくなる場合があり、どれだけ無駄な利息がかかるかを知れば早めに完済をする重要度も分かります。

消費者金融も銀行も、大体は公式サイト上で返済のシミュレーションが出来るようになっていますが、当サイトでも完済までのシミュレーションが出来るツールがあります。借り入れ金額と返済期間、金利を入力すると完済までに支払う金額が簡単に算出できるので、借りる前に見ておきましょう。
返済シミュレーションはこちら

利息負担を最大で知る場合は、借り入れ金額は任意の額にし、返済期間は5年として60ヶ月、消費者金融を利用すると仮定すれば消費者金融の金利は高いので、18.0%の金利で考えると良いです。

30万円を利用したとして60ヶ月の返済期間、金利を18.0%とした場合の返済シミュレーションの結果は、一般的な返済方式となる元利均等返済なら返済額は最終的に利息込みで457,090円となります。利用先によって異なるので目安となりますが、30万円の借り入れで5年間の返済とすると、利息だけで157,090円もかかってしまうのです。

毎月の返済金額に注意する

キャッシングの返済金額は多くは借り入れ残高によって決まるようになっており、少ないところではプロミスのように借り入れ金額次第で、毎月2,000円での返済でも良いとするキャッシングもあります。

しかし、2,000円ずつの返済では元金分に対する返済がほとんど行われず、多くは利息分の支払いとなるので完済が遠のきます。いかにして元金分の返済を進めるかが重要となるので、毎月の返済金額だけの入金で進めないようにしましょう。

上に挙げたプロミスでは、借り入れ残高が50,000円以下なら毎月の返済は2,000円となりますが、プロミスの上限金利となる17.8%の実質年率で30日間を借りていた際の利息は731円となり、元金分は1,269円しか払えていないことになります。

さすがに半分が利息とは言いませんが、近い水準で利息の負担がかかり、毎月の返済金額が小さく済むからと少しずつ払っていたのでは完済が遠くなります。完済が遅くなればそれだけ大きな利息がかかるので、無駄な出費が増えてしまいます。

プロミスに限らず、同じく人気消費者金融アコムモビットでも、同様です。毎月の返済金額の設定に違いはありますが、最低額だけでは利息負担が大きくなります。

返済額を増やして完済を早める

無理をするのはよくありませんが、お金に余裕があるのであれば、毎月の返済金額は継続をして増やすようにすると良いです。最低額だけの入金に留めず、1,000円でも2,000円でも、余裕がある分は多めに返済をするのです。

キャッシングの返済は多く入金した分は元金分へと充てられるため、入金をすればするほどに元金が減り、完済が近付きます。上記のプロミスの例では2,000円の入金で1,269円の元金の返済にしかなりませんが、3,000円の入金をすれば単純に1,000円が上乗せされ、2,269円の元金分の返済となります。

キャッシングの完済を阻む利息は、借り入れ残高によって計算がされます。借り入れ残高、元金分の返済を積極的に進めると利息の金額が下がり、利息の金額が下がれば同じ返済額でも元金分にあたる分が増えます。

毎月の返済を1,000円乗せるだけでも、キャッシングの完済は早くなります。もちろんより多くの金額を乗せて返済を進めればより完済は早まりますので、完済をしたいと考えるなら、とにかく月々の返済金額を増やすしかないとも言えます。

多くのキャッシングの返済で完済が見えてこない場合には、おまとめローンの利用も考えてみると良いでしょう。対応をする銀行カードローンなら、低金利で借りられます。

キャッシング返済の自由度の高さ
便利なキャッシング返済

カードローンキャッシングの良い点に、返済の自由度の高さがあります。どこで借りるにも基本は繰上げ返済、任意返済は自由となっており、当然ながら手数料はかかりません。ATM利用手数料は別ですが、住宅ローンマイカーローンといった目的ローンの中には繰上げ返済時に手数料がかかる商品もあるので、キャッシングの返済はそれらと比べれば進めやすいと言えます。

ATM手数料がかかると任意での臨時の返済もしづらくなりますが、消費者金融なら各サービスのATMを使う、または一部のATMでは手数料がかからないため、便利に返済が出来ます。プロミス、アコム、アイフルなどの大手なら各地にATMの設置もあり、繁華街以外にも幹線道路沿いにATMを見かけます。

また、インターネットを使った返済なら手数料がかからないところも多く、ATMのように営業時間を気にする必要も無いので、忙しい方でもスムーズに返済が出来ます。

その他、提携ATMの利用手数料が終日無料となるオリックス銀行カードローンや一部ATMで無料のソニー銀行カードローン、多くの店舗設置があるメガバンクの三井住友銀行カードローン三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックなど、ATMを利用して便利に返済が出来るカードローンもあります。

どこで借りるにもカードローンによるキャッシングの返済は進めやすいので、効率的な返済の方法を知って賢く完済を目指すようにしてください。

毎月の返済金額の見方と決め方

借りたお金はなるべく早くに返したいもので、キャッシングにおいては利息がかかるためにすぐにでも返し終えたいと考える方も多いです。しかし、かかってくる利息が重いためにどうしても完済が遅くなり、最終的な利息総額が増えてしまいます。

利息をあまり大きくせずに完済をするなら、借りる時点でしっかりとした計画の下でキャッシングの利用をすると良いです。毎月の最低返済額を見て、返せると判断する上限いっぱいの限度額を借りるのではなく、2倍程度の入金額でも返済が可能となる水準での借り入れまでとしておくのも賢い借り方です。

自身の収入や支出の状況から毎月10,000円の返済が出来ると判断するなら、消費者金融で借りる際には月々の返済金額が4~5,000円からとなる10万円程度の借り入れに留める、または審査基準がクリア出来るのであれば、10万円超40万円以下の借り入れ残高で毎月の返済が5,000円となるイオン銀行カードローンの利用を考え、月々の返済を10,000円で進めると良いのです。

多くの金額で余裕を持って返済を進めれば、急な出費が重なった月であっても最低返済額の入金だけであればしやすいものです。しかし、毎月がギリギリの返済となると出費が重なった月は返済額が足りなくなる可能性があるので、返済が遅れることによる高い利率の遅延損害金が取られてしまう結果となります。

消費者金融も銀行も、借りたお金の完済を目指すなら、とにかく月々の返済額を増やすのが基本です。当たり前の話ではありますが、他には完済を早める方法といったものは存在しないため、元金分の返済と利息の支払いを知り、効率的に返済を進めるようにしましょう。

毎月の返済金額は借り入れ先、借り入れ金額によって異なります。支払いの計画を立てる上で返済額は重要な要素となりますので、申し込み前にしっかりと確認をしてください。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る