サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
お金を借りる際の金利のポイントを理解する

利息に直結する金利について知っておく

キャッシングは個人でも手軽にお金が借りられるシステムです。最近では金利は安くなってきて、大手では一ケタ台の金利を下限とし、上限金利も17.8%~18.0%とするところが多いです。しかし、この金利の数字には注意点もあり、下限金利である一ケタ台の金利で初めから借りられるわけではありません。

消費者金融を初めて利用して小さな金額の融資となる場合は、実際は高い金利で借りることになりますので、自分の借り入れ金額の金利でしっかりと計算して返済計画を立てる必要があります。

借りる金額と金利には大きな関係がある

借り入れ金と金利の関係

金利は高い金額を借りると安く設定されますから、安い金額を借りた際の金利は一番高く設定されると考えておく必要があります。金利はキャッシング会社によっても違いますので、十分に比較した上で自分にあったキャッシング会社を選ぶのが大切です。

比較する際の重要なポイントは、あくまで上限金利で比較をすることです。下限金利は大きな金額を借りないと実現されませんので、30万円程度の融資になる場合の多い初回契約時においては、大半で上限金利での契約となるためです。

もっとも、今後を見据えて大きな金額を借りる予定であれば、限度額の大きさに応じて金利が段階的に下がる銀行のカードローンキャッシングを利用すべきなのは言うまでもありません。

妥協をするとしてもシミュレーションはしっかり

どうしてもすぐにお金が必要だからと、審査や融資時間を重視してある程度は金利面は妥協するとしても、それでも高い金利での返済計画、利息の計算、シミュレーションはしっかりと行っておく必要があります。

すぐに借りたいからとそのあたりの返済に関する面を軽視してしまうと、後々で非常に大きな負担を背負うことになり、返済金額が大きくなって生活に余裕もなくなってきてしまうことでしょう。

返済計画を立てる上で外せない要素の金利

金利というものは返済計画を立てる上で重要な要素なので、しっかりと検討するのが大切です。はじめは高い金利で借りるケースが多いですが、しっかりと計算を行えば高額の借り入れでなければ十分に余裕を持って返済が可能な利息となります。

また、利用中の実績に応じて限度額の増額に伴う金利の低下が期待出来るようにもなりますので、初回契約時の金利が上限金利だったからと言って落胆はせず、高い金利なら借りすぎないように少しの借り入れに留め、金利が下がった段階でまとまった融資を受けるようにすると良いでしょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る