サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
嘘をつく虚偽内容の申し込みでは審査に悪影響が出る

審査に通りたいからと

お金に困った、どうしても借りたいからと、申し込みをする際に嘘をつく、虚偽の内容で審査を受ける方がいます。よく見られるケースは年収を多く入力する、他社の借り入れ状況を少なく申告するなどです。

たしかにカードローンの審査基準には、年収や借り入れ状況が大きな要素として組み込まれています。年収が高ければ審査でも強くなり、借り入れも件数や金額が少なければ、同じく審査には通る可能性も上がってくるのが一般的です。

しかし、だからと言って年収などの嘘をつく、虚偽の内容で申し込みをしたとしても、審査には有利にはなりません。そんな簡単なことで審査に有利になるとすれば、審査落ちになってしまう方は存在しないはずです。

大きな嘘は必ずばれる

嘘はつかないように申し込む

虚偽内容での申し込みは審査に有利になることもなく、実際には不利になるばかりです。信用が重要となるカードローンの契約においては、嘘をつくような方は信用ができないとされてしまい、審査落ちとなるのも頷けます。

嘘がばれなければいい、虚偽だとは分からなければ問題ないと考える方もいるかもしれませんが、大きな嘘は必ずばれます。ばれないような小さな嘘であればそもそも意味がなく、審査に通るためと考えて大きな嘘をついたとしても、結局はばれてしまって審査落ちに繋がります。

ばれる要因はいくつもありますが、中でも大きいのが信用情報機関への照会です。借り入れの履歴などを含めた情報が多く記録されており、直近6か月分の申し込み履歴すらもCICには記録されています。

年収などの収入に関する記録はありませんが、今まで数え切れないほどの審査を行ってきている金融機関や貸金業者からすれば、勤務先や年齢、勤続年数などの様々な視点から正しい情報かの見分けぐらい難しいものではありません。

信用情報機関に記録されている情報を中心とし、最終的には人の目で正しい内容で申し込みをしているかの判断がされますので、嘘の記載、虚偽内容での申し込みは審査においては必ずばれると言えるのです。

悪影響しか与えない虚偽記載

虚偽内容での申し込みは審査落ちに繋がるだけでなく、余計に審査時間がかかる原因にもなります。おかしな部分があれば確認をしなければならないため、場合によっては本人宛に電話連絡が入る可能性もあります。

通常であれば電話不要で借りられたはずのモビットのWeb完結や、カードレスで電話不要の選択もできるようになったプロミスでも、申し込みの内容によっては電話連絡が入ります。また、希望通りの借り入れができない場合も出てきます。

どうしても急ぎでお金が必要な状況では、審査回答に時間がかかるのは致命的です。なかなか回答がもらえないからと他カードローンへの多重申し込みをしてしまえば更に審査には不利に働き、何社も何サービスも立て続けに審査を受ければ、新規での借り入れは絶望的となります。

正しい情報で申し込みをすれば限度額は小さくても借りられた可能性があった方も、嘘をついたばっかりに審査落ちとなるケースは決して少なくありません。借りたいのであれば無駄な嘘をつくのではなく、正しくミス無く申し込みを進め、審査を受けることが重要なのです。

年収などは何も1万円単位まで細かく入力しなくとも、大体の範囲でも構わない場合もあります。だからと言って嘘とも取れるような数字の入力はせずに、常識的な範囲での入力を行ってください。

嘘をつかなければならない状況では厳しい

カードローンの申し込みをする際に嘘をつくのは、果たしてなぜでしょうか。虚偽の記載をする方のほとんどは審査に不安がある、通るか分からないかと自分の中での問題点を隠すように嘘の内容を入力しています。

これは既に自分自身でも「年収に対する借り入れが多すぎる」、「雇用形態の問題で審査に落ちていると思われる」と感じており、現状では借り入れが難しいことが分かっていながらも、隠せば審査に通るかもしれないという淡い期待を抱いているためです。

これまでいくつも審査に落ちており、自分自身でも借りすぎている、安定した収入とは感じられないなどと審査落ちの理由が判断できているにも関わらず、もしかしたらと虚偽の記載で申し込みをするのはハッキリいって無駄にしかなりません。

そのような状況では虚偽の記載でも正しい内容でも審査に通る見込みはほとんどなく、そもそも虚偽内容で申し込みをしなければならないような状況では、新規での借り入れは不可能と言えます。

何のメリットもなく、履歴が信用情報機関に記録されるだけのデメリットしかない申し込みとなってしまいますので、虚偽の内容での申し込み、隠さなければならないような状況での審査は、受けないようにしてください。

審査基準が異なるカードローンで借りられたとしても、負担が増える翌月以降の返済で自分自身が困ることなります。多くの借り入れがある方は虚偽内容の申し込みをするのではなく、今の借り入れをどのようにしていくかを優先的に考えるようにしましょう。

気をつけたい単純な間違い
ミスや間違いには注意する

嘘をついたつもりはない、虚偽の記載をしたはずではないとしても、申し込み時の入力内容を間違ってしまうと嘘と判断される可能性があります。年収にしても借り入れ状況にしてもそうですが、その他の勤続年数などについてもミスが虚偽と取られる可能性は決してゼロではありません。

正しい入力内容なら素早く手続きが進んだはずが、間違いがあったために確認に時間がかかり、結果として審査回答が翌営業日以降に持ち越されることもあります。早ければ最短即日回答となるアイフルなどの人気消費者金融のカードローンも、ミスによって時間がかかる場合もあるのです。

また、保証会社が審査を行う銀行のカードローンにおいても同様です。SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が審査を行う三井住友銀行カードローンアコムが保証会社となって審査を行う三菱東京UFJ銀行のバンクイックにおいても、最短30分の審査回答も間違いがあれば長引いてしまいます。

三井住友銀行も三菱東京UFJ銀行も、急ぎの際には契約機を使えば週末でも最短即日のカード発行も可能となるため、多少は審査の回答が遅れても素早く借りることは可能です。

ただ、契約機の設置が無いソニー銀行カードローンオリックス銀行カードローンりそな銀行カードローンイオン銀行カードローンなどにおいては、審査回答に余計な時間がかかると曜日によっては初回借り入れが大きくずれ込みますので、注意が必要です。

入力ミスは審査回答に時間がかかり、確認のための本人宛の連絡も入ることとなります。仕事中などで電話の対応が遅れればそれだけ審査も後回しとなるので、よく確認をして申し込みを進めてください。

分からなければ聞いてみる

消費者金融や銀行によっては、申し込みフォームにどのように入力をすれば良いのか分かりづらい場合があります。年収や勤続年数に限らず、それ以外の例えば資金使途などに関しても、可能な限り正しく入力をすることが好ましいです。

分からない場合にはコールセンターに問い合わせるなどして、確認をしながら進めると良いでしょう。生活費などの利用であれば目的の選択も分かりやすいですが、借り換えおまとめとなると借り入れ先によってはどのように埋めれば良いのか分かりづらい場合があるので、注意が必要です。

しっかりと確認をしながらミスや間違いなく、当然ながら虚偽の内容での入力もしないようにし、無駄のない審査を受けるようにしてください。

入力後に間違ったかもしれないと感じる方は、すぐに連絡を入れておきましょう。正しい情報に修正後、正しい内容で審査を進めてくれるようになります。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る