サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
年会費も入会金も無料で契約が出来るカードローン

カードローンは年会費や入会金は無料

カードを作るとなると気になるのが年会費や入会金で、クレジットカードの場合には初年度は年会費が無料であっても、翌年以降は数千円の年会費がかかってしまうものも珍しくありません。最近では年会費が無料のクレジットカードも増えましたが、やはり手厚い補償やサービス内容を求めると、どうしても年会費や入会金がかかります。

しかし、カードローンは同じくカードを作る契約となりますが、一般的には年会費や入会金、カード発行手数料はかかりません。一部ではカード発行の際に手数料がかかる場合もありますが、知名度が高い消費者金融ランキングの上位にあるような借り入れ先や、有名な銀行のカードローンの場合にはお金がかからないようになっています。

カードを持つだけでお金がかかるとなるとカードローンの契約も躊躇ってしまいますが、年会費も入会金もカード発行手数料も無料であれば、カードローンキャッシングの利用もしやすくなります。ただ、お金を借りれば当然ながら返済時には利息がかかりますので、計画的な利用は最低限、借りる上で守るべき部分です。

カードローンの基本を知っておく

カードローンの使い方

年会費や入会金、カード発行手数料がかからないカードローンは、クレジットカードとは異なる使い方となります。カードローンは契約時に利用可能額として限度額や極度額が定められ、枠内であれば繰り返し自由に使えます

審査の結果で決まりますが、例えば限度額が30万円の場合には、一度に30万円を全て借りなければいけないわけではなく、必要最低限の借り入れに留めることができます。限度額が30万円でも5万円だけが必要であれば、カードを使ってATMで、インターネットでの振り込み融資で5万円を借りれば良いのです。

残りの25万円の枠は再申し込み不要で利用ができ、5万円だけでは足りなかった場合には、残りの枠内で自由に借りられます。この場合であれば25万円までは借りられるので、再び5万円を借りても10万円を借りても、トータルで限度額の30万円を超えなければ自由に繰り返し借りられます。

フリーローンとは異なる契約

銀行や信用金庫などの金融機関が提供するフリーローンの場合には、一度に全てのお金を借り入れます。その後は返済をするだけとなってしまいますが、カードローンは限度額の範囲内で再申し込み、再審査不要で繰り返し借りられるので、困ったときには大変便利な契約内容となります。

限度額内で全て借りてしまった場合には追加での借り入れはカードローンでも出来ませんが、返済をすれば返した分は借りられるので、限度額一杯まで借りてしまっても、1万円の元金分を返済すれば、再び1万円が借りられるようになります。

また、完済をしても解約となるわけではなく、利用状況に問題が無ければそのまま再び限度額内でお金が借りられるので、カードローンは一度契約をしておけば、解約をしない限りは繰り返し限度額の範囲内までならお金が借りられるのです。

カードローンキャッシングの繰り返し使える便利さは、消費者金融も銀行も共通しています。どちらも何度でも限度額内で借りられるので、フリーローンよりもカードローンは便利です。

カードローンなら返済の手数料も低負担

入会金や年会費とともに気になる部分は、返済時の手数料です。一部の目的ローンでは毎月の返済のほかに、臨時での繰上げ返済をする際には別途、手数料が必要となる場合があります。

ローンは多くを返しておけば、借り入れ残高で計算される利息の負担が軽くなります。お金に余裕があるうちに払っておきたいものですが、返済のために手数料が必要となると勿体無く感じてしまい、結局は毎月の決められた金額の返済しか出来ない場合もあります。

しかし、カードローンでは繰上げ返済時に別で手数料が必要となる商品は、大手の消費者金融や有名な銀行では見受けられません。消費者金融大手のプロミスアコムアイフルも、借りれば残高に応じて毎月の返済が必要となりますが、決められた金額以上の支払いをする繰上げでの返済に対しては、特に手数料は必要としていません

また、銀行のカードローンの中でもオリックス銀行カードローンは、繰上げでの返済はもちろんですが、通常の提携ATM利用における手数料も無料としています。終日無料となっているので、平日だけでなく土曜日や日曜日、祝祭日でも何時でも手数料が何度でも無料です。

同じように三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックや、三井住友銀行カードローンでも、ATM手数料の負担はありません。一部のATMや回数の制限などがありますが、ソニー銀行のカードローンでも手数料は無料となります。

繰上げ返済手数料が無料なのは当然として、カードローンの中でも銀行からの借り入れであれば、普段のATM利用手数料すらもかかりません。年会費にしても入会金にしてもATM利用にしても、銀行なら余計な手数料はかけずに利用が出来るのです。

消費者金融でも多くのコンビニや銀行のATMが利用できますが、使うたびに手数料が発生します。一度あたりの金額は多くはありませんが、トータルで考えると大きな出費となるので注意が必要です。

持っているだけならお金はかからない
年会費が無料の利点

年会費がかかるとなると、カードの契約も躊躇ってしまいますが、カードローンは年会費はもちろん、入会金もカード発行手数料も無料となるので、必要であればネットで申し込みをし、来店不要で契約も出来ます。

カードは使わなければお金はかからず、年に一度も使わないとしても、同じく年会費は無料です。クレジットカードのように一度は使わないといくらかの手数料がかかるといったこともなく、持っているだけなら無料となります。

だからと言って複数のカードローンの契約をし、何社も何サービスもキャッシングが利用出来る状態にしておくのは、決して良いとは言えません。カードローンで借りるお金は借金ですので、いくつも借りられる状態にしてしまうのは、思わぬ多重債務を抱える原因となってしまうためです。

また、不要であるのにカードローンの契約をするのも、良くありません。いくら年会費がかからないからとは言っても、カードローンは必要であるなら申し込みをして契約をすべきで、何らかの備えとして持っておくには向かないのです。

クレジットカードにしてもカードローンにしても、キャッシングの利用は癖になりやすいです。不必要なのにカードだけ作ってしまうと、余計な無駄遣いのためのキャッシング利用に繋がってしまいます。

用途で選びたいカードの契約

年会費が無料、入会金も無料、発行手数料も無料でカードが作りたいのであれば、目的や用途によって選ぶべきです。買い物や支払いとしての利用をメインとして考えるなら、年会費が無料のクレジットカードの契約が良いです。

クレジットカードでは対応が出来ない状況での利用に、現金としての借り入れが必要、生活費として幅広く使いたいのであれば、カードローンの契約が良いです。カードローンは借りたお金を自分の目的に合わせて利用ができ、繰り返しの利用でも借りるたびに用途の申告をする必要もないため、幅広く便利に使えるためです。

どちらのカードの契約にしても、利用をする前には返済を考えなければなりません。クレジットカードではあまり気にする方も多くない金利にしても、カードローンはしっかりと比較をするようにしましょう。

手軽に素早く、最短即日融資で借りられる消費者金融は、消費者金融金利一覧を見ても分かるように金利が高いです。対して銀行の場合には金利が低くなっていますので、多くの借り入れ先を比較し、求める条件で借りられるカードローンを選ぶようにしてください。

カードローンの金利で比較をする際には、下限金利ではなく上限金利を見ておくのが基本です。ただ、銀行の場合には限度額や極度額によって上限金利が変わるので、希望額に対応する金利で比較をしましょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る