サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
消費者金融や銀行で借りられる年齢はいくつまで?

年齢の制限があるキャッシング

消費者金融にしろ銀行にしろ、キャッシングによるお金の借り入れには一定の年齢の条件が設けられています。定める年齢の範囲内でないと申し込みができず、下限も上限も年齢条件を満たすのが基本となります。

基本的には未成年は利用対象とはならず、大手の人気消費者金融や銀行のカードローンの多くでは、満20歳以上の方を年齢の下限条件としています。ただ、年齢上限に関しては利用先によって異なるため、申し込み前にしっかりと確認をしておく必要があります。

消費者金融の方が上限が広い場合が多い

消費者金融と銀行の年齢条件

有名どころのプロミスアイフルなどといった消費者金融では、20歳以上69歳以下が利用できる年齢としていますが、銀行のカードローンの場合には下限は満20歳で同じでも、上限に関しては65歳とする申し込み条件も多くなっています。

詳しくは以下に記載をしていますが、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックソニー銀行カードローンは20歳以上65歳未満としており、高齢になるにつれて利用が難しくなっていきます。

カードローン 年齢条件 安定収入条件
プロミス 20歳以上~69歳以下 本人の安定収入に限る
モビット 20歳以上~69歳以下 本人の安定収入に限る
アイフル 20歳以上~69歳以下 本人の安定収入に限る
アコム 20歳以上~69歳以下 本人の安定収入に限る
じぶん銀行
カードローン
20歳以上~70歳未満 本人、または配偶者
オリックス銀行
カードローン
20歳以上~65歳以下 本人の安定収入に限る
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
20歳以上~65歳未満 本人、または配偶者
ソニー銀行
カードローン
20歳以上~65歳未満 本人、または配偶者
イオン銀行
カードローン
20歳以上~65歳未満 本人、または配偶者

詳しくは各カードローンサービスの公式サイト上でご確認ください。

契約中に上限年齢に達した場合

各サービスで定める年齢条件の範囲内でないと申し込みができませんが、申し込み時点では範囲内で、契約中に上限年齢に達した場合には返済を進めることしかできなくなります。

カードローンは限度額の範囲内で繰り返し利用ができるサービスですが、契約中に借り入れ残高がある状態で上限年齢を迎えるとカードは返済専用となります。限度額に余裕があったとしてもゼロとなってしまい、以後の借り入れはできません。

ただ、契約中に上限年齢に達した、超えたからと言って、いきなり全額返済を求められるわけではありません。今までと同じペース、同じ金額で返済は進められるので、少しずつ完済に向けて支払いが行えるようになっています。

年齢の上昇に伴う審査結果への影響

カードローンの利用者は年齢別で見ると、20代から30代が最も多くなっています。当然ながらカードローン審査の中心も20代から30代となり、前後では審査基準も厳しくなっていきます。

前後とは言っても20代未満の未成年にあたる年齢は、大手の消費者金融も有名どころの銀行カードローンの利用もできません。一部の学生用のキャッシングローンや地方銀行、または信用金庫が提供するカードローンであれば利用ができる可能性はありますが、有名な消費者金融や銀行では難しいです。

30代を超える40代、50代となると段々と審査通過も難しくなり、60代となると新規での借り入れは厳しいと言わざるを得ません。やはり上限年齢が迫っている点や、60代での新規での借り入れは今後の返済を考える上でも見通しが立ちづらいため、審査落ちが多くなってしまうのです。

限度額の範囲内で繰り返し借りられるカードローンによるキャッシングは、利用者側の利便性だけがメリットではありません。再申し込み不要で繰り返し借りてくれて、借りた分は返済時には利息をしっかりと支払うといった消費者金融や銀行側の儲けの部分にも繋がります。

しかし、年齢の高い方は契約中にすぐに年齢の上限に達してしまい、そうした両者のメリットが十分に受けられません。また、年齢の高い方は返済に対するリスクも大きくなってしまうので、審査の通過が難しくなるのです。

各サービスで定める年齢上限に達していなければ申し込み自体はできますが、上限年齢に近付くにつれて結果は厳しくなると考えておきましょう。

主婦も学生も年齢+αの条件で利用可能
主婦や学生が借りるために

年齢条件を満たした上で、それぞれの借り入れ先が定める収入の条件もクリアすれば、主婦学生の方でもカードローンキャッシングによるお金の借り入れは可能です。

消費者金融の場合には、多くは主婦も学生もパートやアルバイトによる本人の安定した収入があり、申し込み時にそれぞれの消費者金融の年齢の範囲内に収まっていれば審査の結果次第で利用が可能となります。

銀行の場合には借り入れ先によって異なり、主婦の方は配偶者の安定した収入があれば自身の収入は問わないとするメガバンクのみずほ銀行のMyWingや地方銀行の静岡銀行カードローンに対して、消費者金融同様に原則として自身の安定した収入を必要とするオリックス銀行カードローンなどがあります。

また、銀行は学生でもアルバイトによる安定した収入で年齢条件を満たしていれば申し込み自体はできますが、審査の通過は非常に難しいです。消費者金融の金利よりも低金利となる銀行のカードローンでは、学生の借り入れは優先して考えるべきではないと言えます。

主婦にしても学生にしても、または自身に安定した収入を持つ正社員や公務員の方にしろ、消費者金融も銀行も年齢条件は必ず満たす必要があります。

利用条件は必ず確認をする

申し込みを行う際には、各カードローンの利用条件を必ず確認をしてください。商品スペックの変更などにより年齢や利用の条件が変わる可能性があり、上限年齢の引き上げがされる場合もあります。

当サイトに掲載をしている各情報は、商品スペックに変更があれば早くに反映をするようにしていますが、更新までのタイムラグで異なる情報を提供してしまう可能性もあります。

正しい情報で正しくカードローンキャッシングの利用をするためにも、申し込みを行う際には利用先の消費者金融や銀行の公式サイト上で、最新の情報を自身で必ず確認を行うようにしてください。

申し込みに関して分からないことがあれば、それぞれの利用先のコールセンター等に問い合わせてみましょう。気軽に聞けるようになっているので、不明なまま利用をするのではなく、しっかりと確認を行うと良いでしょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る