サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
携帯電話料金の支払い履歴とカードローン審査の関係

支払い履歴と審査の関係

毎月に支払いを行う携帯電話の利用料金は、内容によっては信用情報機関に支払い履歴が記録されています。正確には携帯電話の利用料金ではなく、スマートフォンなどの高額な端末の割賦払いとしている際の支払い履歴なのですが、履歴が残るために状況によってはカードローン契約の審査にも影響を及ぼします。

もちろん正常に支払いを進めていれば影響は特に考える必要はありませんが、期日から遅れて支払っている方や、今現在の支払いが遅れているといった状況の方では、カードローンの審査にも通らない場合があります。

割賦払いは簡単に言ってみれば借金であるため、支払いが遅れていればキャッシングやクレジットカードなどの支払いが遅れているのと同じように扱われ、カードローン審査基準を満たせなくなる原因となり得るのです。

端末代金の分割払いに注意

本体代金の割賦契約に注意

携帯電話の通話料や基本使用料だけの支払いだけであれば借金ではありませんが、端末の分割払いである割賦契約がされている携帯電話料金の支払いは借金扱いとなります。

端末代金の支払いが残っているうちは期日から遅れずにしっかりと支払わなければならず、携帯電話の端末代金の支払いが遅れてしまう、長期に渡って支払いをしないなどとなると信用情報機関にネガティブな情報が記録されることとなってしまいます。

キャッシングでお金を借りたり、クレジットカードを使って支払いを行うといった場合にはお金を借りている、借金をしている自覚があるため、支払いはしっかりと期日までに行うものです。しかし、携帯電話料金となると端末代金を割賦契約で分割で支払っている最中でも借金との認識が薄れてしまい、支払いもいい加減になってしまう方もいます。

もちろん端末代金の支払いが終わった後の毎月の利用料金であっても、請求書払いであれば指定期日までに支払い、口座引き落としであれば期日までに代金を入金しておかなければならないのですが、端末代金を払い終えるまでは特に注意をして確認をするようにしたいものです。

思わぬ審査落ちの原因にも

今までクレジットカードやカードローンキャッシングの支払いに遅れたことはなく、多くはなくても安定した収入を得ていて他社での借り入れが無いといった方でも、カードローン審査に落ちる場合があります。どのような理由で審査落ちとなったかは明確にはされませんが、携帯電話料金の支払い遅れが原因となっている場合もあります。

携帯電話料金は一ヶ月程度であれば先送りにしながら支払いをすることも可能ではあるため、毎月の携帯電話料金を一ヶ月遅れで支払っている場合には、信用情報機関の毎月の支払い状況欄には遅れを示すマークが記載されることとなります。

遅れて携帯電話料金を支払ってもサービスの停止期限までに払えば問題なく携帯電話が利用できるため、ギリギリのお金の計画で生活をしている方などは、一度でも携帯電話料金の支払いが遅れてしまうと毎月に渡って一ヶ月遅れで支払いを繰り返してしまいます。

遅れを取り戻すためには先月分と今月分で二ヶ月分を同時期に支払わなければならないため、臨時収入でも入らないと支払いのサイクルを立て直すのが難しく、信用情報機関には毎月のように遅れのマークが蓄積されてしまうのです。

頻繁に支払いが遅れていればカードローンの審査だけでなく、様々なクレジット審査にも悪影響が出てしまいます。携帯電話会社からの信用も落としてしまうことで今後の本体代金の割賦契約を拒否される可能性もあり、場合によっては賃貸マンションなどの保証会社審査に通らなくなることも考えられます。

携帯電話料金に本体代金の割賦払いが含まれている場合には、言ってみればクレジットカードで物を買った後の支払いと同じです。携帯電話料金だからと甘く見るのでは無く、借金である自覚を持ってしっかりと支払いを進めてください。

正しく支払っていれば信用を積み重ねられるため、今後の割賦契約でも有利に働く可能性もあります。信用情報を汚さないのはもちろんですが、今後の新機種を分割でスムーズに購入するためにも毎月の支払いは確実に行ってください。

各キャリアともCICへの情報提供を行う

信用情報は共有されている

NTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話の各キャリアは、それぞれ割賦契約時には加入する信用情報機関への情報提供を行っています。割賦契約を行う際に説明を受けますが、主にCICへの情報提供を行っています。

信用情報機関にはCICの他にJICC、全銀協とありますが、加入している会社は異なっても記録されている信用情報は共有されています。分かりやすく説明すると、例えばNTTドコモの割賦契約はCICへの情報提供を行っていますが、契約内容や支払い状況はCICだけに保有されるものではなく、JICCにも全銀協にも共有されます。

つまり、割賦契約後の支払いが遅れるなどのトラブルを起こしてしまうと、CICに加入をしていない消費者金融などのサービスを受ける際にも影響が出ます。消費者金融は加入する信用情報機関がJICCのみとなっている場合がありますが、CICには加入していなければCICにネガティブな情報があっても問題ないわけではなく、情報はJICCにも共有されているので審査の際に見られてしまいます。

逆に消費者金融の返済でトラブルを起こしてしまい、JICCにネガティブな情報が保有されてしまうと、同じようにCICや全銀協にも情報が共有されます。一つの信用情報機関に保有される信用情報は全てで共有されると考えておき、余計なネガティブな情報を残さないようにしっかりと支払いを進めるようにしましょう。

NTTドコモとauは加入信用情報機関がCICのみとなっていますが、ソフトバンクに関してはCICとJICCにも加入をしています。どこに加入していても情報は共有されるために同じですが、ソフトバンクだけはJICCにも加入しているのです。

心当たりがないのに審査に落ちる場合

携帯電話の本体代金の分割払いに遅れたこともなく、クレジットカードやカードローンキャッシングの返済にも遅れたことがない、それでいて収入や年齢条件にも問題が無いのに審査落ちを繰り返してしまう方は、一度CICやJICCでの情報開示をした方が良いかもしれません。

過去には某キャリアが間違った情報をCICとJICCに記録していたことがあり、しっかりと支払っているにも関わらず未入金として処理をされてしまっていました。信用情報におけるネガティブな情報であり、心当たりが無いのに審査落ちとなっている場合には何らかの影響を与えている可能性もあります。

これは携帯電話の本体代金の支払いに限らず、クレジットカードやキャッシングなどの返済においても起こりうることです。間違いはどうしても発生してしまうものであり、今まで何ら問題なく各支払いや返済を進めていたにも関わらずどこの審査にも通らない場合には、信用情報を一度確認してみるべきなのです。

信用情報の開示手続きはクレジットカードがあればインターネットでも手軽に行え、クレジットカードをお持ちで無い場合には郵送での開示も可能です。郵送物の封筒にはCICやJICCと書かれていますが、信用情報の開示をしたからといって中身を見られなければカードローン契約を考えているとばれるわけでもないので、気になる方は開示請求をしてみましょう。

信用情報の開示には窓口以外では税込みで1,000円の費用がかかります。一定期間は再開示が無料で行えますが、期間を過ぎてからの開示は再び費用がかかるので注意が必要です。

信用情報はクリーンに保つ

信用情報機関に記録される情報の中には、完済をしてから5年を超えない期間に渡って保有されるものもあります。例えば割賦契約の返済が長期間に渡って遅れてしまい、「異動」とされるネガティブな情報が記録されてしまうと、その契約を終えてから最長で5年間は異動の情報が残り続けます。

異動の記載は言わばブラックの情報であり、信用情報機関に異動があるとその後のクレジット審査全てに悪影響が出ます。クレジット審査とはクレジットカードの審査だけでなく信用が関連するもの、つまり信用情報機関に情報を照会する審査全てに影響を与えることになります。

カードローンキャッシングで見ると、消費者金融であれば大手のプロミスアイフルだけに限らずに中堅消費者金融でも審査の際には影響が出てしまい、銀行であれば三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック三井住友銀行カードローンなどのメガバンクだけでなく、ソニー銀行オリックス銀行といったネット銀行や信託銀行のカードローン審査も同様です。

日々の暮らしと信用情報機関は何かと関係があり、ネガティブな情報が残されてしまうと様々な影響が出る可能性があります。一度の失敗で大きな影響を引きずらないためにも、スマートフォンなどの本体代金の割賦払いはもちろんですが、それ以外にも借金関連の支払いはしっかりと行うようにしましょう。

支払いは一度遅れただけで「ブラック」とされるような状態になるわけではありません。とは言え、遅れて信用がプラスになることは無いので、基本は遅れないように支払いを進めなければなりません。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る