サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
債務整理をすると絶対にお金が借りられないのか

債務整理をした後のキャッシング

キャッシングやクレジットカードなどの借金が増えてしまい、返済が苦しくなったりできなくなってしまった際に行う債務整理は、信用情報機関に事故情報として登録がされてしまいます。数年の期間が経てば消えるものですが、情報が残っている間には基本的には新規で借金ができなくなっています。

とは言え、正確には「できない」のではなく、「融資をしてくれない」もので、現在の法律や規制では債務整理後にキャッシングでも何でも、新規で借金をしてはいけないとする決まりはありません。単純に各社各サービスの申し込み条件や審査基準に「債務整理をしていない方」を盛り込んでいるに留まり、審査の際に確認する信用情報に事故情報があると弾くわけです。

つまり、結論から言ってしまえば、債務整理をしたからと言って事故情報が消えるまでの間に借金ができないわけではなく、あくまで借り入れ先の貸し付け基準次第で借金は可能なのです。

大手では厳しい債務整理後の借り入れ

大手の有名業者では厳しい

債務整理にも様々な手続きがあり、中でも適用者の多いものとしては自己破産と任意整理となるでしょうか。どちらにしても借金の返済が苦しくなったことに違いは無く、銀行や大手の消費者金融からしてみれば貸し付けの対象者から外れてしまいます。

傾向としてですが、借金はどうしても「癖」になりやすいため、一度でも返済能力を超えるようなキャッシングによる借金を重ねた方は、再び借りると同じように返せないぐらいまで借金を繰り返してしまう方が多いです。

また、債務整理の解決法を覚えている借り手は、無理にでも返そうとしないため、貸す側としても言ってみれば厄介な客となる可能性があります。

低金利で好条件となる場合の多い銀行のカードローンや、知名度の高い大手の消費者金融の場合には、何も一度でも債務整理をしたリスクのある方に無理に貸さなくとも、毎日多くの新規申し込みがあるため、もっと安全にリスクの低い、属性の良い方に貸せるのです。

大手とは異なる審査基準

大手の消費者金融は資金も潤沢にあり、TVCMなどによって知名度を高めているのに対して、新規参入の後発の消費者金融の場合には、知名度も何もありません。サービス名すら知られていないので「ここは大丈夫なのか」と不安に思われてしまい、申し込みをする方も躊躇ってしまうのも事実です。

大手では日々の多数の申し込みがある中で、後発の小規模な消費者金融の場合には申し込み者数も多くありません。貸金業はその名の通りお金を貸さないと商売にならず、中小の消費者金融では少ない申し込み者から何とかして貸し付けをし、利息を付けて返済をしてもらい、売り上げを積み重ねていかなければなりません。

大手ほどの多くの申し込みが無いのに、大手と同じような審査基準で貸し付けをしていたのでは、いつまで経っても利用者数は増えず、商売も成り立たないでしょう。何せ、知名度の低い消費者金融なわけですから、同じ審査基準であれば誰でも利便性も信頼性も高い大手の消費者金融を利用するに決まっているからです。

中小の消費者金融なら債務整理後でも

消費者金融は様々なサービスがありますが、大手では審査基準にさほど大きな違いは無いと言われています。実際の審査基準は明確にされていませんが、そこまで大きな違いは無いとするのが大手消費者金融の審査傾向となります。

しかし、中小の消費者金融の場合には上記のように独自の審査基準を持っているところがあり、利用者数を増やすために債務整理後であっても、大手で断られた方でも現状で審査を行い、結果次第で貸してくれるのです。

ただ、一点だけ知っておきたいのが、いくら中小で独自の審査基準を持っているとしても、年収の3分の1を超える金額は借りられないとする総量規制には逆らえません。貸金業法で決められているものとなるため、中堅、小規模、後発の消費者金融であるとは言っても正規の貸金業者である以上は、貸金業法に反するような貸し付けは行いません。

もし、大手で借りられない理由が総量規制で定める貸し付け制限に引っかかっていると思われるのであれば、貸金業者にあたる消費者金融から借りる術は借り入れの一本化のおまとめローンか、または貸金業者ではない銀行からの融資に限られるでしょう。

言うまでもありませんが、おまとめローンにしても銀行にしても通常のフリーキャッシングの審査よりも厳しくなるため、総量規制で新規融資を断られているような状況では、まず審査に通らないということも知っておくべきです。

債務整理「中」の利用は避ける
債務整理中には借りないようにする

いくら独自審査の消費者金融ならキャッシングが利用できる可能性があるとしても、債務整理「中」の借り入れは避けるべきでしょう。特に弁護士、または司法書士に依頼をして任意整理などを進めている最中に借金を作ったことが分かると、場合によっては弁護士が任意整理から辞任をしてしまいます。

任意整理は現状の返済では苦しい場合に、今後の返済プランを債権者との交渉によって練るものです。今後の利息のカットと借金の減額を行うものとなるので、債権者としては儲けも何もなく、ただ手間だけかかり、減った元金分が返ってくるだけの面白くないものです。

それなのに、他の消費者金融で借りて利息を付けて払っていることが分かれば、任意整理に応じた債権者も黙ってはいません。弁護士も債権者からの正当な反発にはなす術もありませんので、最終的には「後は自分で何とかしてください」と弁護士や司法書士が辞任をして手を引いてしまうのです。

もちろん、辞任した場合にはそれまでに弁護士に支払った着手金などの類は一切返金されず、その先は債権者と自分自身で全ての交渉をせねばならず、話がまとまらなければ自己破産しか道が残されていない可能性もあります。

借りられる=闇金融ではない

一般的なイメージとして、ネガティブな信用情報が消えるまでの間、言わば「ブラック」の状態でお金を貸してくれるところは闇金融とされている部分があります。実際に闇金融は事故情報があろうと総量規制を超えていようと貸しますが、中小の正規の消費者金融と闇金融は完全な別物です。

上にも書いている通り、何もネガティブ情報があるからとお金を貸していけない決まりはありません。借りられるとしても少額の10万円程度である場合が多いですが、しっかりと貸金業者としての届け出、登録がされている正規業者で、法律が定めた金利で安心して借りることもできるのです。

例えば、過払い金の請求後でも利用ができる正規の消費者金融として、スルガ銀行グループのダイレクトワンが有名です。銀行のグループなのに過払い金の請求後でも借りられるとは意外ですが、現状に問題がなければ借りられる可能性があります。

もちろん年齢の条件や安定した収入を得ている、他社の利用があるとしても返済は正常に進められているなどの最低限の条件は満たす必要がありますが、しっかりとクリアした方であれば、過払い金の請求後でもダイレクトワンなら申し込みが可能です。

▼ダイレクトワンの申し込み時の注意点

ダイレクトワンは過払い金の請求後であっても申し込みや審査の結果次第で借り入れが可能ですが、現状の収入が安定していない方、他社での借り入れが多すぎる方での利用は難しいです。アルバイトでもパートでも自身で安定した収入を得ている方であれば、以前に他社で過払い金の請求をしたことがある方でも借りられる可能性があります。
過払い金請求後でも借りられるダイレクトワンについて

中小の消費者金融を利用する際のポイント
中小業者の注意点

利用ができる可能性がある中小の消費者金融で借りる際には、いくつか注意をする点、ポイントがあります。大手とは違った使い方になる場合が多いため、以下に挙げるものも含めた詳しい内容については、各社のホームページ上で確認をすると良いでしょう。

まず、利便性の面です。大手であれば契約をしてカードが発行されるところが多く、全国のコンビニや銀行のATMで借り入れも返済もでき、カードを使わずに銀行振り込みや口座引き落としでの利用も出来ます。しかし、中小の業者の場合はカード自体が発行されず、利用は全て銀行振り込みとなるところもあります。

振り込みで借りられる、返せるなら便利と思うかもしれませんが、週末や夜の時間には対応が出来ず、どうしても融資スピードも大手に比べると劣る部分もありますので、急ぎで借りたい場合にはどうにもならないときも出てくるのです。

上に挙げたダイレクトワンの場合にはコンビニやイオン銀行のATM、またはプロミスのATMで利用ができるカードが発行されるので、中堅消費者金融の中でも利便性では優れています。債務整理後でも借りられる消費者金融としては、十分すぎるほどのサービス内容です。

また、対応の面でも注意が必要です。大手の銀行系とされるようなところは業者間の競争も激しいため、コールセンターの対応が親切で丁寧な部分がありますが、中小の業者の場合には連絡が付きにくかったり対応が雑であったりと、満足度はあまり高くないのも事実です。

「お金を貸してくれればそれでいい」と考えるなら大して気にならないものですが、対応を気にする方にとっては不満に思えるでしょう。しかし、大手で門前払いを食らうような借りられない人に対しても貸してくれるのであれば、少しぐらい対応が雑でも仕方が無いと思える部分があるのも、また事実です。

その他、中小の業者は知名度がありませんので、正規の業者か闇金融かの区別が付きにくいものです。闇金融で借りてしまうと法外な利息の請求、違法な取り立てをされてしまいますので、借りる前に貸金業者としての登録番号を確認し、以下の金融庁が提供する番号照会でチェックをして下さい。
登録貸金業者情報検索入力ページ(金融庁提供)

闇金融の中には既に廃業済みの他社の登録番号を掲げている場合もありますので、ホームページ上に貸金業者としての番号が書いてあるから大丈夫と考えてしまうのは、大きな間違いです。しっかりと照会をし、相違点が無いかを見ておかなければならないのす。

返済だけは必ずしっかりと行う

中小の業者を利用する際に最も気をつけたいのが、返済だけはしっかりと行うようにする点です。大手ほどの丁寧さはありませんので、返済が遅れれば連絡もすぐに来てしまいます。

もちろんそのまま支払わずに放置をしていれば給料の差し押さえなどの手続きも早いことが考えられますので、利用をした際には返済計画を立て、余裕を持って返せるようにして借りる必要があります。

闇金融ではないので暴力的な取り立て、違法な時間の訪問があるわけではありませんが、大手ほどの優しさは無いのは言うまでもありませんので、借金で苦しむ同じ過ちとならないようにし、すぐに返せるような金額だけの借り入れに留めるようにしましょう。

トップへ戻る