サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
キャッシングの審査では何を見られているのか

消費者金融の審査で見ているとされる点

キャッシングを利用される方の中には、これまでに融資を断られた経験があるという方も多いかもしれません。ですが、なぜ融資を断られたのかについては良くわからないままで、次の融資も断られるのではないかと不安に思っている方もいるでしょう。

そこで、簡単に消費者金融のキャッシング審査で見ているとされる点、重視している点について確認をしておきましょう。

基本として安定した収入を得ているか

安定収入が重要

審査のウェイトの中でも最も高い位置にあるのが、利用者の職業と収入です。消費者金融側としては返済が確実になされるかが最重要のポイントですから、安定して収入を得られる職業に就いている人に対しては積極的にお金を貸し出します。

逆に、収入が高くとも安定していないと思われる職業に就いている方は、審査が通らないことも考えられます。返済は一括での支払いなら別ですが、基本的には継続しての返済を進める必要がありますので、安定して収入を得ているかが鍵となるのです。

他のキャッシングやクレジットカードの利用履歴

職業と同様に重要項目の1つです。消費者金融側からすると、複数のキャッシングを行っている状況は、返済の確実性を疑う大きな理由になります。たくさん借りていればそれだけ返済の負担も大きくなってしまうためで、収入に対しての借り入れが多い場合には計画性がない人として判断されてしまうこともあります。

もちろん借り入れだけでなく返済状況も信用情報を参照して確認をしますので、返済が遅れがちな方や不足入金を繰り返しているような状態だと、大手の消費者金融の審査には通らない可能性が高いです。

現在の消費者金融からの融資は年収の3分の1以上は受けられませんので、状況によってはいくら安定した職業で安定した収入があり、返済をしっかりと行っていたとしても、総量規制とされる借り入れ規制によって融資が受けられないケースも存在します。

利用者の年齢と今後の契約期間

一般的に消費者金融の利用可能年齢は20歳以上で65~69歳未満としています。未成年の方ではそもそも審査を受けることすら出来ず、上限年齢を超えてしまっている方も利用は出来ません。

利用可能年齢の中でも、消費者金融の中には年代を重視している場合もあるとされていますので、申し込み可能年齢の上限付近の方や、20歳に成り立てで就職をしたばかりの方の場合には、上記の安定収入に疑問符が付くこともあるために審査に影響を与える可能性があります。

総合的に判断をする消費者金融キャッシング審査

もちろんこれらの項目が全てではなく、様々な角度から総合的に判断をしているとされています。各社で審査基準は異なりますので、1社でダメでも全ての消費者金融で審査落ちになるわけでもありません。

だからと言って数多くの審査を受けるのは良くありませんので、申し込みをする際には各サービスの「借入診断」も活用しつつ、じっくりと考えてみると良いでしょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る