サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
手軽な消費者金融と有利な銀行のどちらが良いのか

キャッシングでまず思い浮かぶのが消費者金融

キャッシングといっても、いろいろなタイプの会社が運営しています。すぐにイメージできるもの、思い浮かぶものとして、恐らく多くの方がまずは「消費者金融」の名前が挙げられるのではないでしょうか。

それもそのはず、最近では都心部を走るような電車の中吊り広告や同じく電車から見える看板などにも、消費者金融の露出が非常に多くなっています。日ごろから目にしていればぱっと思いつくのも当然とも言え、広告の効果、露出を高めている効果と言えるでしょう

最近では銀行も個人向け融資に力を入れている

銀行の借り入れ

しかし、最近では消費者金融と並んで人気が出てきているのが、銀行のカードローンキャッシングです。「銀行カードローン」と呼ばれることもある商品で、消費者金融よりも低金利で高い限度額となっていることが多いものです。

借りる側からしてみれば、金利が低ければ利息の払いも小さくなるので安心して借りることが出来ます。また、限度額が大きければまとまった金額が必要になった時にも頼れるので、その他、多くの借り入れを一本化する際にも限度額が大きい点は、消費者金融と比較をしても有利に働くポイントとも言えます。

メリットばかりではない銀行のカードローン

金利が低くて限度額が高いとなると、消費者金融で借りずに銀行を使えば良いと感じてしまうものですが、銀行には銀行ならではのデメリットもあります。中でも有名な点としては「審査の厳しさ」にあり、消費者金融よりも基準が高いため、どうしても年収の低い方非正規雇用の方は審査に通りづらくなってしまいます。

その他、近年では最短即日融資に対応する銀行も出てきてはいるものの、審査や初回融資までに時間がかかってしまうデメリットもあります。急ぎで借りたいときには間に合わない可能性もあるため、利用する際にはよく調べる必要があるのです。

どこで借りるとしても計画性をしっかりと持つ

消費者金融にしても銀行にしても、どちらにも共通するのは「無理な利用はしない」ということであり、借りる前に自分は月々いくらまでなら余裕を持って払えるのかを考えておく必要があります。余裕を持って返せる返済金額になるように融資を受ければ、どちらの借り入れにしても生活に役立つものとなる事でしょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る