サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
低金利に求めるのは月々の返済額か利息総額かを明確に

低金利での借り入れを考える

カードローンにしてもキャッシングサービスにしても、お金を借りる際にはいくつかの重視する項目や要素によって借り入れ先を決めます。急ぎで借りたい場合には審査時間や融資対応、即日融資で使えるかなどとなり、返済を最優先で考えるとなると金利を重視、低金利で借りられるところを選びます。

一般的なイメージと実際の商品内容を見ても、低金利で借りるとなると銀行のカードローンとなります。消費者金融の金利と比べても確かに利率は銀行の方が低い場合が多く、低金利で借りたいとする希望には一致しているのも、やはり銀行のカードローンです。

低金利に何を求めているのか

金利の低さだけに注目しない

大手の人気消費者金融となるプロミスアイフルと比べても、銀行のカードローンは金利が低いです。上限金利で見れば変わらないオリックス銀行カードローンにおいても、限度額が大きくなれば消費者金融との金利差は大きく開きます。

ただ、低金利で借りたいとする考えは、果たしてどういった理由で低金利での借り入れなのでしょうか。金利が低ければ毎月の返済額も小さいだろうと考えているのか、または金利が低いことによる利息負担の低下なのか、低金利の一言に対する感じ方、捉え方はじつは人それぞれです。

以下の表は人気の銀行や消費者金融をピックアップし、下限金利の順に並べたものです。ざっと見ても低金利で借りられるところが分かりますが、低金利に求める内容によっては金利だけで見ると失敗をする可能性があります。

借り入れ先 実質年率や年利 限度額や極度額
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
年1.8%~
14.6%
10~500万円
ソニー銀行
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円
みずほ銀行
カードローン
エグゼクティブプラン
年3.0%~
7.0%
最大極度額
1,000万円
オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
最高800万円
モビット 実質年率3.0%~
18.0%
1~800万円
アコム 実質年率3.0%~
18.0%
1~800万円
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最高800万円
三井住友銀行
カードローン
年4.0%~
14.5%
最高800万円
プロミス 実質年率4.5%~
17.8%
1~500万円
アイフル 実質年率4.5%~
18.0%
最大500万円

みずほ銀行カードローン[エグゼクティブプラン]の金利は、住宅ローン利用における年0.5%の引き下げ後の利率となります。

支払う利息総額を減らしたい場合

低金利での借り入れで利息の支払いを減らしたい、借りたお金の返済をなるべく無駄なく進めたいと考えるのであれば、単純に適用される利率が低いところから借りれば良いです。金利が低ければ計算される利息も少なくなりますので、審査にさえ通れば希望通りのカードローンやキャッシングの利用が出来ます。

銀行の場合であれば限度額ごとに適用される金利も変わるため、大きな枠でお金を借りる予定であれば更に低金利で借りられる可能性もあります。限度額が大きくなると利息の支払いも大きくなるので、低金利で借りて利息を抑えるといった使い方は、正しい判断とも言えます。

毎月の返済金額を小さくしたい場合

低金利とはそのまま、低い金利を意味します。低金利で借りるということは低い金利でお金を借りるのですが、低金利に毎月の返済金額を求める方も多いです。

「金利が低ければ毎月の返済金額も小さく済む」といった先入観があり、低金利で借りられれば月々の返済金額も大きくなく、余裕のある返済計画でカードローン、またはキャッシングの利用が出来るとイメージされます。

たしかに金利が低ければ上にも挙げたように利息が安くなるので、月々にかかる利息の負担は小さくなります。しかし、低金利だからと言って、必ずしも毎月の返済金額が小さくなるわけではありません

以下の表は10万円を借りた際の毎月の返済金額の一覧で、少ない順に並べています。表の左の数字は上記の下限金利での表の順番を指しています。金利が低ければ毎月の返済金額も小さくなると考えているのであれば、数字は全て1から並ばないといけないはずですが、実際には異なります。

金利順 借り入れ先 実質年率や年利 10万円利用時
[2] ソニー銀行
カードローン
年2.5%~
13.8%
2,000円
[1] 三菱東京UFJ銀行
バンクイック
年1.8%~
14.6%
1,000円(年8.1%以下)
2,000円(年8.1%超)
[7] イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
3,000円
[9] プロミス 実質年率4.5%~
17.8%
4,000円
[5] モビット 実質年率3.0%~
18.0%
4,000円
[10] アイフル 実質年率4.5%~
18.0%
5,000円
(サイクル制)
[6] アコム 実質年率3.0%~
18.0%
5,000円
[4] オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
7,000円
[3] みずほ銀行
カードローン
エグゼクティブプラン
年3.0%~
7.0%
10,000円
[8] 三井住友銀行
カードローン
年4.0%~
14.5%
10,000円

10万円の借り入れ残高がある状態での返済金額での比較となりますが、ソニー銀行カードローンは金利も返済金額も最も優れた水準にあります。しかし、2番目以降の金利と返済金額を見比べてみると、下限金利では2番目に低かったオリックス銀行カードローンは、毎月の返済金額は7,000円となるために下から2番目になってしまいます。

更に特徴的なのがメガバンクのみずほ銀行が提供するカードローンで、金利自体はたしかに低いのですが、毎月の返済金額は他の銀行と比べても、消費者金融と比べたとしても大きな金額となっています。

また、金利が高いとされている消費者金融のプロミスの返済モビットの返済は、毎月の金額だけを見れば負担は大きくなく、プロミスの場合には、5万円の借り入れ残高なら月々の返済金額は2,000円となるので、他の消費者金融と比べても返済額の負担は小さいと言えます。

低金利に何を求めるかによって選び方も変わってくるので、利息を含めた支払う総額を抑えたいのか、月々の返済金額を抑えたいのかでよく考えるようにしましょう。

毎月の返済金額と利息の関係
返済金額に注目

金利が低くても毎月の返済金額が大きなカードローンと、逆に金利が高くても毎月の返済金額が小さい借り入れ先がありますが、入金額の内訳は返済額が同じだからといって当然ながら同じものとはなりません。

例えば毎月の返済が2,000円で同じ水準となるソニー銀行のカードローンと三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、それぞれ13.8%と14.6%の金利が適用された場合には、ソニー銀行カードローンが2,000円のうち1,134円が利息となり、バンクイックは1,200円が利息となります(どちらも30日間の借り入れ時)。

2,000円の入金でも元金分はソニー銀行カードローンが866円、バンクイックが800円となり、金利差があれば利息負担の差も生まれるので、毎月の返済の進み方にも大きな差が出てきます。

もちろん金利が上がる消費者金融のキャッシングとなれば利息も増えてしまい、毎月の支払いに対する利息の占める割合も多くなります。利息はいくら払っても借金は減りませんので、毎月の返済金額が小さいからと言って、全ての意味で返済の負担が小さいとも言えません

最終的な利息総額は、同額の利用で同期間の借り入れとすれば、言うまでもなく金利が高い方が重くなります。利息の支払額で返済の負担が小さい借り入れ先なら金利の低いところへ、最終的な利息が増えてしまうとしても毎月の返済額を小さくしたいのであれば、金利ではなく月々の返済額に注目して借り入れ先を選ぶべきです。

上記のカードローンはどれも任意での返済が可能なため、お金に余裕があれば繰上げでの返済、入金が出来ます。積極的に返済をすればその分だけ元金が減りますので、毎月の返済額が小さくても、多めの入金が出来るときには返済額以上に支払いを進めれば、最終的な利息も大きく抑えられます。

理想は低金利で返済負担も軽いところ

低金利でのカードローン、キャッシングの利用を考えた際に、理想となるのは他と比べて金利が低く、更に毎月の返済金額も小さいところです。上の表であればソニー銀行のカードローンが該当しますが、優れた商品であるために気軽に利用が出来るものでもありません。

アルバイトやパートの方では審査に通る見込みは低く、申し込みをしても借りられないと意味がありませんので、理想ばかりを追い求めも何もなりません。

理想としては低金利で返済額も小さいところですが、いくらか妥協をするなら、まずは返済金額の小さなカードローンとするのも良いでしょう。月あたりの返済額が小さければ急な出費で返済が厳しい月があるとしても、とりあえずの毎月の返済金額の用立てもしやすくなります。

しかし、金利ばかりに着目して毎月の返済額が大きな契約となっていると、不足入金となってしまうので信用情報にも良い影響を与えません。

一部の住宅ローンマイカーローンとは異なり、カードローンキャッシングのほとんどは繰上げ返済時には手数料はかかりませんATM手数料などは別となりますが、余裕があるときには多めに返済が出来ることを考えても、毎月の返済金額が小さい契約内容となる借り入れは安心が出来るのです。

低金利での借り入れ先を見る際に、果たして何を求めているのか、どのような低金利でのカードローンキャッシングの利用をしたいのかをよく考え、目的や希望内容に合うように計画的にお金を借りるようにしましょう。

当たり前ですが、金利は低いに越したことはありません。ただ、金利が低いカードローンは審査も通りづらくなりますので、自身の状況を見た上で借り入れ先の選定をしましょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る