サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
返済が出来ないままだと自宅に取り立てに来るのか

期日通りに返済をするのがキャッシングの基本

借りたときには考えてもいなかったような負担となるのが、キャッシングの一つの特徴とも言えます。想定外の利息負担で払っても払っても元金が減っていかず、気が付けば利息の支払いばかりになっている方も少なくありません。

それでも返済が出来ている間は良いのですが、支払いが重なってお金が足りなくなって、他の業者から新たに借りてしまったりすると、いよいよ返済が出来なくなってしまう場合もあります。払えなくなれば業者からの催促の連絡や通知が届くようになり、それでも払わなければ、最終的には裁判や差し押さえとなる場合もあるでしょう。

滞納が続いた際の裁判や差し押さえになる前の段階

まずは電話連絡から

返済が出来ずに暫く放置をしていると、携帯電話だけだった業者からの連絡が、まずは自宅に来るようになります。自宅の電話に出ない、または固定電話をお持ちでない場合には、その後に勤務先への電話連絡が入ります。

ただ、勤務先である会社への連絡の際には、申し込み時の在籍確認の電話と同じように、本人以外には担当者の個人名で電話をかけてきます。本人に繋がるまでは決して業者名やサービス名を明かさず、あくまで個人的な連絡といった体で連絡をするのです。

会社に連絡をしても「個人的な連絡は受けられません」と会社が突っ撥ねたり、または会社を辞めてしまっているなどの理由で本人に連絡が取れないときには、貸し手側は様々な方法で本人に連絡を取ろうとします。何らかの和解書を出してみたり、携帯電話に定期的に連絡をしてみたりなどです。

それでも連絡が取れなければ、借りている金額や返済状況によっては裁判などの手続きに入ることが考えられますが、状況次第ではその前に他の方法で業者が連絡を取ろうとしてくる場合があります。それが、自宅への訪問です。

法的に禁止されているわけではない自宅への訪問

いつからか間違った認識が広まっていますが、現在の法律では貸金業者、または債権の取り立てについて委託を受けた業者や人が、自宅への訪問をしてはいけない決まりはありません。以下のルールさえ守っていれば、自宅に訪問をするのは法的に問題ないのです。

(1)暴力的な態度で取り立てること
(2)大声をあげて騒いだり、乱暴な言動で厳しく追求や取り立てをすること
(3)必要以上の大人数で押しかけること

上記は法律によってしっかりと決まっており、何れかに反すれば罰せられます。そのため、業者が訪問をする際には基本は一人が紳士的な態度で対応し、取り立てるというよりも「返済計画を立てる」ための和解書などを持ってくる場合が多いです。

実際に、貸金業者の外回りもあり、現在の大手消費者金融の中でも、一日のうちの大半は滞納を続ける方の自宅への訪問と、裁判所への行き来で過ごす方もいます。だからと言って24時間いつでも訪問をしても良いわけではなく、21時から午前8時までは禁止がされていたり、あまりにもしつこい連絡も禁止されているなど、細かく決められています。

その他、返済のために他所からの借り入れを迫ったり、張り紙落書きをする、返済の滞納を言い触らすなどの利用者のプライバシーを侵害する行為も、もちろん禁止されています。

訪問はされる可能性は十分にありますが、テレビドラマのようにドアに張り紙をされたり、他の高金利なところから借りてでも支払いを迫ることは、正規の金融会社を利用している限りは起こり得ません

多くの借り入れを抱えていると訪問のリスクも高い
多くの借り入れは危険

いくつもの借り入れを抱えている方は、返済をするとしてもお金が限られてしまいます。大きな金額を貸している業者であれば、他が和解で合意する前に、我先にと和解書を持って訪問をしてくる可能性が大いにあります。

大きな金額を貸していて、大して返済もされない状態で支払いが滞ったのでは、業者側も大きな損失となります。それが例えば5万や10万なら違った話となるかもしれませんが、大きな金額になればなるほど、「せめて元金分だけでも」と和解の交渉をしてくるのです。

訪問がされないキャッシングの使い方をする

訪問がされると分かると、キャッシングで借りるのは怖く感じる方もいます。しかし、その考えはある意味、借りる上では間違っている認識であると言えるのかもしれません。

なぜなら、借りる前から返済を滞納する前提で考えているためで、キャッシングの基本は消費者金融だろうと銀行だろうと、信販系業者だろうと、期日通りに支払うことです。借りる前から遅れた状況を考えているのは、意識や気持ちとして間違っているのです。

訪問がされるのが嫌、催促の連絡を受けるのが嫌と考えるのではなく、そもそも返済が遅れないように、滞納をしないように計画的に利用していくべきなのです。正規の業者では「押し貸し」のような無理やりの貸し付けをしているわけではなく、あくまで借りるのは自己責任で自分自身です。しっかりと返済の計画を立て、無理が無いようにキャッシングを利用していけば、そこまで怖いものではないのです。

知っておきたい催促の連絡のあれこれ

ウェブサイトの多くでも書かれていることで、勘違いをしている方が多いため、以下に催促の連絡についての重要点をまとめておきます。特に勤務先への連絡は「遅れても電話が来ない」間違った認識をされているケースが多く、「会社に連絡が来ないなら遅れてもいいや」と甘く考える方もいるかもしれませんので、しっかりと確認をしておきましょう。

▼本人に連絡が取れなければ会社への連絡もあり得る

貸金業法の第21条3項には、「正当な理由がないのに、債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所に電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所を訪問すること。」の記載があります。

ぱっと見ただけでは「勤務先への連絡が無い」「連絡が来れば違法だ」と思うかもしれませんが、本人宛の電話や通知をしても長期間に渡って連絡が取れない場合には、確認のための勤務先への連絡正当な理由と成り得るのは言うまでもありません。

ここで言う禁止事項とは、携帯や自宅に電話をすれば多くの場合で本人に連絡が取れるにも関わらず、嫌がらせのように勤務先への電話や通知を出すことを指すのです。

▼払えないなら払わないで放置をするのは危険

第三者による無責任な意見の場合が多いのですが、キャッシングの借金は払えないなら払わないまま放置していれば時効になって消えるからそのままで良い、などと仰る方もいます。

たしかに借金には時効が存在していますが、こちらにあるようにそう簡単に成立するものではありません。また、時効になるまでの間に給料の差し押さえをされてしまえば、もう手も足も出なくなってしまいます。

Q&Aサイトで多く見かける「高い利息だから払わなくていい」とするのは、実際に滞納をしている立場の人間ではないからこそ書ける、無責任な意見に過ぎません。実際に返済が出来なくなって困っている状況では、今後の起こるかもしれない差し押さえ等での会社や家族への迷惑を考えれば、「払わないまま放置する」などという選択肢は、リスクが大きすぎてまずあり得ないのです。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る