サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
カードの受け取りは色々な方法から選べる場合がある

内緒で受け取りたいカード

多くの消費者金融や銀行では、カードローン契約を行うと借り入れや返済時に使うローンカードが発行されます。カードがあれば全国の提携ATMで便利に使えますが、問題となるのは契約時に発行されたカードの受け取り方法です。

今では申し込みは来店不要のネットで進める方が多くなっており、契約までの手続きは周りに知られず、家族や会社にも内緒で行えます。しかし、カードの受け取りでバレてしまっては意味が無く、どのように受け取ればバレないのかが気になる方も多いです。

そもそも、カードの受け取り方法が選べること自体を知らない方も多いです。カードローンの相談は周りの方にはしづらいので当然でもあるのですが、契約時の基本となるカードの発行や受け取り方法について、詳しく知っておきましょう。

選べるカードの受け取り方法

郵送以外のカード受け取り

一部の手続き方法を除くと、ほとんどの消費者金融や銀行では契約を行うとカードが発行されます。発行されたカードの受け取りはネット申し込みなら郵送、店舗や契約機での手続きならそのままその場でとする方が多いですが、何も限定されているわけではありません

例えばネットで申し込みをしてWeb契約をしたとしても、カードは郵送ではなく店舗や契約機まで取りに行っても良く、カード自体が不要であれば一部の消費者金融で利用ができるカードレスの手続きを進める方法もあります。

基本的にカードの受け取りは郵送か店舗、または契約機となり、カードの受け取り自体をしたくないのであればカードレスで借りられるキャッシングサービスを考えてみると良いでしょう。

郵送によるカードの差出人

郵便物や郵送物は何がどのように届くか知っておくでも書いているので重複しますが、カードの差出人は消費者金融であれば、借り入れ先のサービス名は封筒に記載をしないようになっているところがほとんどです。

家族の方などにバレないように配慮がされているため、大手の消費者金融ならカードの受け取り時に封筒で借り入れ先がバレてしまう可能性は低いと言えます。

ただ、それでも見た、聞いたことの無い差出人から本人限定受取での郵便物が自宅に届けば、家族に不審がられるかもしれません。届く日にちや時間帯が分かっていれば、インターホンが鳴ったときに自身で玄関まで行けば良いのですが、不在時に届いてしまうとどうにもなりません。

一応、大手消費者金融のアイフルではカードの配達時間が選べる「えらべーる」のサービスがありますが、受け取る時間は何れも家族が家にいる時間しかないといった方は、やはり郵送ではなく店舗や契約機、またはカードレスのサービスを利用してください。

モビットのWeb完結や、プロミスでも手続きの進め方次第でカードの有無を選べるため、郵送がどうしても困る、それでも契約機までは行きたくない方はどちらかの利用を考えてみましょう。

早くにカードを手にしたい場合

上記の問題点をクリアした上でカードを郵送での受け取りとした場合には、仕方が無いことですが届くまでに日数がかかります。

それでも最短即日融資も可能となるプロミスやアイフルをはじめとする大手の消費者金融では、カード到着前に振り込みでの融資を行ってくれるため、急ぎの借り入れにも対応をしてくれます。

しかし、振り込みによる融資は通帳に借り入れの記載がされることとなり、自身で使える家族に知られない銀行口座があるなら良いですが、特には無い、全ての通帳が管理されている場合には、振り込みによる融資は家族バレのリスクが高くなります。

カードを使ったATMでの借り入れであれば、利用明細のWeb交付サービスを利用していれば自宅に郵送物が届くこともありません。内緒の借り入れや返済が行えるので、通帳を見られたところで問題ないのです。

ただ、だからと言ってカードが届くのを待っていたのでは、急ぎで借りたい場合には間に合いません。なるべく早めにカードが必要であれば、ネットでの申し込み後に契約機までカードを取りに行くのが良いです。

契約機ではなく店舗でも受け取りは可能ですが、どの消費者金融でも有人の店舗よりも契約機の方が設置数が遥かに多く、契約機は人目につきにくい、中が見えないように配慮がされているので、カードの受け取りだけであれば契約機の方が便利で安心です。

ネット申し込み後の契約機でのカード受け取りなら、利用明細のWeb交付利用をしっかりと確認をしておけば、今後の郵送物もなく内緒で借り入れが可能となるのです。

返済が遅れてしまうなど利用における何らかのトラブルが起きた場合には、契約中の郵送物が届く可能性があります。しっかりと期日を守って利用をしているのであれば、基本的に郵送物は届きません。

一部の銀行でも行える手続き
便利な銀行カードローン

ネット申し込み後に契約機を利用するカードの受け取り方は、多くの契約機を設置している大手の消費者金融が中心となるサービスです。上に挙げたプロミスやアイフルの他に、TVCMでもお馴染みのアコムやWebサービスが充実するモビットなど、様々な消費者金融で利用ができます。

自動契約機=消費者金融といったイメージすらもありますが、最近では銀行も無人の契約ができる契約コーナーを設置しているため、人気消費者金融と同様の手続きでカードの受け取りまで進められるようになっています。

有名なところでは三井住友銀行の三井住友銀行カードローンと、三菱東京UFJ銀行のバンクイックです。何れもネットでの申し込み後に契約コーナーの利用ができ、週末の土日であっても最短で即日のカード発行も可能です。

三井住友銀行のローン契約コーナーは銀行内の他に、幹線道路沿いにプロミスの契約コーナーと併設されている場合も多いです。三菱東京UFJ銀行は銀行内の設置となりますが、空いている時間を狙えば目につかずに手続きが進められます。

銀行は手続きが面倒、遅い、書類が多いなどとする考えは今の時代には合っておらず、上に挙げたそれぞれのメガバンクのカードローンは素早く最短即日での借り入れも可能となる頼れるサービスです。

消費者金融の金利と比べても上限金利で数パーセントも低い水準となっているので、カードローンの審査基準をクリアできる見込みがある方は、銀行のカードローンで内緒のカード受け取りを考えてみるのも良いでしょう。

ローン契約コーナーを設置していない銀行では、店舗や郵送での受け取りとなります。利用する金融機関によって異なりますので、詳しくは利用先の公式ウェブサイト上でご確認ください。

受け取り方法が選べない場合に注意

多くの消費者金融や銀行ではカードの受け取り方法が選べますが、ネット銀行やネット上での手続きに限定されるカードローン契約の場合には、カードは郵送のみでのお届けとなります。

例えばソニー銀行カードローンオリックス銀行カードローンでは、カードは郵送での受け取りのみとなります。店舗や契約コーナー、その他の方法では利用ができないため、本人限定受取郵便でのカードの受け取りが不可となると申し込みが取り下げられる場合があります。

カードローンは金利や限度額審査時間や融資対応など様々な面で比較がされますが、忘れてはならないのがカードの受け取り方法の確認です。幅広い受け取り方が用意されている方が利便性が高いのは言うまでもありませんので、カードローン選びの際にはよく考えてみると良いでしょう。

郵送が困る方は消費者金融ならプロミスアイフルモビットアコムあたりを考え、銀行なら三井住友銀行カードローンバンクイックあたりで契約機まで取りに行くと安心です。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る