サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
Web完結で電話や郵送物無しでキャッシングを利用する

Web契約は当たり前になった

ネットで申し込みをして来店不要の手続きを進めるWeb契約は、今となっては珍しいものではありません。大手の人気消費者金融はもちろん、有名どころの銀行や一部の地方銀行信用金庫のカードローンであっても来店不要のWeb契約ができるようになっています。

手軽に手続きが進められるのが利点のWeb契約も、欠点がないわけではありません。代表的なものとして、来店をしない代わりに後日に自宅宛にカードが届けられてしまう問題点があります。

申し込みから契約まで来店不要で内緒で進められたとしても、カードの受け取りで家族にバレてしまう場合があります。せっかく契約まで知られずに進めたのであれば、最後まで内緒で進めたいと考えるのは当然です。

Web契約のさらに上をいく「Web完結」

Web上での手続きで借りる

カードの郵送が困る、そもそもカードは不要でキャッシングを利用したいと考えるのであれば、Web契約のさらに上をいくサービスとも言える「Web完結」での手続きを進めてみましょう。

借り入れ先は限られますが、Web完結であれば文字通り申し込みから契約、借り入れや返済までもがWeb上で完結できるため、後日の郵送物が無い手続きが可能となります。

また、以下に挙げるプロミスモビットのWeb完結であれば、郵送物も不要となります。本人宛には場合によっては電話連絡が入りますが、勤務先への電話は不要で進められるので、郵送物も電話も無い周りに知られづらい契約ができるようになるのです。

Web完結サービスの比較

プロミスとモビットのWeb完結による手続きは、必要となる条件や書類に大きな違いがあります。どちらにしても通常のWeb申し込みとは異なる書類が必要となり、事前に確認をしておかないと手続きが進められなくなってしまいます。

詳しくはそれぞれの公式サイト上でも確認し、必要書類に不備が無いようにWeb完結での申し込みを進めるようにしてください。

借り入れ先
詳細
Web完結の内容や条件
プロミス
プロミス
【カードの有無】
・カードレスの選択が可能(対応する金融機関の口座が必要)
※必要であれば後日にカードの発行も可能
【必要条件】
・電話での確認に対するご希望、ご要望がある場合には、申し込み完了後にすぐに電話で連絡をして相談をする
※ご希望に添えない場合もあります。
モビット
モビット
Web完結
【カードの有無】
・Web完結手続きはカードレス
※後日であってもカードの発行は不可
【必要書類や条件】
・三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の何れかの本人名義の普通預金口座
・直近2ヶ月分の給与明細書と、可能であれば直近1年分の賞与明細書
・勤務先名が記載されている社会保険証や、組合保険証
・提出書類によっては別途、所得証明書類が必要

それぞれの違いを見てみると、プロミスはWeb完結で手続きを進めるとしても申し込みフォームは通常の手続きと変わりありません。通常と同様に申し込みを進めますが、電話での在籍確認に対するご要望やご希望がある場合には、申し込み完了後にすぐにプロミスに電話をする必要があります。

必ずしも希望通りの手続きができるとは限りませんが、電話を入れないと希望内容を伝えることもできないため、電話連絡が不安な方は申し込み完了後すぐに電話を入れてください。

また、「ご希望の契約方法」は「Web」を選択し、「審査結果の連絡方法」を「メール」、「書面の受取方法」を「パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」にチェックを入れ、カードレスの選択をすれば郵送物も不要の手続きとなります。

必要となる書類が少ないのもプロミスのWeb完結の魅力です。共に勤務先名が記載されていることが条件となりますが、保険証か直近1ヶ月分の給与明細の何れかのコピーが一点あれば良いので、外出先であってもWeb完結で契約も可能となります。

対してモビットのWeb完結は、必要となる書類を含めた条件が厳しく、対象外となってしまう方が多いのです。

Web完結に限らず、申し込みにあたっては本人確認書類が必ず必要となります。プロミスもモビットも本人確認書類は必須となりますので、ご注意ください。

対応する金融機関の差

プロミスとモビットのWeb完結手続きには、どちらも指定の銀行口座が必要となります。カードを使わないとなれば銀行振り込みでの借り入れ、口座振替での返済となりますので、それぞれ指定の銀行口座を用意する必要があるのです。

対応する金融機関はプロミスとモビットで大きく異なり、プロミスはメガバンクや都市銀行はもちろん、地方銀行や信用金庫、セブン銀行やゆうちょ銀行など非常に幅広く数百の金融機関が対応しています。

しかしモビットは三井住友銀行三菱東京UFJ銀行何れかのみとなり、どちらかの本人名義の口座をお持ちで無い方はモビットのWeb完結での手続きは進められず、通常の電話や郵送物が届く可能性があるWeb申し込み扱いとなってしまいます。

対応する金融機関の差で見ても、プロミスのWeb完結の方が手続きが進めやすくなっています。利用できる金融機関の詳細情報につきましては、プロミス公式サイト上でご確認ください。

提出書類の鮮明さに注意
書類の写りに注意

上記のそれぞれの利用条件を満たせる方は、プロミスでもモビットでもWeb完結での申し込みや手続きが進められますが、各書類の提出時には十分に注意をしておきたいポイントがあります。

Web完結の名の通りに手続きはWeb上で進めるため、本人確認書類を含む各必要書類の提出はWeb上で行います。スマホやデジカメなどで撮影した画像ファイルでの提出となりますが、書類を撮影する際には鮮明に写すようにしてください。

画像がボヤけている、小さすぎて文字が読み取れない、逆光での内容が判断できないなどの場合には、書類の再提出が必要となります。再提出となればその旨を伝える連絡が携帯電話宛に届くこととなり、さらには再提出をするための時間もかかります。

その結果、本来であれば当日中の借り入れが可能であったはずが、再提出と再確認に時間がかかってしまったことにより、初回の借り入れが翌営業日扱いとなってしまう場合もあります。

慌てて手続きを進めると単純なミスを引き起こしやすいので、手軽なWeb完結の手続きだからこそ、慌てず焦らず、よく確認をしながら申し込みを行うようにしましょう。

入力内容についても同様です。申し込みフォームに入力する各項目に間違いがあれば、確認の連絡や修正の対応が必要となります。急いでいるときこそ、よく確認をしなければならないのです。

Web完結で進めるにあたって

プロミスにしろモビットにしろ、Web完結で手続きを進める際には「Web完結となる手続きの進め方」を行わなければなりません。プロミスは申し込みフォームで上に挙げたようなチェックを忘れずに入れるようにし、モビットはWeb完結での申し込み手続きとしなければなりません。

プロミスの申し込み時にチェックを忘れてしまえば勤務先に確認の電話連絡が入り、カードも後日に届いてしまいます。モビットもWeb完結の必要条件を満たしていても通常のWeb申し込みで進めてしまえば、同じく電話や郵送物が届きます。

入力内容のミスもそうですが、慌てて手続きを進めると何かと間違いが起こってしまうものです。勤務先に電話連絡が無いWeb完結のつもりが、ただのWeb申し込み手続きとなると大きな問題が起こる場合もありますので、しっかりと確認をして申し込みを進めるようにしましょう。

プロミスはWeb完結の手続きが進めやすく、最短1時間融資の早い対応も大きな魅力となります。Web完結での借り入れを考えるなら、消費者金融ランキングでも上位となるプロミスから考えると良いです。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る