サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
郵便物や郵送物は何がどのように届くか知っておく

Web契約は基本的に郵送がされる

最近のキャッシングは便利になったもので、インターネット上で来店不要で申し込みから契約まで行えるようになっています。いちいち店舗や契約機まで行かずに借り入れの契約ができ、今までのように周りの目を気にしながら店舗などに行く必要もなくなりつつあります。

しかし、来店不要のWeb契約によるカードローンキャッシングの手続きは、基本的に契約後に郵送物が自宅宛に届きます。届けられるものは今後の借り入れや返済を行うためのカードであり、本人確認の意味も込められているので一般的に自宅宛、または借り入れ先によっては勤務先宛となります。

一部のカードレスのキャッシングであれば契約後のカードの郵送はありませんが、多くの消費者金融や銀行のカードローンの場合には、カードローンの名称の通りローンを利用するためのカードが届けられるのです。

カード以外の郵送物は何があるか

キャッシングの郵送物

借り入れ先によって異なりますが、大手消費者金融で借りる場合には、問題なく利用をしているのであればカード以外には特に郵送物は届きません。最近では利用明細もWeb上での交付が一般的となっているので、インターネット経由のキャッシング利用をしたとしても、そのたびに明細が自宅に届くようなこともありません。

また、大手の消費者金融なら余計なパンフレットなどが自宅宛に送付されることもありません。なるべく秘密を守ってくれるのが大手の良さであり、わざわざ家族に借り入れがバレてしまう可能性があるパンフレットやDMは基本的には送付をしません。

銀行で借りる場合には、カードの他に契約書類や口座開設のための書類などが届く借り入れ先もあります。消費者金融よりも郵送物が増える可能性がありますが、銀行の場合には封筒も銀行名となるので、中身を見られなければ問題ありません。

その他、銀行は口座開設者向けに商品の案内や何らかの通知の郵送物が届くことがあります。ただ、これらに関してもカードローン利用者向けではなく口座開設者向けの郵送物となっています。

郵送物なしでキャッシングを利用する

郵送物なしで契約をしたい、お金を借りたいと考えるなら、消費者金融で借りる場合を例に挙げれば「店舗や契約機でカードを直接受け取る」か「郵送物が無いキャッシングを利用する」のどちらかとなります。

店舗や契約機を利用する方法は、ネットで申し込みをして審査を終えた後であれば早くにカードが受け取れます。後日のカード郵送がないだけでなく、早い借り入れも可能となるなどネット申し込み後の契約機の利用はメリットも多いです。

もう一方の郵送物が無いキャッシングは、一部の借り入れ先に限られる特殊な方法となります。手続きがWeb上で完結するモビットのWeb完結や、カードレスの選択も可能となるプロミスのWeb完結で契約手続きを進めます。

どちらも郵送物なしで契約ができますが、一定の条件を満たすことや必要書類の用意がないとWeb完結でのキャッシングの利用ができないので、モビットにしてもプロミスにしても、詳しくはそれぞれの公式サイト上でご確認ください。

モビット公式サイトはこちら
Web完結は通常の利用と比べて必要書類や条件が多いのでご注意ください。
プロミス公式サイトはこちら
選択した金融機関で本人確認が完了していれば、Web完結も可能です。

申し込み状況や審査結果によっては、ご希望に添えない場合もあります。

郵送物が届く場合の差出人
気になる差出人名

郵送物が届かないWeb完結の手続きではなく、カードなどが届けられる通常のWeb契約で進めた場合に気になるのが、郵送物の封筒に記載されている差出人です。

銀行でカードローンを利用する場合はほとんどが銀行名の封筒で留められますが、消費者金融の場合には多くはサービス名は書かれておらず、別の差出人名でカモフラージュがされています。

銀行名の封筒なら差出人を見ただけではカードローンの利用か、もしくはただの銀行からの何らかの郵送物かの区別はつきませんが、消費者金融のサービス名が封筒に記載されているとそうもいきません。

そのため、プロミスでは「パルセンター」、モビットでは「MCセンター」、アコムでは「ACサービスセンター」といったように、パッと見ではどこからの郵送物か分からないようにしているのです。

カードの郵送などであれば上記の差出人名がほとんどですが、一部の郵送物に関しては対象外となる場合があります。詳しくは利用先の消費者金融でご確認ください。

契約後に届く可能性がある郵送物

上で利用明細はWeb上での交付とする借り入れ先がほとんどと書きましたが、それ以外に契約後に届く可能性がある郵送物があります。それは、返済に関する通知です。

返済期日を過ぎても入金も連絡もせず、消費者金融や銀行側からの連絡にも応じない場合には、催促状や督促状が自宅宛に届く可能性があります。もちろんWeb完結での契約であっても、返済に関する通知は届きます。

Web完結などの郵送物が無いとするキャッシングは、あくまで契約時に郵送物が無いとするだけです。契約後の利用に問題があれば何らかの通知や郵送物が届く場合もありますので、しっかりと期日を守り、仮に返済に遅れるとしても事前に連絡を入れるようにしましょう。

返済期日を守るのは郵送物の有無に関わらず、キャッシング利用における基本中の基本です。無理のない返済計画を立て、適度なキャッシングでの借り入れとしてください。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る