サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
限度額を増額してより大きな金額を借りるための条件

大きな金額を借りるための増額

消費者金融の場合には特にそうですが、カードローンの契約は初回では限度額はどうしても抑えられがちです。初回からいきなり大きな金額を借りられるのは、高いレベルで安定した収入を持つ会社員や公務員の方が銀行のカードローンを利用する場合が多く、消費者金融ではそうはいきません。

審査の結果次第では初回からでも100万円以上の限度額となることもありますが、大手のアコムが公表をしているIR資料の初回貸付枠の項目を見ても、やはり消費者金融は大手であっても初回は~20万円程度の少額融資となる場合が多いのが分かります。

緊急の出費であれば10万円や20万円で十分に足りるものですが、何らかの要りようで追加で借りたいとなった場合には、今の限度額では足りない状況も起こり得ます。かと言って他のカードローンで借りると返済先が増えて危険なため、今の借り入れ先でさらに借りられないかの「限度額の増額」を考えてみましょう。

増額のための基本条件

限度額を増額するために

カードローンは限度額内であれば再申し込み不要で繰り返し借りられますが、限度額の増額となるとそうはいきません。増額のための審査を受け、可能と判断されれば晴れて限度額が増額されます。

増額の条件は各サービスの審査基準の一つとなるために明らかにされてはいませんが、最低限のラインとして「半年以上の利用実績」と「今までの正常な返済の履歴」が必要とされています。返済ができると証明できなければ今以上の金額を借りられないため、当然と言えば当然です。

借り入れ先によっては半年に限らずもう少し短い期間でも増額の審査が受けられる場合がありますが、それまでの返済に関してはどこで増額をしてもらうとしても正常な履歴が求められます。

直近で返済が遅れてしまっている、不足での入金をしてしまっているなどの状況では、限度額の増額は諦めざるを得ないと言えるでしょう。

限度額の増額申請の行い方

限度額を増額したい場合には、まずは借り入れ先の会員専用メニューを見てみましょう。大手消費者金融プロミスモビットではネット上から増額の申請ができるようになっており、手間をかけずに増額の審査を進められます。

銀行の場合には借り入れ先によって異なり、みずほ銀行カードローンの場合にはネットで再申し込みを、三井住友銀行カードローンの場合にはカードローンプラザに電話で確認、三菱東京UFJ銀行のバンクイックの場合には消費者金融同様にネット上からといったように、それぞれの銀行で手続きの進め方が違います。

増額の申請をしたあとは消費者金融や銀行、保証会社による審査が行われ、審査の結果は後日に伝えられます。一部では最短即日の回答となりますが、限度額を増額となると大きな金額の融資となるため、審査にも時間を要することが多いです。

増額審査の結果がOKであれば、増額された範囲までで今までのように繰り返し借りられます。対して増額審査が希望通りとならなかった場合には、今までの限度額の範囲内での借り入れとなります。

増額審査に落ちても利用は停止されない

増額審査は新規での借り入れ審査とは異なり、審査結果がNGだとしても追加の借り入れが停止されるわけではありません。増額がNGとなるだけで今までの限度額での借り入れは継続されるため、増額審査は受けられるなら受けてみるのも悪くはありません。

増額の案内が届いた場合

増額の連絡が来ることもある

限度額の増額は利用者側から申請を出す以外にも、借り入れ先からの連絡によって案内がされる場合があります。第一連絡先に消費者金融や銀行から「限度額の増額が可能かもしれない」「必要であれば審査を行う」といった連絡が届きます。

借り入れ先から増額の案内が届いた場合は限度額を増やす良い機会ですが、この時点では増額は確定しているわけではありません。消費者金融も銀行も増額が可能と思われる顧客に対して連絡をしていますが、先に詳細な審査を行っているわけではないので、審査の結果次第ではNGとなる可能性が残されています。

例えばここ最近で急激に他社での借り入れが増えていたり、別のカードローンやクレジットカードでの返済が遅れているなどのネガティブな情報があった場合です。

限度額の増額とは言っても消費者金融から借りるなら総量規制の対象であり、年収の3分の1以上となるような借り入れはできません。また、他社での返済が正常に行えていなければ、増額をしたところで返済ができる見込みが薄いため、NGとなってしまいます。

他社の利用があるとしても借り入れが増えているわけでもなく、返済も正常に無理なく行えているのであれば、増額の連絡が来た場合には限度額が上がる可能性が十分にあります。詳しくは連絡が来た段階で確認をしてみると良いでしょう。

他社での返済が遅れている状況で増額審査を受けると、限度額が逆に減額されることがあります。返済ができていない状況では余計なことはせず、とにかく返済を正常に進めるようにしてください。

増額審査を通すためのポイント

より大きな金額を借りるためには、「今以上に借りても返済が問題なく行える」ことを伝える必要があります。伝えるとは言っても口頭で説明をするのではなく、それまでの利用実績で示すのです。

例えば、今現在の借り入れ残高での毎月の返済金額が10,000円とすれば、15,000円や20,000円ずつの返済を行うなどです。また、返済期日を待たずに早めに入金をして完済をするといった方法も効果的とされています。

消費者金融は大手も中小もお金を貸さないと商売にならず、返済ができる顧客に対してはより多くを貸したいと考えています。銀行にしても同様で、安定した収入を持つ返済がしっかりとできる方であれば、100万円を超える大きな枠での融資も行います。

優良顧客として扱われるのが限度額増額への近道となり、他社での利用が多い、返済がギリギリなどのリスクの高い顧客となってしまうと増額も難しくなります。

できることなら件数は増やさない

カードローンの借り入れは、件数が増えると返済が大きな負担となります。特に複数のカードローンやキャッシングで総額で100万円を超えるような借り入れとなると、金利の負担が非常に大きくなります。

細かく複数から借りるのが最も良くない借り方とも言えるため、一つの借り入れ先で限度額の増額によっておまとめローンの利用や借り換えが可能であれば考えてみると良いでしょう。

また、今現在の借り入れ先が少ない方は、できるならそのまま件数は増やさない方が良いです。追加で借りたい場合は他のカードローンに申し込みを行うのではなく、利用中のサービスで限度額の増額ができないかをまずは確認をしてください。

限度額の増額ができそうもない、それでもどうしてもお金が必要であれば仕方ありませんが、他のカードローンを新規で利用をする際には最低限の借り入れに留め、早めに完済ができるような計画で借りる必要があります。

新規で借りられたからと限度額いっぱいまで余計に借りてしまえば、翌月以降の増えた返済負担で自分自身が苦しみます。最終的に返済ができなくなれば信用情報にも大きなネガティブ情報が記録されてしまうため、追加で借りたい場合には新規での借り入れではなく、限度額の増額から考えてみるべきなのです。

増額後の借り入れに関しても計画的に行うのは基本です。大きな枠となると気持ちも大きくなってしまうものですが、必要最低限の借り入れに留めて計画的に無理のない返済の範囲で借りるようにしてください。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る