サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 近畿地方の地銀情報一覧 »
池田泉州銀行カードローンはカード一体型が便利で安心

キャッシュカード一体型カードローン

情報確認日:2015年6月24日

池田泉州銀行は、2015年に新たなカードローン商品となる「キャッシュカード一体型カードローン」をデビューさせました。商品名の通り、池田泉州銀行のキャッシュカードとカードローンのカードが一体となったカードローン商品となります。

カードローンとは言ってもあくまでも基本は池田泉州銀行のキャッシュカードであり、そこにカードローン機能もプラスされるスタンスです。専用のローンカードが発行されるわけではないので管理が楽で、誰かに見られてもそれは池田泉州銀行のキャッシュカードでしかないため、券面だけで借り入れがバレてしまうこともありません。

何れにせよカードが一体となりますので、通常のカードローンでありがちな「ローン専用カードが届くまではカードローンが利用できない」といった煩わしさはありません。契約したらすぐにカードローンも利用可能なのです。

金利は一律で決まり専業主婦も対応

専業主婦も借りられる

銀行のカードローンというと限度額が設定され、その限度額に応じて適用金利が決まる形が多いですが、池田泉州銀行のキャッシュカード一体型カードローンはそうではありません。適用がされる金利は、限度額に関係なく一律で年14.5%の固定金利ですので、非常に明確です。

申し込みの条件は、他の銀行カードローンと比べると若干低い印象です。特に「本人または配偶者に安定した収入のある方」の条件が注目であり、一見すると厳しい条件のようにも思えますが、裏を返せば配偶者にさえしっかりとした収入があれば、本人に収入のない専業主婦のカードローン利用可能となります。

専業主婦でも借りられるカードローンはイオン銀行のカードローンやみずほ銀行のみずほMyWing、少額融資となるセブン銀行カードローンもありますが、やはり同じように配偶者に安定した収入があれば申し込み、借り入れが出来るとしています。自身に収入が無くても専業主婦の方でも利用が出来るのは、安心で頼れる商品と言えるでしょう。

一体型のマックスファイブ

池田泉州銀行にあるキャッシュカード一体型カードローンは、1種類だけではありません。「キャッシュカード一体型カードローンマックスファイブ」も用意されています。

商品名に付いている「マックスファイブ」は限度額を表し、MAXが限度額の上限、Vがローマ数字の5、つまり限度額500万円を表現しています。

マックスファイブの限度額も素晴らしいですが、さらに素晴らしいのは金利です。通常のキャッシュカード一体型カードローンと同じように、金利が一律な点は変わりがありませんが、年5.95%の低利率なのです。銀行のカードローンの下限金利並みの金利を一律で適用してしまうのですから、返済負担を気にする方、利息を抑えて安く借りたい方に適する商品となります。

有利な条件のマックスファイブですので、誰でも使いたいと思うでしょうが、やはり利用条件は厳しいものがあります。まず、基本となるのが収入による制限で、マックスファイブは税込みの年収が400万円以上なければなりません。通常のキャッシュカード一体型カードローンでは明確な数字はなかったので、ここは大きく異なります。

また、池田泉州銀行と2年以上の取引があり、「住宅ローン」「給与振込」「貸金庫」「定期預金」「子会社が扱うクレジットカード」「公共料金の引き落とし(電気、電話、ガス、水道、NHK)」の何れかの取引をしていなければなりません。

それ以外にも勤続2年以上でなければなりませんし、申し込みが可能な上限年齢も60歳と、通常のカードローンよりも10歳も低い厳しい条件が定められています。

自動融資が便利なパッとサッと
便利な自動融資機能

池田泉州銀行はキャッシュカード一体型カードローンが便利ですが、専用のローンカードを発行するカードローンもあります。それが「パッとサッと」です。

限度額は10万円と30万円のみと、上記2種のキャッシュカード一体型カードローンと比べると物足りなさを感じますが、金利は一律で年14.0%と低水準を保っていますので、さほど大金を必要としないのであればこのくらいの金額でも十分でしょう。

また、パッとサッとには自動融資機能も搭載されています。公共料金クレジットカードの料金を口座引き落としにしていると、残高が不足している場合もあります。残高不足の場合には引き落としが実行されず、クレジットカードの支払い遅滞信用情報に傷が付いてしまいますが、パッとサッとがあれば不足分を自動的に融資をしてくれますので、確実に引き落としを実行できます。

ただし、自動融資機能には対応が出来ない支払いの種類があります。詳しくは池田泉州銀行のウェブサイトや窓口で詳細情報をご確認いただき、申し込みを進めてください。

池田泉州モビットキャッシング

もうひとつ、池田泉州銀行には「池田泉州モビットキャッシング」があります。モビットと聞くと人気消費者金融のキャッシングブランドが思い浮かびますが、モビットキャッシングの保証会社モビットではありません

以前は確かにモビットが保証会社となっていたのですが、現在では三菱UFJフィナンシャルグループの一員であるエム・ユー信用保証株式会社が保証会社となっています。三菱UFJフィナンシャルグループと聞けば大手消費者金融のアコムも同グループとなり、大手のブランドはどこかしらで名前を見かけるものです。

以上のように、池田泉州銀行には様々なカードローン商品があります。いずれも特徴的なカードローンですので、利用者のライフスタイルによってベストなカードローンが見つかるでしょう。

話題のカードローンと比較

このページを見た方は、以下のカードローンも見ています。専業主婦でも借りられる、低金利で借り換えやおまとめに使えるなど、優れたカードローンが注目を集めています。

利用先
詳細
金利
年利
限度額
極度額
来店
手続き
専業
主婦
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高
800万円
不要 50万円
まで
最短60分審査回答で手軽なネット契約
オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
最大
800万円
不要 利用
不可
提携ATMのカード利用がいつでも無料
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
年1.8%~
14.6%
10万円~
500万円
テレビ
窓口可
30万円
まで
ネット審査後にテレビ窓口を使うと早い
三井住友銀行
カードローン
年4.0%~
14.5%
最高
800万円
不要も可 利用不可
ネット申し込みで最短30分の早い審査回答
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最大
800万円
不要 50万円
まで
日本全国来店不要契約で低金利が魅力
みずほ銀行
みずほMyWing
年12.0%~
14.0%
10万円~
100万円
不要 30万円
まで
メガバンクで借りる女性専用カードローン
注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る