サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 目的ローンを探す »
ビジネクストのカードローンは繰り返し借りられる

事業性資金としての借り入れならビジネクスト

お金を借りるとなったときに思い浮かぶのは、ノンバンクの消費者金融や、都銀や地銀で借りる個人向け消費者用カードローン、クレジットカードでのキャッシングなど、何れも「消費者向け」の商品となります。

資金使途は自由とされていても、あくまで個人が使う範囲であれば自由であるに留まり、事業性資金としての利用は決して認められていません。

例えば会社の資金繰りが一時的に悪化してしまい、今月だけは従業員の給料の支払いがどうにもならないといった場合には、消費者金融や銀行カードローンで借りたお金を給料の支払いには使えません。

小規模な企業や商店であれば給料の総額でもそこまで大きな金額とはなりませんが、それでも100万円を超える希望額となる場合もあるため、そもそも消費者金融では初回にいきなり借りられる金額でもないのです。

資金使途としても認められていない一般的な消費者金融や銀行での借り入れではなく、事業性資金として使うなら、やはり専門とする金融会社からビジネスローンとして借りるべきです。

最近ではビジネスに使う事業性資金の借り入れも、通常のカードローンやキャッシング同様に来店不要契約も出来るようになっているため、「ビジネスローンは面倒で時間も手間もかかる」といったイメージも払拭されつつあります。

そんな中でも素早く無担保でお金が借りられると話題となっているのが、消費者金融大手アイフルのグループとなるビジネクストです。

カードローンで繰り返し借りる事業性資金

繰り返し借りられるビジネクストのカードローン

事業性の資金やビジネスローンと聞くと、一度借りたらそれで終わり、支払い終えて再び借りるとなると、また申し込みをして審査を受け、必要な書類があればまた用意してと、何かと面倒になるのではないかと感じている方も多いでしょう。

実際に、企業が受ける運転資金などの融資の場合には、消費者金融で借りるキャッシングのように限度額の中で繰り返し使えるものではなく、融資をしてもらって返済をして、払いきって完了とするものがほとんどです。

住宅ローンや教育ローン、車を購入する際のマイカーローンなどの目的型ローンも同様であり、寧ろ消費者金融や銀行で借りる「限度額内の繰り返し利用」が例外とも言えるような商品でもあります。

しかし、ビジネクストの個人事業者、法人向けの無担保カードローンでは、消費者金融で借りるキャッシング同様に、限度額の範囲内であれば何度でも自由にお金が借りられます。下請けに支払う資金繰りがどうにも間に合わない場合でも、必要に応じて必要な分だけ借りられるため、利便性の高いビジネスローンとして人気なのです。

ビジネクストにはカードローン以外にも様々な商品を用意していますが、安心や便利さ、使いやすさで考えるのであれば、カードローンタイプの融資が優れていると言えるでしょう。

申し込みも契約も原則来店不要

銀行で企業がお金を借りるとなれば、窓口まで行って必要な書類を提出し、話を聞きながら申し込みをする形がほとんどです。普段から忙しく動いている個人事業主の方や法人代表者の方は、そういった時間もなかなか取れませんので、どうしても手が出しにくくなってしまいます。

その点、ビジネクストであればネットで申し込みをした後は、郵送での契約も可能となるため、審査の結果次第では来店の必要が出る場合もありますが、原則は来店不要契約としています。

法人名義での借り入れの際には、代表者本人が保証人となる契約になりますが、カードローンとビジネスローン商品であれば個人事業主にしても法人にしても、それ以外には担保も保証人も不要ですので、誰かに保証人になってもらったり、何らかの担保を差し出す必要もありません。

消費者金融で借りる際の手軽さを持ちながら、事業性資金としての幅広い用途を持つのが、個人事業主や法人からの人気が高いビジネクストの大きな特徴なのです。

第00位
★★★★★
ビジネクスト
事業性資金として個人事業主や法人が借りる、手軽な原則来店不要融資
実質年率初回融資額融資目安保証人
8.0%~18.0%1~1,000万円最短3営業日程原則不要
個人事業主や法人の利用に限られる事業性資金としての借り入れとなり、カードローン商品で限度額内の繰り返しの利用も出来るようになっています。保証人に関しては個人事業主は不要、法人での契約の際には代表者個人が保証人となりますので、他人に保証人になってもらう必要はありません(無担保カードローン・ビジネスローンの場合)。また、不動産担保ローンや医療機関向けローンなども揃えているため、詳しい内容については相談、質問をしてみると良いでしょう。

ビジネクストの基本利用内容を確認

ビジネクストを使うために

ビジネクストは事業性資金としての融資となるため、事業に無関係な資金としての利用は出来ません。例えば個人事業主や法人代表者の方の個人的な生活費としての利用であったり、事業とは関係のない物品の購入等には使えません。

資金使途は何れも事業性資金としての共通点はありますが、様々ある商品によっては利用条件が異なりますので、ここではビジネクストで好評となっている無担保型のカードローンとビジネスローンについて詳しく見てみます。

まずは基本の利用条件となります。何れのローンも1年以上の業歴を持ち、決算書か確定申告書が用意出来る方に限られ、これから開業をする方の開業資金としての借り入れは出来ません。1年以上の業歴があれば売り上げや決算に制限は無く、申し込み内容で総合的に融資の可否を判断しています。

融資までにかかる日数は、申し込み後に書類を提出してから3営業日程度となりますが、申し込み内容や審査結果によっては時間がかかる場合もあります。急ぎで借りたい場合でも、消費者金融のように即日融資とはいきませんので、なるべくなら時間や日数に余裕を持って手続きを進めるようにしたいものです。

返済期間は5年であり、特に問題が無ければ審査は必要となりますが、契約の更新も可能です。ただ、利用状況等によって更新が出来ない場合には、以後は分割での返済専用となってしまいますので、ご注意下さい。

また、売り上げが急激に上がった、業績が回復したなどによって多くの返済をしたい場合には、カードローンなら上乗せ返済も基本的には目立った手続き不要で行えます。ただ、ビジネスローン商品の場合には別途手続きが必要となりますので、担当者へ連絡、相談をして下さい。

ざっと見ると、ハードルが高く思える事業性資金としての借り入れも、意外に難しいものではないと気付くでしょう。だからと言って無計画に借りるのは禁物ですが、計画的に利用をするのであればビジネクストの融資は頼れるものとなります。

総量規制の対象とはならない事業性資金

お金を借りる際にはどうしても気になるのが、総量規制です。年収の3分の1以上は借りられないとする貸金業法で決められたものであり、総量規制によって必要な金額を満足に借りられない方が多いのも事実です。

しかし、総量規制は貸金業者が行う個人向けのキャッシングやカードローン商品に限られるものであり、事業性の資金であれば総量規制の例外(証明する書類や審査が必要)として融資が受けられる可能性があります。

個人が借りる20万円や30万円では事業で使うお金としては到底足りませんが、例外としてのまとまったビジネクストからの借り入れが可能であれば、今後の会社の資金繰りとしても、継続的な運転資金としても利用が出来ます。

もちろん総量規制の対象とはならないと言っても、しっかりとした慎重審査が行われます。誰でもいくらでも借りられるわけではありませんので、必要な書類等はよく確認をし、不備なく不利なく申し込みを進めましょう。

金利には注意をして使いたいビジネクスト

ビジネクストで借りる事業性資金は、どちらかと言えばまとまった多額の融資といった内容よりも、100万円や200万円ほどの借り入れ、継続してのカードローンによる利用が適していると言えます。

金利が決して低いと言える水準では無いためで、100万円以上なら8.0%~15.0%の実質年率となり、個人向けローンとの比較となってしまいますが、来店不要で手続きが出来るイオン銀行カードローンなどと比較をしても、どうしても金利面で見劣りしてしまう部分があるのも事実です。

しかし、カードローンとして限度額内で繰り返し事業性資金として使える利便性、原則来店不要で契約まで進められる手軽さを考えれば、金利が高いからと商品としても劣るとは一概には言えません。

必要な資金を必要な分だけカードローンやビジネスローンで利用し、金利による利息の負担返済シミュレーションでしっかりと確認をし、計画的に使うのであれば安心して使えるのがビジネクストの良さでもあります。

金利面のデメリットと利便性のメリットを天秤にかけ、どういった利用をしていくべきなのかを考えてからの手続き、または相談をしてからの申し込みとすると良いでしょう。

困った際にはフリーコールで質問や相談も気軽に行えますので、利用にあたっての不明点があれば、分からないまま申し込むのではなく、しっかりと確認をしておくようにして下さい。

トップへ戻る