サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 目的ローンを探す »
個人事業主融資のカードローンで無担保で借りるには

個人事業主の融資もカードローンで

個人事業主が事業性資金としてお金を借りる、融資を受けるとなると、担保や保証人を用意しなければならない、審査にも融資にも時間がかかるイメージを持たれる方が多いです。しかし、ビジネス向けや個人事業主向けのカードローンであれば、早い手続きで借りられる消費者金融系の商品があり、すぐに必要な場合でもスピーディに対応をしてくれます。

従業員の給料の支払い、取引先への支払い、運転資金としてなど、個人事業主が融資を受けるカードローンであれば様々な用途に利用が出来ます。もちろんカードローンタイプとなるので繰り返しの借り入れができ、一度きりではなく今後の資金調達にも個人事業主向けカードローンは役立ちます。

代わりに金利は大手銀行の事業融資と比べると高くなりますが、早い手続きで借りられるメリットがあるため、現金を手元に急ぎで用意をしたい個人事業主の方は、消費者金融系や信販系の事業者向けカードローンを考えてみましょう。

個人事業主融資で早い借り入れ先

個人事業主が借りる

早くに借りたい、借り入れをとにかく急ぎたい個人事業主の方は、金利面である程度は妥協をするとしても消費者金融系のビジネクストや、信販系のオリックスVIPローンカード BUSINESSを検討してみると良いでしょう。

ビジネクストは大手で人気の消費者金融であるアイフルグループとなり、アイフルの早い手続きを持つ個人事業主や法人向けのカードローンです。郵送での契約が出来るために来店不要で、個人事業主融資の借り入れ先として、手軽さで人気となっています。

オリックスVIPローンカード BUSINESSはその名の通りにオリックスグループが提供する、個人事業主や経営者専用のカードローンです。最短で当日中に契約が出来る早さが魅力で、何かとお金が必要となる個人事業主の方の「つなぎ資金」としての借り入れにも適しています。

それぞれのカードローンとも担保や保証人は原則不要となり、入会金や年会費も必要ありません。カードを持っているだけならお金はかからず、借り入れ後の返済時の利息を除けば余計な出費はありません。

どちらもカードローンとなるので個人事業主や経営者の方がお金を借りる際には大変便利で、限度額の範囲内なら対応する提携ATMで繰り返し借りられます。今にお金が必要、将来的に再び必要となる場合においても、限度額があれば再申し込み不要で借りられるので、個人事業主融資として2社のカードローンは役立つのです。

第00位
★★★★★
ビジネクスト
事業性資金としての利用であれば自由な借り入れとなる、事業主に頼れるカードローン
実質年率初回融資額融資目安保証人
8.0%~18.0%1~1,000万円最短3営業日程原則不要
個人事業主向け融資として人気の、年会費も入会金も保証料も不要のカードローンです。事業資金の範囲内であれば自由に使えるようになっているので、事業主や経営者の方の目的に合わせて、給料の支払いや取引先への入金、経費の支払いや設備投資の費用など、様々な用途に幅広く利用が出来ます。ネットで申し込みをし、郵送で契約と来店不要の点も魅力で、大手消費者金融アイフルのグループとなるため、信頼性が高いのも大きなポイントとなります。
人気
オリックスVIPローンカード BUSINESS
早い審査や融資で個人事業主が借りるに適する、最短60分審査の早い対応
年率借入限度額審査時間融資までの目安
6.0%~17.8%最高500万円最短60分最短即日
個人事業主が借りる事業資金融資としてのイメージとは離れる、早い審査や融資対応が魅力のカードローンです。申し込み後の審査回答は最短60分となり、審査回答後の契約や各種手続きを平日14:30までに終えると、内容次第ですが最短即日での融資も可能としています。個人事業主が事業性資金として借りるカードローンの中では非常に早い対応となり、急ぎの資金調達、何とか数日の間に現金を用意したいと考える個人事業主や法人代表者にとっては、役立つ借り入れ先となります。

個人事業主は専用ローンが強い

通常の消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンの場合には、個人事業主は審査では不利になる場合があります。収入が不安定であり、多くの借り入れ先では事業性資金としての利用を認めていないため、個人事業主である時点でどうしても弱くなってしまうのです。

例えば、銀行の中でも人気が高いソニー銀行カードローンイオン銀行カードローンでは、個人が使う範囲であれば自由ですが、事業資金としての借り入れは認められていません。また、オリックスVIPローンカード BUSINESSと同じオリックスグループとなるオリックス銀行カードローンでも、事業性資金としての借り入れは出来ません。

しかし、個人事業主や法人代表者、経営者の融資に限定する専用のカードローンであれば、当然ながら審査で不利になるわけではありません。経営状況も銀行からの融資のように事細かに見られるわけではなく、借り入れ先によっては赤字決算であっても特には不利にはならないとしています。

また、一部の消費者金融では個人事業主向けのビジネスローンの提供をしていますが、申し込みが店舗や契約機に限られるなど、やはり通常のキャッシングとは異なる条件となります。

一例を挙げるとすれば、プロミスの「自営業カードローン」は自動契約機か店舗、郵送、電話での申し込みとなり、通常のキャッシングのようにネットでの手続きは出来ません。アコムの「ビジネスカードサポートローン」はまずは電話で内容を確認し、その後の契約は店舗か契約機、郵送で行う流れとなるのです。

個人事業主融資を考えるなら、専用とするカードローンの方が申し込みを進める上でも良い点が多いです。消費者金融が提供する事業者向けカードローンも、上限金利は上に挙げた2社と大差はないため、優先して考える商品でもないと言えます。

事業主が借りるならほとんどが事業資金
個人事業主融資

事業資金としての借り入れなら自由とするのが、個人事業主向けカードローンの特徴です。どのような内容であれ、事業資金としてなら特には目的は問われていないため、個人事業主が借りるにあたっては幅広くお金が使えます。

普段の事業で使うお金は、当然ながら事業資金となります。取引先や経費の支払いでお金がなくなってしまった、来月までのお金が無いといった場合でも、事業に使う運転資金やつなぎ資金となります。

また、金融機関からの借り入れが決まっている場合でも、融資が実行されるまでの間のつなぎ融資としての利用も事業に使うお金となるため、個人事業主融資の対象となります。

事業性資金としての借り入れと考えると難しいですが、実際には事業性資金とは限られた用途とはなっていないので、事業に関連する費用であれば大体は事業性資金として認められる場合が多いです。ただ、明らかに事業とは関係が無いレジャーなどの資金としては、利用が出来ません。

個人事業主向け融資商品は最低限の必要書類がありますが、銀行の企業向けの融資とは異なり、用意すべき書類は少なく済みます。詳しくは各カードローンサービスの公式サイト上でご確認ください。

個人事業主か法人で借りるか

個人事業主がお金を借りる際には原則として担保や保証人が不要となりますが、法人として融資を受ける場合には、法人代表者が連帯保証人となります。自分の会社でお金を借り入れ、自分自身が保証人となるので第三者にお願いをする必要はありませんが、個人事業主と法人の場合では若干ながら異なるので注意が必要です。

また、法人でお金を借りる場合は、必要書類も変わってきます。ビジネクストを例に挙げると、法人の際には会社の登記事項証明書や決算書も原則2期分必要となり、個人事業主融資の本人確認書類と原則2期分の確定申告書と比べると増えてしまいます。

法人で借りる場合にはいくらか手続きにも時間がかかる可能性がありますが、個人事業主がカードローンを利用して融資を受けるのであれば、素早く現金を用意できます。急な支払いや入金の遅れによる資金繰りの行き詰まりなど、どうしても現金として必要になった際には、個人事業主向けカードローンを考えてみましょう。

素早く来店不要で借りられる個人事業主融資のカードローンは、返済には十分に注意をしておきましょう。返済の計画をしっかりと立て、無理のないプランで借りるようにしてください。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る