サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシングの基本 »
利息の計算方法

キャッシングを使うなら知っておく利息の計算

借りたお金をそのまま返せば良いだけなら楽なキャッシングですが、返済時には借りた元金分に加えて利息の支払いもしなければなりません。昔からキャッシングの支払いで困ってしまうのは「利息が考えていたよりも高かった」「返済の負担が大きくて収入に対して余裕が無い」というのがほとんどです。

誰もが申し込み前には金利を見ているはずであり、見ていなかったとしても契約をした際には借り入れ内容の確認でチェックをしているはずです。それでも「利息の負担が考えていたよりも高かった」となってしまうのは、金利を見ただけで返済のことを考えたつもりになってしまうためであり、実際の利息計算を知らずに借りてしまっているのです。

キャッシングの返済で困らないようにするためには、金利や返済期日の確認はもちろんですが、あわせて利息の計算についてもしっかりと理解をしておく必要があるのです。

利息は借り入れ残高と金利と日数によって算出される

利息計算を知ってキャッシング上手になる

当サイトの他頁にもたびたび登場しますが、キャッシングの利息計算は借り入れ残高、契約金利、利用日数に応じて算出されています。何れかが少なく小さくなれば利息もあわせて減るようになり、逆に何れかが高く大きくなれば支払うべき利息も増えてきます。

利息の計算式としては以下のようになり、金利は全て年利や年率での表記となっているため、借りていた日数の日割り計算とするために若干、面倒な算出方法となっています。

借りている金額 × 契約金利 ÷ 365(日)× 利用日数 = 支払う利息

年単位となる金利を日割りとするため、うるう年の場合には上記の365(日)の部分が366(日)となります。ぱっと計算式を見ただけでは実際にどの程度の利息となるのかが分かりづらいものですので、具体的な数字を入れて利息を計算してみます。

10万円を17.8%の実質年率で15日間借りた場合

10万円 × 17.8% ÷ 365日 × 15日間 = 731円が返済時に支払う利息

7万円を17.8%の実質年率で10日間借りた場合

7万円 × 17.8% ÷ 365日 × 10日間 = 341円が返済時に支払う利息

5万円を17.8%の実質年率で5日間借りた場合

5万円 × 17.8% ÷ 365日 × 5日間 = 121円が返済時に支払う利息

まとめて借りてしまえば利息は跳ね上がる

上では分かりやすくするために段階的に借り入れ金額を少なくし、利用日数も短くして計算をしています。ざっと計算結果だけ見ても、意外と利息が高くないことが分かるかと思います。

しかし、これはあくまで少額を短期間の計画的な利用に留めた場合であり、仮にまとまった金額を一ヶ月まるまる借りているとすれば、利息は一気に跳ね上がります。

仮に50万円を17.8%の実質年率で30日間借りたとすれば、計算と利息は以下のようになります。

50万円 × 17.8% ÷ 365日 × 30日間 = 7,315円が返済時に支払う利息

30日間の借り入れで7,000円以上もの利息を支払うことになってしまい、一括での返済が出来なければ分割での支払いとなるため、翌月には再び利息の支払いと元金の分割での返済を行わなければなりません。

翌月以降の利息については、前月に払った元金分を差し引いた残額からの利息計算となるため、若干ではあるものの、利息が少なくなります。

しかし、返しては借りてを繰り返すといつまで経っても元金が減っていきませんので、利息の負担もいつまで経っても少なくならず、毎月毎月、高い利息を支払い続けるような状態となってしまいます。

借り入れを必要最小限に抑えれば負担も少ない

限度額があるとついつい借りてしまいがちなキャッシングも、まとまった金額の借金となれば上記のように利息の支払い金額も増えてしまいます。金融会社にとって利益となる利息は、利用者にとっては無駄でしかありません。

借り手側としては、出来ることなら利息の支払いは抑えてキャッシングを利用したいものですので、お金を借りる際にはなるべくなら必要最小限の額とし、借りる日数についてもなるべく少なく済むように、可能であれば一括で返せるような利用方法としておくと、利息の支払いで苦しむことも減るのではないでしょうか。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る