サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング便利ツール »
キャッシング返済シミュレーション

毎月の返済額と利息の負担が一目で分かる

一月あたりの返済金額を見れるシミュレーターは多くありますが、こちらに設置の返済シミュレーションでは一月あたりの返済負担はもちろん、返済を進めていくうえでの残額や利息の変化、最終的な支払い総額まで見れるようにしています。

借り入れ金額、返済期間、借り入れ金利の入力をし、返済方法の選択をするだけで完済までの支払いの計画が即座に表示されます。返済方法については、名称や若干の違いこそあれ、大体のキャッシングでは「元利均等返済」と同義となっていますので、特に変更をする必要はありません。

簡単操作のキャッシング返済シミュレーション

借り入れ金額万円
返済期間ヶ月
借り入れ金利%
返済方法

キャッシングの返済は計画が大事

返済の計画が大事

当サイトでも色々なページで書いていますが、キャッシングは返済の計画が大事です。借りるときには「返せるだろう」と簡単に考えて借りる方も多いものですが、いざ返済となると思うように元金が減っていかず、利息ばかりの負担となってしまう場合も多いのです。

実際、金利をパーセンテージで見ても利息がいくらになるのかが分からないもので、大雑把に「毎月○○円の返済でいける」と軽い気持ちでいると、思っている以上の利息負担で、考えていた以上に完済までに期間がかかるのも、言ってみればキャッシングでは日常茶飯事です。

また、金利と借り入れ金額、借り入れ日数から返済金額や利息の負担を算出しても、それはあくまで一月あたりの返済計画に過ぎず、完済までにはまた違った計画が必要になる場合もあります。と言うのも、キャッシングの利息は借り入れ金額(残高)によって利息が変わるためであり、返済を進めていけばいくほど、利息も下がっていくのです。

一ヶ月目が仮に3,000円の利息だとしても、元金を減らしておくと翌月の利息負担は2,900円になるようなイメージとなります。

もちろんこのような計算は一度ずつ電卓を弾くとなると非常に面倒ですので、返済シミュレーションを活用するなりして、最終的な返済総額まできちんと把握をしておくと良いでしょう。

意外と知らないキャッシングの返済総額

キャッシングの返済は毎月の支払い金額ばかりに目が行ってしまうため、最終的な返済総額は知らないまま払い続けている方が多いと言われています。返した分はまた借りることが出来る多くのキャッシングにおいては、途中で再び借りてしまえば返済総額が変わるため、無理もないとも言えるでしょう。

ただ、いくら途中で借りて返済総額が変わる可能性があるとは言っても、スムーズな返済を続けた場合に、最初に借りたお金に対する返済総額を調べておいて損はありません。

利息の大きさや返済の総額を予め知っておけば、返したお金を無計画に再び借りてしまうのを防げるようにもなりますので、「どうせ途中で変わるから」と考えず、まずはシミュレーションをしておくべきなのです。

到底実現不可能な返済計画を立てない

当たり前の話ですが、返済期間を短くすれば、それだけ利息の支払いも少なくなります。仮にアコムの上限金利である18.0%で50万円を借りたとして、返済期間を60ヶ月の5年とすれば、利息総額は261,795円にもなります。しかし、12ヶ月の1年で返すようにすれば、利息は50,079円で抑えられます。

単純なシミュレーション結果の比較とはなりますが、早くに返してしまえば利息の負担も少ないので、無駄のないキャッシングとなります。しかし、早く返したいからと毎月の返済金額を多くするような無理な支払いサイクルでは、どこかでガタが出てきます。

それではスムーズな返済も出来なくなってしまいますので、あくまで余裕のある無理のない返済をするためにも、自分自身のライフスタイルにあわせた支払いをするようにしましょう。

トップへ戻る