サイトメニュー

キャッシング経験者の声
お金のあれこれ
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
毎月の返済金額は金利が低いからといって少なくなるとは限らない

毎月の返済金額は必ず確認を

カードローンやキャッシングでお金を借りると、一括で返済をしないとなれば毎月に少しずつ分割で支払うことになります。返済の金額は借り入れ先や借りている金額によっても変わるために一律でいくらと決まっているわけではないので、お金を借りるのであれば毎月の返済金額は必ず確認をしなければなりません。

収入や支出の関係で毎月に多くの返済はできない、少しずつの数千円程度の返済しかできないといった場合には、特に返済金額の確認が重要になります。確認をせずに借りてしまって毎月の返済ができないとなっては大きな問題となってしまうので、借りる前には必ず確認をするようにしてください。

返済を考えて借りてこそカードローンやキャッシングは便利なものとなるので、無理のない返済で利用をするためにも借り入れ前には毎月にいくらずつの返済になるのか、その金額なら余裕を持って返済ができるのか、しっかりと確認をして考えるようにしましょう。

返済は数千円からでも可能

少しずつの返済が可能

借り入れ先にもよりますが、金利が高く返済の負担が重くなるイメージがある消費者金融であっても、毎月の返済は数千円からでも行えるようになっています。

消費者金融でお金を借りたいけど返済が気になるといった方でも、毎月に数千円での返済が可能となるのであればいくらか使いやすくもなるのではないでしょうか。

もちろん借り方によっては毎月の返済金額も膨れ上がり、借り入れ先が増えてしまえば毎月のトータルでの返済金額も多くなってしまうので注意が必要ですが、必要最低限の借り入れに留めておくのであれば、消費者金融でも毎月の返済は無理なく行えます

返済金額は借り入れ金額によって変わる

金利や限度額でも多少は変わる場合がありますが、毎月の返済金額を決めるのは借り入れ金額です。借りている金額が大きくなると毎月の返済金額も上がり、借りている金額が少なくなれば返済金額も下がります。

例として消費者金融の中でも返済金額に余裕が持てると評判のプロミスの毎月の返済金額を見てみると、以下のように借り入れ金額によって返済の金額もそれぞれ変動をするようになっているのが分かります。

借り入れ金額 毎月の返済金額
10,000円 1,000円
50,000円 2,000円
100,000円 4,000円
200,000円 8,000円
300,000円 11,000円
500,000円 13,000円

借りる金額を少なく抑えておけば毎月の返済は1,000円や2,000円でも済むようになっているため、毎月の返済負担を増やさずにカードローンの利用が行えるのがプロミスの魅力です。

他の消費者金融でもアコムアイフルSMBCモビットと借りる金額を少なく抑えておけば毎月の返済金額も多くはならないようになっているので、余裕のある返済のためには借りる金額を少なくするのがポイントです。

余計な借り入れを重ねてしまうと毎月の返済金額が大きくなるのに加え、返済時に支払う利息も大きく膨らんでしまうので注意が必要です。

第1位
★★★★★
プロミス
平日昼間だけでなく夕方も夜も土日でも、最短即日融資も可能な人気消費者金融
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
対応する金融機関宛なら契約後は24時間最短10秒での振り込み融資も可能としており、平日も土日も時間を問わずにすぐにお金が借りられるのが大きな魅力です。カードレスの選択もできるようになっているため、カードレスとしておけば契約後の自宅宛の郵送物はありません。カードがないと何かと不便に感じられるかもしれませんが、プロミスの場合にはカードがなくてもスマホアプリを使って提携ATMでの借り入れや返済が利用できるので、カードレスとしても利便性が落ちないようになっています。

限度額ではなく借りる金額で決まる

借り入れ金額と返済金額の関係

毎月の返済金額は限度額ではなく借りている金額によって決まります。仮にプロミスで契約をしているとして、限度額が100万円であるとしても借りる金額が1万円なら、毎月の返済は1,000円からで問題ありません。

これが限度額の満額を借りる、つまり100万円の借り入れとなってしまうと毎月の返済は26,000円にまで膨れ上がり、非常に大きな負担となってしまいます。

カードローンの限度額は借りなければならない金額ではなく、あくまで借りられる金額の上限に過ぎません。必要なお金が少額であるなら限度額を問わず、最低限の金額だけを借りるようにしておけば毎月の返済が無理なく行えるようになります。

限度額は大きく持っておくのも良い

限度額が上がると金利が下がりやすくなるため、大きな金額を借りる予定がないとしても、審査に通るのであれば限度額を上げておくのは悪くはありません。限度額だけ大きく持っておいて借りる金額を少なくすれば、低金利で借りながら毎月の返済を抑えられるようにもなります。

金利と毎月の返済金額はあまり関係がない?

毎月の返済金額は借り入れの金額によって変動をする場合が多く、少額を借りるのであれば金利条件はそこまで大きくは関係はしていません。

金利が下がれば利息も減り、利息が減れば毎月に支払う金額が少なくなるので完全に無関係なわけではありませんが、少額を借りるにあたっては金利よりも重要なのは約定返済金額がいくらに設定されているかです。

特に10万円までのような少額の借り入れを利用する際には、金利がいくら低くても毎月の返済金額が大きくなってしまう場合もあります。例えばですが、上に挙げたプロミスと、プロミスよりも金利が大幅に低くなるみずほ銀行カードローンの返済金額を比べてみると、以下のようにプロミスの方が毎月の返済金額が軽いのが分かります。

借り入れ金額 毎月の返済金額
プロミス
4.5%~17.8%
みずほ銀行
年2.0%~14.0%
10,000円 1,000円 10,000円
50,000円 2,000円
100,000円 4,000円
300,000円 11,000円
500,000円 13,000円
1,000,000円 26,000円 20,000円

みずほ銀行カードローンの返済金額は限度額200万円未満での契約時のものとなります。

みずほ銀行カードローンは上限金利での比較でプロミスよりも4%近く低くなっていますが、借り入れ金額が50万円までは毎月の返済金額は1万円となっているため、少額を借りるとしても毎月の返済は1万円となります。プロミスであれば数千円ずつでの返済ができる少額の借り入れ時においても、みずほ銀行カードローンでは1万円の返済が求められます。

ただ、大きな金額を借りるとなると返済金額の差は逆転し、100万円以上のような高額の借り入れとなるとプロミスの返済負担が大きくなります。仮に200万円を借りたとした場合はプロミスの返済金額が40,000円なのに対し、みずほ銀行カードローンは20,000円(限度額200万円以上の契約となるため)のままとなります。

少額の借り入れなら金利差による毎月の返済金額の差はそこまでありませんが、大きな金額を借りるとなるとさすがに金利差が影響をしてくるので、やはりお金を借りる際には毎月の返済金額の確認は欠かせません。

返済金額が軽い銀行カードローンもある

分かりやすい例としてみずほ銀行カードローンを挙げていますが、すべての銀行カードローンで少額借り入れ時の返済金額が大きくなるわけでありません。三井住友銀行じぶん銀行など、毎月の返済金額が軽い低金利のカードローンもあります。

金利が低ければ利息が減る

金利が低くても毎月の返済金額が大きいとなると低金利での借り入れに魅力を感じないかもしれませんが、金利が低ければ返済時に支払う利息が少なくなるため、最終的な返済総額が少なくなる大きなメリットがあります。

カードローンやキャッシングは借りたお金だけを返せば良いわけではなく、返済時にはそれまでにかかった利息も支払わなければなりません。利息が大きくかさめば毎月の返済金額のうちの元金分への返済に回せる分が少なくなってしまうので、返済が長引くデメリットも生じてしまいます。

ただ、このデメリットに関しては返済の仕方を工夫すればいくらか解消ができます。毎月の返済を決められた約定返済金額よりも多く入金をすれば返済は進みやすくなり、最終的な返済総額も大幅に抑えられるようになります。

毎月に少しずつの返済で借りられるのは良い点ではあるのですが、その金額に甘えるのではなく、積極的で効率的な返済が進められるようにしておくと良いでしょう。

カードローンは毎月の返済を上乗せしての入金も自由に行えるので、お金に余裕があるときには多めの返済をするなどしておけば利息総額も少なく済ませられます。

金利と返済金額のどちらを求めるか

カードローンやキャッシングを選ぶ際に、返済負担を減らしたいからと低金利でのカードローンを見る方も少なくありません。たしかに金利が低ければ利息は少なく済むのですが、毎月の返済金額に関しては必ずしも少なくなるとは限りません。

毎月の返済金額を少なくしたくて低金利の借り入れを利用したのに、借りた後に毎月の返済金額が大きかったと気が付いても手遅れです。そうならないためにも、金利を求めるのか毎月の返済金額を求めるのかははっきりしておかなければなりません。

急な出費時にすぐにお金が借りられるカードローンは何かと便利なサービスではありますが、求める条件をしっかりと決めておかないと失敗をしてしまうので、どこで借りるにしても目的や希望内容は定めるようにしてください。

返済に関しての不安な点がある場合には、申し込み前でもコールセンターに連絡をして質問、相談をしておくようにしましょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る