サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
来店不要Web契約キャッシングのメリットとデメリット

どこにも行かない来店不要のWeb契約キャッシング

インターネットが普及し、どこからでも24時間キャッシングの申し込みが出来るようになっている現代においては、契約も借り入れも返済も、全てWeb上で行うことも可能です。

一度も契約機にすらもいかずにお金を手に出来るWeb契約の来店不要キャッシングは、誰にも知られず見られずに借りられるので大変便利ではあるのですが、そこにはいくつかのデメリットも存在しています。

便利なものには反面の不便な点もあるもので、Web契約で消費者金融のキャッシングを利用しようと考えている方は、良い点ばかりではなく悪い点であるデメリットについても利用前によく確認をしておくと良いでしょう。

Web契約ではカードが後日に郵送される

カードが郵送されるデメリット

一部の消費者金融のサービスではカードレス、ペーパーレスの契約となるために郵送はありませんが、基本的に消費者金融でWeb契約とすると後日に自宅宛にカードと契約書類が送られてきます。本人受け取り郵便のために家族と同居していても他の方が受け取ることは出来ませんが、とは言え自宅にカードが届くのは嫌なものです。

また、消費者金融側も配慮をしてくれるので、封筒には業者名やサービス名は書かれておらず、例えばプロミスの場合には「事務センター」名で送られてくる場合が多いため、ぱっと見ただけでは消費者金融のプロミスからの郵送物だとは分からないようになっています。

しかし、見知らぬところから本人受け取り郵便で封筒が届けば怪しいと感じてしまうものであり、一人暮らしなら関係ありませんが、家族と暮らしていて内緒で借りたい方にとっては追求されると困ってしまうのです。

振り込みキャッシングを使えば明細が郵送される

これはWeb契約だけに限ったことではありませんが、消費者金融の多くでは振り込みによるキャッシングを利用すると明細が送られてきます。やはり同じように業者名やサービス名は書かれていませんが、何度も届けば怪しく思われてしまいます。

カードが手元にあれば緊急時には近くのコンビニや銀行ATMでキャッシングを利用すれば良いため、来店を不要とするWeb契約で消費者金融を利用するとしても、借りる際にはなるべく銀行振り込みは使わず、その場で明細が出るATMをで借り入れを行うと良いでしょう。

Web明細の交付にしている場合には、銀行振り込み融資であっても明細の郵送が無い場合もあります。プロミスの場合にはWeb明細利用をしていれば、自宅には振り込み融資でも明細は届きません。

カードの郵送については郵便局留めを使う手も

Web契約時に後日送られるカードや契約書類については、郵便局留めとして対応してくれる消費者金融もあります。郵便局留めであれば自宅から最寄の郵便局で郵送物が留まり、自分で取りに行かない限りは自宅に封筒も郵便局留めで何らかの郵送物が来ているとする通知も入りません。

宅配便の不在通知のようなものもポストに入らないため、取りに行く手間はあるものの、家族に知られずにカードを受け取れます。

Web契約では即日融資の時間が厳しくなる
時間に気をつけるWeb契約

即日融資を希望される場合には、やはりWeb契約はどうしても弱くなってしまいます。来店せずにWeb契約で当日に借りるとすれば、自然と銀行振り込みでの借り入れとなります。となると銀行営業日で更に営業時間内である必要があり、一部サービスを除くと平日の14時あたりまでに手続きや契約を終えないと当日中に借りられません。

いくら審査の早い消費者金融とは言っても、必ずしも最短の時間で終わるとは限りません。Web契約で借りる即日融資キャッシングは、審査や手続きに時間がかかると当日中に間に合わず、翌営業日の扱いとなってしまう可能性も高くなります。

翌日が平日の銀行営業日なら次の日となる場合がほとんどですが、金曜日だとすると借り入れが週明けの月曜日になってしまいますので、どうしても今日中にお金が必要であれば、Web契約ではなくネットで申し込み後の自動契約機でのカード受け取りとすると良いでしょう。

ネット審査後の契約機での受け取りなら土日も夜もOK

Webで申し込みをして審査を受け、契約は自動契約機で行う方法であれば、対応する消費者金融なら土曜日や日曜日の週末でも、振り込みによる即日融資の締め切り時間を過ぎた後でも、最短で当日中のカードによる借り入れも可能となります。

Webで審査を受けて結果を見てから契約機に行けば良いだけなので、仮に審査落ちになっても時間や手間に無駄がありません。また、契約自体は自動契約機で行いますので、その場でカードや書類の受け取りとなり、後日の郵送物も無いのです。

Web契約の利点も含めて自分に合う方法で利用する

自動契約機でカードを発行するとなると、もちろんその場所まで行かなければならない手間はありますが、それでも後日の郵送物が無い点や、週末や夕方、夜でも即日融資が可能となるのは、急ぎのキャッシングにおいては大きなメリットであると言えるでしょう。

Web契約は手軽で便利なものではありますが、メリットばかりではなくデメリットにも着目し、より素早く借りたいのであれば契約機を利用することを検討してみることをおすすめします。自分自身の借り入れの目的やお金が必要な時間など、総合的に判断してどの方法が最も無駄なく希望通りのキャッシングが出来るか、審査待ちの間にでも考えておくと良いでしょう。

キャッシング利用中の郵送物にも注意する

契約時だけではなく、キャッシングの利用の仕方によっては明細書が送られてくる場合があります。上記の振り込みキャッシングも初回だけに限らず利用をすれば送られてくる可能性があり、他にも口座からの引き落としによる返済を利用しても明細が送られますので、一つのポイントとして知っておくと今後のキャッシング利用が安心出来ます。

明細のWeb交付登録で郵送を防ぐことを忘れずに

ATM利用時の明細は多くの消費者金融でWeb交付に対応しているので、登録さえしておけば基本的には郵送されることはありません。しかし、借り入れ先や利用するATMによっては自宅に届いてしまう場合もありますので、気になる方は利用前によく確認をして下さい。

土曜でも日曜でも来店不要で即日融資を利用したい方は

一部の消費者金融の独自のサービスを利用することで、時間外や週末であっても、申し込み当日に即日融資で利用する方法があります。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る