サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 賢く借りるために »
おまとめローンを使って何社もの借り入れを一本化する

複数の借金を一本化するおまとめローン

「おまとめローン」の言葉は見た、聞いたことがあるでしょう。最近では一部のおまとめ対応の銀行カードローンがTVCMを放映していたりするため、何かと目にする、耳にする機会も多くなった言葉です。

特に説明するまでもなく「借り入れが一本化出来る」と、おまとめローンについては大勢の方が理解しているものと思われますが、一本化をする利点や具体的な違いについては、あまり知られていないのが実情です。

何社もの借金を抱えてしまうと月々の返済負担が大きくなり、利息の支払いばかりでどうにも元金が減らないものです。完済もいつになるのかと、終わりの見えない返済を続けている方にはおまとめローンが大きな手助けとなる場合が多いため、今一度おまとめローンについてよく知っておきましょう。

おまとめローンでまとめれば返済は一回で済む

多くの返済で大変な状況

いくつものキャッシングやカードローンによる借金、またはクレジットカードによる支払いがあると、毎月の返済日が微妙に違ったり、それぞれの返済金額を確認したりと大変な手間になります。2社程度なら管理も難しくはありませんが、3社を超えてくるようになると支払いの確認だけで精神的にもまいってしまうのです。

もちろん各社各サービスへの支払い金の調達、管理も必要となるため、焦ってしまうと支払先や金額を間違えてしまい、1社に多くを払ってしまったせいで他の業者への返済金が不足してしまう場合もあります。利息分の支払いだけで一先ずはOKとしてくれる業者が多いため、とりあえずはその月は何とかなるとしても、利息分の支払いだけでは返済は一向に進まないのです。

面倒で手間のかかる返済の管理も、おまとめローンを利用すれば全て無くせます。返済先は1社で月に1回、返済金額も契約内容通りとなるので、間違える可能性も大きく下がるでしょう。また、今までに銀行振り込みで各社への返済をしていた方は、おまとめローンによって返済先が1社になれば、振り込み手数料もの削減にも繋がります。

消費税の増税によってATM手数料の負担も増えてしまったため、一度あたりのコストは大したことがないとしても、完済までに支払う回数、手数料がかかる回数を考えると非常に大きな金額となります。そんな余計なコストをかけているぐらいなら、元金分の返済に回した方が今後の支払いも楽になるのです。

借り入れが1社にまとまれば単純に返済が1回で済み、その他にも上記のような様々なメリットが存在しています。

おまとめ対応の借り入れ先情報

おまとめ
利用先
金利/年利
実質年率
限度額
極度額
来店
手続き
専業主婦
利用対応
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高
800万円
不要 10万円
まで
最短60分審査回答で手軽なネット契約
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最大
800万円
不要 50万円
まで
日本全国来店不要契約で低金利が魅力
オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
最大
800万円
不要 利用
不可
提携ATMのカード利用がいつでも無料
モビット 3.0%~
18.0%
1万円~
800万円
不要 利用
不可
おまとめでも借りられる消費者金融

金利や利息の大幅な低下が期待出来る

返済が1社で済むだけでも大きなメリットですが、おまとめローンの最大のメリットは金利にあります。キャッシングの基本として、上限金利を確認するにもあるように限度額が上がれば金利が下がるようになっているため、細かく何社からも借りているより、大きく1社から借りた方が金利が下がります。

仮に定められている上限金利ギリギリで借りたとしても、30万円×2社、40万円×1社から借りているとすればそれぞれの契約金利は18.0%を上限としています。この3社からの総額100万円の借り入れを1社から利用するとすれば、上限金利でも15.0%まで下がるのです。

上記の例で30日間の利息を算出すると、ばらばらに借りている場合には4,438円(30万円)×2社、5,917円(40万円)×1社で、合計14,793円となります。対しておまとめをして1社から100万円を15.0%を借りたとすれば、同条件で利息金額は12,328円となります。

30日間の利息差だけで2,000円以上となり、利用残高によって利息の計算がされるため、「利息が少ない = 元金を減らしやすい = 更に利息が少なくなる」の良い返済サイクルを作り上げることが出来るのです。

また、上記はあくまで利息制限法の上限金利での計算であり、おまとめの利用先によっては限度額が大きくなればなるほどに金利が下がる場合もあります。一部の銀行では数百万円の融資枠で、金利は一ケタ台となる貸し付け条件を掲げているところもありますので、おまとめ審査に自信のある方なら、より低金利の銀行ローンによるおまとめ一本化も有効となります。

おまとめローンの審査で見ているポイント
おまとめローン審査は厳しい

おまとめローンにも、当然ですが審査があります。債務整理とは異なるおまとめによる一本化は、貸したとしてもしっかりと返済をしてもらわなければならないのです。

間違ってはいけないのが、業者は借金に苦しむ方を助けるためにおまとめローンを行うのではなく、あくまでビジネスとして行います。そのため、多額の融資枠となるケースの多い一本化の貸し付けについては、返済能力をフリーキャッシングよりも厳しい目で見ることになります。

現状での返済が出来ていない方は論外となり、年収の安定性に欠ける方も、おまとめ審査では厳しい可能性が高くなります。利息による負担が大きくて返済が出来なくなった、だからおまとめで助けてもらおうとするのは間違った考えで、返済が出来ない方にお金をあげるようなことは金融会社は決して行いません。

おまとめによって利息負担が減るとして、仮に減った負担なら返済が出来ると言い張ったとしても、審査の判断材料にされることはないでしょう。既に返済が出来なくなってしまった方は、僅かな可能性にかけると申し込みをしても、ほぼ確実に審査落ちとなります。

余計な申し込みをして無駄な時間を過ごすよりも、返済が出来ないなら素直に債務整理の相談をした方がマシと言えます。

おまとめローンは総量規制の対象外となる

おまとめローンを利用する際に、多くの方が総量規制の存在を気にします。年収の3分の1以上は借りられないとする総量規制ですが、おまとめローンに関しては多くの場合で対象外とされています。

総量規制にはいくつかの例外が設けてられているためで、おまとめが該当する顧客に一方的に有利になる借り換え(日本貸金業協会・総量規制とはより)によって、年収の3分の1以上の借り入れとなる場合でも審査結果次第では融資が可能となるのです。

そもそも、おまとめも総量規制の対象とするようであれば、おまとめ自体が貸金業者では利用出来ない状況がほとんどでしょう。なぜなら、年収300万円の方が合計100万円の借金を貸金業者から抱えていれば、既に総量規制で定める年収の3分の1に達しています。

この時点で新規での融資は不可能となりますので、他で100万円を借りて他を返済をするとしても、一時的に年収300万円に対して全ての借金が200万円となってしまいますので、総量規制に反する貸し付けとなるのです。

おまとめは顧客が不利になる要素はほとんどなく、一方的に有利になる貸し付けのために総量規制の対象外、借りてから他社を完済するまでの間に年収の3分の1を超える借金となってしまっても、問題が無いようになっているのです。

貸金業者でも銀行でもどちらでも
返済能力が認められればおまとめ融資が可能

おまとめはどちらかと言うと銀行が有名です。銀行はそもそも貸金業法による縛りを受けず、消費者金融よりも高い限度額と低い金利の貸し付け条件としている場合が多いため、おまとめや借り換えに向いているためです。

「おまとめローン=銀行」とのイメージが強いものですが、貸金業者にあたる消費者金融も、銀行ほどの条件ではないとしても、各サービスとも借り換えや一本化として貸し付けを行っています。

上にも挙げたように総量規制の対象外となるためで、各サービスのサイトを見ると、対応している場合には「貸金業法に基づく借り換え(おまとめ)ローン」などの記載、リンクが設置されているのが確認出来ます。ただし中にはおまとめ利用の際には来店が必須となるところもあるため、消費者金融で一本化を検討するなら、事前によく確認をしておく必要があるでしょう。

おまとめローン絡みの悪徳業者には注意

おまとめは多くの借金に困っている方にとっては、大変魅力的なものとなります。そのあたりは悪徳業者も把握をしているため、おまとめを「餌」としてお金を騙し取ったり、法外な金利での貸し付けを行うところもあります。

闇金融による違法な貸し付けがほとんどであり、共通する点として他では考えられないような好条件を提示し、「一度この条件で借りてくれれば」と言って、非常に高い法外な利息が付く条件で2万円や3万円の融資をします。

1週間や10日後に3万円や4万円で返してくれれば、実績が付いておまとめ融資が出来ると持ちかけてきますが、こういった類の話は間違いなく、100%おまとめ融資は実行されないので信じてはいません。絶対に提示された超低金利での一本化はあり得ないので、ただでさえ困っているお金を無駄にしないように注意をして下さい。

その他、似たような悪徳業者として「整理屋」などと呼ばれるものもあり、多重債務をまとめる代わりに保証金を支払ってくれと持ちかけてきます。これらも言われるがままに支払っても、おまとめ融資をしてはくれませんので、絶対に関わらないようにしましょう。

その他にも様々なタイプのおまとめに関する悪徳業者がありますが、共通するのは「一度でも支払ってしまうと長く付きまとってくる」点です。

少しでもお金が取れるとなれば悪徳業者もあの手この手で騙してお金を巻き上げようとしますので、口車に乗せられることのないよう、おまとめによる借り入れは信頼の出来る業者を利用するようにして下さい。

▼おまとめローン検討時に確認をしておきたい記事

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る