サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 賢く借りるために »
ATM利用手数料がいつでも無料のカードローンで借りる

無駄なATM利用手数料

今では消費者金融も銀行も、大手はもちろん、中堅どころであってもコンビニのATMでカードが使えるようになっています。身近に便利にカードが使える時代になりましたが、その代わりにコンビニATMを使った借り入れや返済は、多くの消費者金融で利用手数料がかかります。

銀行では自行のATMは当然ながら無料とするところもありますが、平日の時間外や週末の土日の場合には、利用手数料が発生する場合もあります。手数料は一回あたりは大した金額ではありませんが、借りて返してと往復で考えると、それなりに大きな金額となってしまいます。

手数料をかけずに利用をするのであれば、消費者金融で借りているなら、利用をしている消費者金融のATMを使うこととなります。ただ、設置場所は店舗や自動契約機の中となるため、入りづらい、近くに無いなどの理由で、仕方なくコンビニのATMで手数料をかけてしまう方も多いのです。

これでは無駄なコストばかりがかさんでしまいますので、カードローンにしてもキャッシングにしても、利用をするのであればATM手数料の面にも注目をしてみましょう。

ATM利用手数料が無料となるカードローン

ATM手数料をかけずに借りる

通常、消費者金融のほとんどはATM手数料が有料となります。一部ではプロミスのように三井住友銀行のATMのみ無料とするようなサービスもありますが、身近なコンビニのATMでカードを使う場合には、やはり手数料がかかります。

しかし、銀行で借りるカードローンについては、利用先によってはATM手数料がかからないものもあります。代表的なものがオリックス銀行カードローンで、全国のコンビニや銀行の提携ATMでのカード利用が、終日いつでも無料となっています。終日のため、平日の昼間はもちろん、夜間も土日祝日でも無料となり、無駄な手数料コストをかけずに利用が出来るのです。

手数料がかかってしまうと、勿体無いからと使うか分からないお金まで一気に借りてしまう方もいます。「使わなければ次の返済時に一緒に返せばいい」と考えるのですが、キャッシングは余計に借りてしまうと無駄遣いに繋がる可能性が高くなるため、結局は借りた分を全て使ってしまうケースも多いです。

その点でATM利用手数料が無料のオリックス銀行カードローンであれば、必要な分だけを必要なときに借りられますので、手数料を気にして無駄な借り入れを増やしてしまうこともありません。お金に余裕があるなら随時返済もでき、いちいち手数料を気にせずにいつでも余剰資金を返済に回せるため、最終的な利息の削減にも繋げられるのです。

第00位
★★★★★
オリックス銀行カードローン
全国に設置の提携ATMで、利用手数料が終日無料で使えるお得なカードローン
年利借入限度額審査時間収入証明
3.0%~17.8%最高800万円最短即日300万円まで不要
申し込みから契約まで来店不要で進められ、希望額が300万円までなら所得証明が不要の手続きも魅力です。利用条件も「安定した収入を得ている方」であり、年収に対する制限は設けられていないため、アルバイトやパートの方でも、月々の安定した所得を得ているのであれば審査が受けられます。気になる審査回答は最短即日の比較的素早い対応となり、おまとめローンや借り換えローンとしての利用も認められているため、幅広く目的に合わせて借りられるようになっています。

大きな負担となるATM利用手数料

一回あたりのコストがそこまで大きくないため、ATM利用手数料については軽視をしている方もいるのではないでしょうか。消費者金融の場合には大体はどこも同じような設定となっていますが、例えばアコムの場合には1万円以下の利用時には100円+消費税、1万円以上の利用時には200円+消費税が手数料としてかかります。

10万円や20万円のキャッシング利用であれば、最低返済額の入金で1万円を下回りますが、借り入れを行う際には1万円以下の少額を借りるといった状況は、決して多くはありません。仮に10万円を借りて返済を5,000円で進めた場合には、往復で合計300円+消費税がATM利用手数料としてかかる計算になります。

10万円の利用に対しての300円以上の負担を利息に換算すると、同じくアコムの上限金利である18.0%で考えれば、7日分の345円の利息に匹敵する数値となります。こう見ると手数料がいかに大きな負担かも分かりやすく、借りて返すだけで7日分の利息負担を強いられてしまうのは、無駄以外の何物でもありません。

もし借りるお金を更に少額の5万円とすれば、同じく往復で300円の手数料負担は13日分の利息320円に相当します。およそ2週間近くの利息と同等の手数料が取られていると考えると、いかにATM手数料が無駄となっているかが分かるでしょう。

消費者金融の多くは、インターネットを使う利用であれば手数料は無料としています。コンビニATMのようにさっと借りられるわけではありませんが、手数料負担を削減するなら考えておきましょう。

返済金から差し引かれる手数料
無駄な手数料

ATMの利用手数料は、返済時の入金額から差し引かれます。手数料がかからない利用方法なら、例えば1万円の入金に対して利息が1,000円だとすれば、元金分は9,000円の返済が出来る計算となります。しかし、手数料がかかる場合だと、入金額から利息と手数料が差し引かれ、残った金額が元金分への返済に回されます。

消費者金融も銀行も共通ですが、キャッシングの利息計算は借りている金額、つまり借り入れ残高によって算出されます。借り入れ元金が大きいほどに利息が大きくなり、返済を進めて元金を減らしていくと、利息が小さくなります。

より負担の少ない返済をするためには、元金をいかに減らすかが重要となります。しかし、ATM利用手数料がかかってしまう入金の仕方では、僅かではありますが元金分に充当される部分が減ってしまうため、翌月以降の利息負担もほんの僅かながら負担が増えるのです。

金利が高いとされる消費者金融の場合は特に、返済はとにかく効率的に元金を減らすのがポイントとなります。無駄のない支払い計画のためにもATM利用手数料には気を配っておくべきなのです。

様々なサービスに注目してみる

上記のオリックス銀行カードローンは、全国の提携ATMでの利用手数料がいつでも無料と、言ってみれば特殊なサービスを提供しています。他の銀行でもここまでのサービスはあまり見られず、もちろん消費者金融一覧で見ても、行っているところは見当たりません。

一度借りて一括で返して終わりといった使い方であれば手数料はそこまで気になりませんが、カードローンキャッシングの特性である「繰り返しの利用」を考えている場合には、やはり手数料は重要な要素となります。

審査時間や借りるまでのスピードばかりに着目するのではなく、契約後の利用についてもしっかりと考えておくと、より良い借り入れに繋がることでしょう。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る