サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 注目の人気キャッシング »
モビットのキャッシング申し込みに用意された方法

モビットはWeb完結やアプリ以外でも申し込める

消費者金融大手の有名業者であるモビットに申し込む際に、最近ではスマートフォンのアプリが注目を集めています。アプリを使えば、手軽に申し込むことが可能ですが、中にはアプリなんか使えないという人もいます。対応をしていない端末であったり、そもそもスマートフォンをお持ちでなければモビットのアプリは使えません。

アプリは便利で素早いのですが、だからと言ってアプリ以外からの申し込みが用意されていないわけではありません。もちろん、スマートフォンのアプリ以外にも、モビットのキャッシングに申し込む方法はたくさんあります。

全国各地に設置されているモビットのローン申込機

素早くカードが受け取れるローン申込機

モビットでは、無人契約機や自動契約機のことを「ローン申込機」といいます。分かりやすく簡単に言えば「むじんくん」のようなものです。とは言っても、「むじんくん」はアコムが商標登録をしているので、他社の自動契約機は「むじんくん」ではありません。

本題に戻しますと、自動契約機は多くの大手消費者金融で導入されている申し込み方法であり、もちろんモビットでもしっかりと導入しています。申し込み方法は他の消費者金融と似たようなものです。

まず、モビットのローン申込機に入って、タッチパネルでキャッシングの申し込みをします。モビットの場合、ローン申込機での申し込みなら最短即日でカードが発行されます。

手続きを進めると、モビットから必要書類の提出をお願いする連絡が来ますので、必要書類のコピー(指定が無い限りは原本は入れないようにしてください)を提出します。書類に不備や間違いが無ければ、契約完了となりカードが利用出来るようになります。

◆ローン申込機のメリットとデメリット

▼ローン申込機のメリットは、その場でカードを受け取れる点です。申込機で申し込みをして、最短即日でその日のうちにカードが受け取れてしまうのです。これは他の申込方法にはないスピーディーさです。もっとも、受け取ったカードで実際にキャッシングできるのは、審査や各種確認が終わってからです。

▼デメリットとしては、モビットのローン申込機まで足を運ばなければならない点です。近くにローン申込機がない人はもちろん、周りの目が気になったり夜遅かったり、または体調が悪かったりすると、なかなか足を運ぶことはできません。

多くの場所では建物の影などにひっそりと設置されているのですが、場所によっては人の行き交う道沿いに設置されているところもあるため、入りにくい雰囲気があるのも事実です。

確実である代わりに時間と手間のかかる郵便手続き

次は、郵便で申し込みをする方法です。もっとも確実な方法と言ってもいいでしょう。やはり契約ごとはしっかりと書面で行いたい、そんな方たち向けの申し込み方法と言えます。

まずは、入会申込書を受け取らなければなりません。入会申込書は、モビットのフリーダイヤルに電話連絡をするか、ローン申込機三井住友銀行で受け取る方法があります。ちなみに、三井住友銀行ではモビットの申し込み手続きを行っていませんので、銀行の窓口で「モビットから借りたい」と言っても、どうにもなりません。

郵便での手続きの流れとしては、入会申込書に必要事項を記入して、本人を確認するための書類、必要となる収入を証明する書類を同封した上で、モビットに送ります。モビットに書類が届くと審査が行われ、審査結果が知らされます。審査に無事に通れば、あとはモビットカードが送られて来るのを待つばかりです。そこまで待てない方、1日でも早く借りたい方は、お近くのローン申込機でカードを受け取ることも可能です。

◆郵便申し込みのメリット

モビットへの郵便での手続きの最大のメリットは、確実に事を進められる点に尽きます。契約ごとは、しっかりと書類に目を通した上で自筆で記入をしたいと考える方は多いです。そうすることによって、大事なお金の貸し借りであるキャッシング契約についての一つ一つの手続きを、しっかりと確認出来るのです。

◆郵便申し込みのデメリット

郵便でモビットに申し込みをするデメリットは、何と言ってもとにかく時間がかかることでしょう。入会申込書を投函してからモビットに届くまで、モビットからカードが送られてから自宅に届くまで、それぞれ2日から3日は見なければなりません。つまり、申込から実際の融資までは、1週間程度は最低でも期間がかかります。

郵便でのモビットへの申し込みは確実性に優れるのですが、時間や手間がかかる点が大きなデメリットです。一応、審査通過後のカードの受け取りに関しては、ローン申込機を使うことで時間短縮は可能ですが、それでも申し込みと書類の郵送、受け取りで日数がかかる部分については、どうにもなりません。

電話での申し込みならその場で手続きが進められる

電話ならガラケーでもOK

モビットでは、電話でキャッシングの申し込みも出来るようになっています。

この場合、まずはフリーダイヤルに電話をします。口頭で入会に必要な事項をオペレーターの方に伝えて、その後に審査の時間があります。審査が完了すると電話があり、審査結果が知らされます。

審査に無事に通ると、カードの受け取り方法を聞かれます。郵送にするか、それともローン申込機で受け取るか、です。それぞれの利点や欠点は前途の通りでもあり、様々な事情によってローン申込機まで行けない、行きたくないなら郵送で、素早さを求めるならローン申込機での受け取りとなるでしょうか。

カードを受け取ったら、今度は必要書類と入会申込書の送付を行います。これで手続きは完了です。

電話による申し込みのメリットは、誰でも手軽に申し込むことが出来る点です。機械が苦手な人や、細かい書類の字を見るのが苦手なお年寄りなどは、電話での申し込みが重宝されます。また、手続きを進める上でわからないことがあれば、その場ですぐにオペレーターの方に質問が出来るのも、大きなメリットと言えるでしょう。

一方でデメリットとしては、受付時間が限られている点です。9時から21時までの受け付けですので、それ以外の時間では申し込めません。また、電話口では目で見て確認できないのも、デメリットでしょう。

インターネットや郵送での申し込みであれば、気になる部分は目で見て確認できるのですが、電話だとそれが出来ず、自分が申し込んだ内容がわかりにくいのです。

Webを使った来店不要のモビットキャッシング

最後に、現在のメインとも言えるインターネットを使った申し込み方法を見ていきます。

インターネットにつながる環境があれば、パソコンでもスマートフォンでも、ガラケーでも構いません。ただしここでは、若干ながら手順の変わってくるガラケーからの手続きと、スマートフォンのアプリは除いて考えます。

パソコンとスマートフォンの場合には、まずはモビットのサイトにアクセスをし、「通常のカード申込」「Web完結申込」のどちらかを選択します。どちらの申し込み方法にしても、申し込み事項を入力すると、審査が行われます。通常のカード申込の場合にはメールもしくは電話で、Web完結申込の場合にはメールで審査結果が知らされます。

モビットで用意されるネットからの二通りの申し込み方法は、必要な条件や書類、手続きの流れが大きく変わります。両者の違いは様々な面にありますので、Web完結についての詳細な情報についてはこちらからご確認下さい。

通常のカード申込の場合、ここからカードと書類が送付されます。カードを受け取ったら指定の必要書類の返送を行って、契約まで完了となります。一方、Web完結申込の場合には、パソコンで入会手続きを行い、入会完了メールが届けばすぐに使えます。Web完結が「ノンストップ」とされているのは、郵送の手間や時間のロスが無いため、素早く利用出来るためです。

便利なネット申し込みのメリットとデメリット

どちらの手順としても、ネットを使った申し込みのメリットは、いつでもどこからでも手続きが出来ることです。24時間受け付けており、インターネットがつながるところならどこからでも申し込めてしまうのです。また、必要条件や書類があれば、Web完結でスピーディーな借り入れの選択も出来るようになっています。

一方でデメリットとしては、気軽に申し込めてしまうため、借り過ぎの危険性が高まる点を忘れてはなりません。ただ、借り過ぎのデメリットについては、モビットのシステム云々というよりも、あくまで利用者の意識や借り方次第でもあります。

モビットには様々な申し込み方法があります。自分にあった申し込み方法を選んで、賢いマネーライフを過ごしてください。賢く使えば、キャッシングは大変便利で暮らしに役立つものとなってくれることでしょう。

トップへ戻る