サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 注目の人気キャッシング »
モビットのWeb完結なら電話連絡も郵送物も無い

モビットならではの「Web完結」って何?

最近では、多くの貸金業者でオンライン化が進んでいます。手続きなどをオンライン化にすることによって、利用者にとっては手続きが極めて迅速になり、実際の融資までの時間が短くなるメリットがあります。

一方で貸金業者にとっても、煩雑な事務手続きが簡略化されるメリットがあります。もちろん手続きだけでなく、店舗を設けなくて良いのは家賃や人件費の削減にもなり、取り巻く環境が何かと厳しい消費者金融業界にとっては、非常に大きなメリットとなるのです。

そんなメリットの多いオンラインでの手続きは、数ある貸金業者の中でも、最も進んだシステムを持っていると言われているのが三井住友銀行グループのモビットです。

モビットの審査時間や利用条件の概要
審査時間 10秒簡易審査
対応時間 9時~21時(オペレーター対応)
利用条件 20歳以上69歳以下で安定した収入がある方
融資時間 最短即日融資振り込みも可能

即日振り込み融資は平日14:50までの振り込み手続き完了が条件となります。審査結果によってはご希望に沿えない場合もございます。

モビットの「Web完結」には電話連絡がない

電話連絡無しのWeb完結

モビットのオンライン手続きの結晶といえば、「Web完結」です。これまでも多くの貸金業者では、パソコンやスマートフォンを使ったインターネットによる申し込みを行っていますので、一見しただけではWeb完結のメリットが分かりにくいものです。

しかし、他の貸金業者のインターネット申し込みとモビットのWeb完結には、似ているようで実は非常に大きな違いがあります。

まずは、在籍確認が電話ではなく書類で行う点です。在籍確認とは、申し込み時に申告した勤務先に実際に勤務しているかどうか、貸金業者のスタッフが実際に連絡をして確認するものです。勤務実態を明らかにする上では必要なことで、いくら担当者の個人名での電話連絡になるとは言え、利用者にとって精神的な負担になるのは、いまさら言うまでもありません。

しかしモビットのWeb完結では、電話による連絡を行うことはありません。通常のWeb申し込みよりも多いいくつかの書類の提出によって、在籍確認を電話ではなく書類で済ませるためです。

基本的にモビットからのお知らせは全てメールで行われます。審査結果などもメールで行われ、審査の際に確認が必要なときのみ、オペレーターの個人名で電話がなされます。

その際にも、仮に何らかの事情で携帯電話宛の連絡に他人が出てしまったとしても、本人の確認が取れるまではモビットの名前が出てくることはありませんので、安心です。

人気
★★★★★
モビット
「Web完結」なら電話連絡が無いキャッシングで、安心利用の人気消費者金融
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円10秒簡易審査最短即日
お金を借りたいけど、会社への電話連絡が入るとまずい、困ると考える方は少なくありません。そんな方々の希望に応えてくれるのがモビットのWeb完結で、必要条件と書類を揃えて審査を受ければ、契約前の電話による連絡が行われません。また、モビットは平日14:50までの振り込み手続き完了で最短即日融資にも対応しているため、急ぎの借り入れにも人気の大手消費者金融です。
※審査結果によっては、ご希望に沿えない場合もございます。

モビットの「Web完結」には郵送物がない

郵送物も届かないので安心です

モビットのWeb完結には、郵送物がありません。今では、多くの大手貸金業者でも極力郵送物を減らす努力をしています。利用者の個人情報保護の観点はもちろん、郵送による経費の削減とする側面もあるからです。

基本的にはどの消費者金融であっても、申し込みをインターネットで行えば契約書類やカードが後日に郵送されてしまい、利用明細についてはWeb交付を利用すれば郵送の拒否は出来ますが、契約時にはどうしても郵送物を避けられないのです。

この点でモビットのWeb完結では更に進めて、全ての手続きにおいて郵送物が無くなるようにしました。利用者側も本人確認書類も郵送する必要がありません。

モビット側としても、審査が終わって契約をする際にも、契約書類の郵送を行いません。また、カードはWeb契約については「カードレス」のキャッシングとなるため、同じくカードの郵送もないのです。

モビットの「Web完結」は全てインターネット上で

上にも書いたように、モビットのWeb完結ではカードが発行されません。一般的なプロミスをはじめとする消費者金融であれば、自社の店舗やATM、提携しているATMなどでカードを使ってお金を借りたり返済したりできるようになっています。しかし、カードが発行されないモビットのWeb完結の場合、ATMを使ってお金を借りたり返済したりが出来ないようになっています。

一見すると不便なようですが、そんなことはありません。お金を借りるのも返済するのも、全てはオンラインで手続きを行うことが出来ます。利用時に登録した口座に入金され、返済の時には口座振替となっており、オンラインですのですぐに手続きが完了します。

他社の場合は口座引き落としでの返済をすると、利用明細が後日に送られてくる場合が多いですが、モビットのWeb完結契約をしているのであれば、利用明細の郵送は一切ありません。

どのようにWeb完結を利用すればいいのか

Web完結の簡単な申し込みの流れ

では、どうやってWeb完結で申し込みすれば良いのでしょうか。簡単にWeb完結の手続きの流れについてご紹介いたします。

まずは、モビットのホームページにアクセスをしましょう。モビットカードの申し込みにアクセスをすると「Web完結」の項目があります。「Web完結申込画面」のボタンを押して手続きをします。

申し込み画面に移動したら、最初に行うのは必要事項の入力です。名前や生年月日、性別やメールアドレス、携帯電話番号といった基本情報を入力し、次に自宅情報、そして勤務先情報を入力します。最後に希望金額などの情報を入力したら、確認画面が出てきます。確認をしたら申し込みボタンを押しましょう。

手続きが完了すると、審査の結果が表示されます。結果が融資可能であれば追加情報の入力を行い、入力が完了したら、同じく内容確認を行います。

追加情報とは本来は審査前に入力すべき項目であり、他社では審査を受ける前に仮に1~10までの項目を入力させるとすれば、モビットでは審査前にまずは1~5まで、仮審査通過後に残りの6~10までの入力をするようになっています。

確認が出来るとユーザーIDが発行され、その次に必要書類の提出を行います。必要書類はもちろん郵送やFAXの必要は無く、指示通りにオンライン上でアップロードを行えば、とりあえず申し込みは完了です。

そのあとは本審査が行われ、審査の結果はメールで知らされます。審査に通過したのであれば、入会手続きです。画面の案内に従って入力していけば良いだけで、特に難しいことはありません。これらの手続きは全てインターネットで行えるようになっています。

これらの手続きが全て完了すれば、モビットのキャッシングを利用出来るようになります。

モビットWeb完結の条件と必要な書類は

Web完結とは言っても、入会条件が通常と異なるわけではありません。当然ながら毎月の安定した収入は必要ですし、他社の借り入れが多すぎても利用は出来ません。ただし、Web完結ならではの条件として、三井住友銀行三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていなければなりません。

その他、本人確認書類やその他の書類も当然、準備しなければなりません。本人確認書類として有効なのは運転免許証とパスポートのみで、健康保険証は使えません。

また、モビットでは借り入れ金額問わずに現在の収入を証明する書類が必要となりますので、源泉徴収票や税額通知書、所得証明書に確定申告書に給与所得が必要です。勤務先を証明する場合には、健康保険証や給与明細が必要となりますので、ご注意下さい。

通常のWeb申し込みと比べると必要な条件や書類が増えるのがWeb完結のデメリットですが、電話連絡無し、書類の郵送も無しとするメリットを考えれば、多少は面倒なデメリットも相殺どころか、カバーするほどの魅力はあると言えるでしょう。

インターネットで気軽に利用出来る分だけ注意する

モビットのWeb完結は、インターネット回線さえあれば、パソコンはもちろんのこと、スマートフォンやタブレット端末からでも申し込みが出来るようになっています。気軽に手軽に、電話や郵送物も無いので周りに知られにくいキャッシングが大きな利点ではあるのですが、その分、無計画に使ってしまう危険性も含んでいます。

電話が無かろうが郵送物が無かろうが、借金であるモビットのWeb完結は、利用をすればしっかりと返済をしなければなりません。借りたお金に対する返済をしっかりと考え、計画的に程よく使っていくようにしましょう。

トップへ戻る