サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » キャッシング情報 »
キャッシングの在籍確認電話が不安な場合の対処法

キャッシング審査では必ず必要となる在籍確認

どこでお金を借りるとしても、在籍確認については必ず行われます。消費者金融や銀行のカードローンはもちろん、クレジットカードにキャッシング枠を付ける場合であっても在籍確認が行われるようになっています。

そもそも在籍確認とは、申し込み時に入力した勤務先や自宅の電話番号や住所が間違っていないか、職場に在籍をしているかを確認するものとなります。既に退職しているのに昔の勤務先を入力して申し込みを行う方も稀にいるため、各サービスともしっかりと確認をするようにしています。

また、現在では在籍確認を行わずにお金を貸してしまうようなことをしてしまうと、何かと厳しい規制の中で業務をしている貸金業者にとっては何らかの罰が与えられる場合もあるため、貸す側からしてみればわざわざリスクを抱えてまで在籍確認をせずにお金を貸すようなことはしません。

仮に「在籍確認無しでお金を貸します」とするところがあるとすれば、それは正規の金融業者ではない無登録の言わば「闇金融」である可能性が非常に高いでしょう。

在籍確認の電話は個人名で連絡が来る簡単なもの

個人名での電話となる在籍確認

在籍確認という言葉自体が何か嫌なイメージがあり、電話がかかってきてその場であれこれ聞かれるような気がしてしまいます。例えば電話口で勤めて何年経つか、給料はいくらか、融資希望額はいくらかなどを聞かれるのではないかと感じている方もいますが、実際にはそのようなイメージも事実もありません

電話は金融会社の担当者の個人名となり、本人宛にかかってきます。電話を繋いでもらえばそこで初めて業者名やサービス名を明かされ、確認が取れましたとの話で電話を切ります。仮に席を外していたり休みだったりとしても、それは在籍をしている事実が確認出来るので問題なくクリアとなります。

会社によっては確認が取れない場合もある

上記のように本人に繋いでもらう、もしくは席を外しているなどで確認が取れれば良いのですが、在籍確認で最も困るパターンは以下のようになり、これでは確認が取れないために審査が完了しません

金融会社:「○○(担当者の個人名)と申しますが、△△(申し込み者)様はいらっしゃいますか?」
勤務先:「どのようなご用件でしょうか?」
金融会社:「△△様にお伝えしたいことがあるのですが。」
勤務先:「ご用件を仰っていただければ、お伝えいたします。」
金融会社:「直接お伝えしたい内容なのですが。」
勤務先:「ご用件を仰っていただけないと、承ることが出来ません。」

分かりやすく書いた一例ですが、簡単に言えば会社によっては個人宛の電話は繋いでくれない、一切答えてくれない場合があり、在籍しているかどうかも当然ながら答えられないケースがあります。

電話に出た方は何らかの在籍確認の電話だとは分かっているとしても、勝手な個人の判断では答えることが出来ないため、金融会社としては確認が取れなくなってしまうのです。

スムーズに在籍確認を終えるためのポイント

上記のように確認が取れないと手続きが進まず、信用情報などを含めた仮審査に通っているとしても、本人確認の一部である在籍確認が完了しないため、いつまで経ってもお金が借りられません。仮審査に通っているならなるべくスムーズに借りたいものですので、在籍確認が不安な方は次の対処法を考えておくと良いでしょう。

1)電話が入る前に会社に「カード会社から確認の電話が来る」と伝える
2)電話以外での在籍確認が可能な業者や手続きで契約を進める

在籍確認の方法

まず前者は最も手軽な方法であり、予め確認の電話が来ることを伝えておけばある程度は対応可能となります。ほとんどの消費者金融で在籍確認の電話を入れる前に本人確認のために申し込み者のもとへ電話が入るため、会社の都合上で普通に電話をしたのでは確認が取れないことを伝えましょう。

個人名での電話となるので誰の名前で連絡が来るのかを確認し、予め会社に「○○さんという方から電話が来たら対応をお願いします。」とでも伝えておけば良いのです。

続いて後者の「電話以外での在籍確認」については特殊であり、消費者金融の中には電話ではない書類による在籍確認を可能としているサービスもあります。しかし、その代わりに通常のキャッシング契約よりも必要書類が増えますので、用意が可能であるかは事前に調べておく必要があるでしょう。

電話以外での在籍確認の注意点

書類による在籍確認は、対応するサービスが非常に少ないです。大体の消費者金融では電話による確認のみとなっているため、どうしても電話が困る方は、申し込み先選びの幅が極端に狭まってしまいます。

当然ながら指定の必要書類が揃えられないと契約が出来ませんので、必要な書類や条件についてもしっかりと見ておかなければならないのです。

在籍確認を書類でも可能としてくれる消費者金融

書類による在籍確認

会社への電話無しで借りる場合には、有名どころではモビットのWeb完結とイレギュラーとなりますがプロミスがあります。

モビットのWeb完結ではいくつかの必要書類を揃えることで、会社はもちろん、自宅にも本人にも電話の無いキャッシングが可能となります。また、もう一つの特徴としてカードレスのキャッシングともなるため、カードをなくしてしまう心配も、誰かに見られてしまう心配もいりません。

もう一方のプロミスは、通常であれば電話での確認となりますが、どうしても電話が困る方には別の手続きで確認をしてくれる場合があります。必要書類としてはモビットのWeb完結としたものが多く、社会保険証や社員証などの指定された書類をいくつか提出をすると、会社への電話は不要で契約が出来る可能性があります。

ただ、プロミスの場合には確実に電話不要で借りられるわけではなく、申し込みの状況や審査の結果によっては、希望に沿えない場合もあります。分からない点、不安な点は、コールセンターに問い合わせて確認をしてみましょう。

書類が増える面倒と電話無しのメリットを天秤にかける

どちらの場合も、通常のキャッシング契約とは必要書類が変わるので多少は面倒になってしまいますが、それでも審査や契約の際に会社への電話無しで借りられるのは大きなメリットでもあります。お金は借りたいけど電話をされると困る方は、一度モビットのWeb完結プロミスのキャッシングを検討してみると良いでしょう。

契約後のキャッシングにおいても、返済をずっとせずに本人にも連絡が取れないなどの、何らかのトラブルさえなければ会社に電話が来ることもありませんので、契約時の確認電話をやり過ごせば、後はしっかりと契約内容を守って普通に使う分には、会社にもばれることは滅多に無いでしょう。

プロミスの場合は相談を忘れずに

モビットのWeb完結なら電話無しで郵便物無しのサービスとなりますが、プロミスの場合には忘れずに相談をしておかないと電話がされてしまいます。申し込み後の確認時などに伝えておくことで以後の手続きの流れを教えてくれますので、必要書類等も詳しく聞き、提出をするようにして下さい。

注目のカードローンキャッシング情報
トップへ戻る