サイトメニュー

安心の銀行カードローン

地方銀行のカードローン
銀行カードローンで比較
銀行カードローン情報
記事一覧
キャッシング経験者の声
This and that
消費者金融審査トップページ » 目的ローンを探す »
マイカーローンの金利で比較をしていますか?

マイカーローンを組むなら比較は必ずしておきたい

自動車はそれなりに高額の買い物となりますので、一括での支払いよりもローンを組む方が多いです。自動車ローンなら消費者金融のキャッシングのような後ろめたさもありませんし、金利も低く設定されていて安心、と考えている方が多いためです。

しかし、果たしてそのローンは本当に低金利なのでしょうか?自動車を買う際のマイカーローン、自動車ローンは、車を買う際のディーラーに言われるがままにローン商品の内容をよく確認せず、「月々の返済は○○円ですから、大丈夫です」の言葉に乗せられてローンを組んでいないでしょうか?

知らない方も多いのですが、じつはディーラーローンは金利が高いです。さすがに消費者金融ほどとは言いませんが、新車で購入したとしても、金利は7%前後で設定されるケースは決して珍しくはありません。車種や車体価格によっては更に高い金利となる場合もあり、言われるがままにローンを組むと、利息で車のオプション何個分もをしてしまいます。

普段は買い物をする際に価格の比較をしっかりとする方でも、なぜか自動車購入時のマイカーローンについては比較をしないことが多いです。それは、今後数年間の支払いにおいて利息で大きな無駄金を払う結果となってしまいますので、ローンを組む前にはよく比較をする必要があります。

また、既にディーラーローンを組んでしまった方も、借り換えが有効となるケースもありますので、あわせて確認をしておきましょう。

マイカーローンはとにかく金利が重要

マイカーローンは金利で比較

車は車種やオプションにもよりますが、1台で数百万円となる買い物です。金額が大きいだけに、ローンを組む際には金利が1%違うだけで、最終的な利息負担は大きく変わってきます。そのため、マイカーローンは本来、金利をしっかりと比較すべきなのです。

はっきり言ってマイカーローンは信用の出来るところで借りるのであれば、金利面以外には大した違いはありません。フリーローンとは違い、目的ローンの場合には貸し付け金額も大きくなるため、各サービスとも金利で競い合っているところを見ても、金利面が最も重要だとわかります。

しかし、利用者が多いとされるディーラーローンの場合には、先にも書いたように金利が高いです。実際に適用される金利は車種、金額、交渉によるので何とも言えませんが、低くてもせいぜい5%程度でしょう。

ローンを組む前に他と比べてどれぐらいに高いのかを見てみようとしても、各ディーラーローンとも金利は非公開としているところがほとんどですので、比較が出来ません。仮に金利に自信があるなら公表すれば良いはずですし、いくら金利はローンを使う人によって変わるとは言っても、消費者金融や銀行のカードローンのように下限と上限は公開しても良いのではないでしょうか。

金利で比較をしてみるマイカーローン

マイカーローンはディーラーで組むよりも、外部の金融機関の方が金利が大幅に安くなる場合があります。例えば銀行の中でも目的ローンとして強い力や人気がある、住信SBIネット銀行が提供する目的ローンの中のマイカーローンでは、金利は年1.775%~3.975%(変動金利)です。

対してディーラーで車両本体120万円程度の軽自動車を購入した場合には、ローン金利は7%程度となる場合があります。

利用先 金利 利用額 使い道
住信SBIネット銀行
マイカーローン
年1.775%~
3.975%(変動)
10万円~
1,000万円
購入・借換・修理
免許代・車検等
静岡銀行
マイカーローン
年2.4%~
3.4%(変動)
100万円~
1,000万円
購入・借換・修理
免許代・車検等
ディーラー
マイカーローン
安くても
5%前後が多い
購入代金 主に
購入のみ
アコム 4.7%~
18.0%
1万円~
500万円
生計費に
限り自由

マイカーローンが低金利で人気の住信SBIネット銀行と地銀大手の静岡銀行マイカーローン、ディーラーで組めるローン、それと参考までに消費者金融のアコムを比べてみると分かる通り、ディーラーローンも、もちろん消費者金融も特に優れた点はありません。

金利にしても用途にしても目立った部分はなく、あるとすれば多少は信用情報が弱い方でも、ディーラーローンなら組める可能性があるといった点でしょうか。

しかし、ディーラーのローンで審査が通る方は、見積もりを持って他の金融機関のローン審査を受けても通る場合もあるため、これだけ低金利のマイカーローンが出てきている中では、ディーラーでの低くない金利でのローンは、メリットが薄くなっています。

用途も幅広い住信SBIネット銀行
免許代にも使える

ディーラーローンでは、オプション等を含むとしても自動車の購入代金ぐらいにしかローンが使えませんが、住信SBIマイカーローンであれば購入時の各種費用はもちろん、購入後で既に自動車やバイクをお持ちの方でも、他のローンからの借り換え付属機器の購入車検や修理の費用としてもローンが使えます。

また、運転免許の取得費用にも使えるようになっており、やはり比べてみると金利の低さが際立つスペックとなっています。

利用先 金利 返済 学生
住信SBIネット銀行
マイカーローン
年1.775%~
3.975%(変動)
1年~10年 不可
エポスカード
マイカーローン
実質年率
13.2%
1~36ヶ月 可能
同意が必要
自動車教習所
ローン
実質年率
14%程度
最長60ヶ月
程度
可能
同意が必要

自動車免許のローンは、多くの場合で信販会社が提供するクレジット契約を結ぶようになるため、教習所で申し込んでも金利は高いままです。エポスカードにしても所詮はクレジットカードですので、学生が親権者の同意を取れれば使える点を除けば、金利面でも返済期間でも、優れている点は特にはありません。

免許取得費用としても使える住信SBIネット銀行のマイカーローンは、金利面で見比べると特に目立つ商品であると分かります。

住信SBIマイカーローンの注意点

低金利で用途もマイカーローンとしても広く設定されており、魅力のある住信SBIマイカーローンですが、利用の際には当然ながら審査がありますし、使い方によっては断られてしまうケースもあります。

主な利用できないケースとしては、購入や支払い代金を直接振り込みが出来ない場合です。自動車を購入する際にはディーラーにお金を振り込みますので、住信SBIマイカーローンは問題なく使えます。しかし、自分で一度お金を受け取ってから払いに行く形は不可であり、住信SBIネット銀行側が直接振り込みをする契約に限られます。

直接の振り込みなら既に購入をしてローンを組んでいる方でも、借り換えとしても使えます。ディーラーで高い金利でローンを組んでしまっている方は、借り換えでローン残高を全額振り込んでもらい、以後の返済は低金利の住信SBIのマイカーローンへ行えば良いのです。

ただ、直接の振り込みであるとしても、個人間の売買や営業用の自動車購入には使えません。その他、細かな点については公式サイト上でご確認下さい。

申し込み前に知っておきたいこと

金利面や用途で比較をすれば、優れたローン商品であると分かる住信SBIネット銀行のマイカーローンは、ネットと郵送だけの来店不要手続きが可能です。申し込みのために、契約のためにどこかに行く必要は無く、来店をせずに自宅で手続きが完了してしまうのです。

繰上げ返済も1円から行えるので、お金に余裕があればどんどんと返済も出来ますし、ローン利用金額が100万円までなら所得証明の提出も不要となります。

さらに、仮審査の申し込みなら車を選ぶ前でも行えますので、一先ず仮審査だけしておき、ローンのイメージを持って自動車購入の検討が出来ます。購入前にローンの計画が出来ていれば、無理のない買い物も出来ますし、支払い金額とのバランスによってはオプションも一つや二つ、多く付ける余裕が出来るかもしれません。

仮審査結果も原則2営業日以内にメールで届きますので、まずは仮審査を受けてみて、自動車の購入やその他の諸経費にかかる費用の算出、計画を立ててみると良いでしょう。

トップへ戻る